オーガニックワインのおすすめ銘柄10選|人気ワインをまとめて紹介

日本でもメジャーになってきたオーガニックワイン。健康や美容に気を遣う人だけでなく、美味しいワインを飲みたい人からも注目を集めています。

しかしオーガニックワインは種類が豊富で、どれを選んでいいのか分からないという人もいるでしょう。

そこで今回は、オーガニックワインの選び方やおすすめ銘柄を紹介します。

美味しいオーガニックワインを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オーガニックワインとは

オーガニックワインとは、農薬や化学肥料、除草剤などを使用しないぶどうから作られるワインです。製造時も保存料や香料を使用せず、余計なものは一切入っていません。

また作り手によって、動物のフンを肥料に活用したり、ハーブを殺虫剤として活用したりと、個性あふれる栽培方法が実践されています。

オーガニックワインは、ぶどう本来の味や香りが楽しめます。余計な添加物も入っていないため、料理用のワインにもおすすめです。

オーガニックワインの選び方

オーガニックワインの選び方を紹介します。

産地で選ぶ

オーガニックワインは産地によって、味わいや香りが異なります。

そこで代表的な産地の特徴をまとめてみました。

フランス産

フランス産は、コク深く余韻が長いのが特徴です。人によってはクセが強いと感じてしまいますが、オーガニックワインの醍醐味を存分に味わいたい人には最適です。

イタリア産

イタリア産は、まろやかな口当たりとさっぱりとした飲み口が特徴です。フレッシュな果実味があり、ワイン初心者でも飲みやすい印象があります。

チリ産

チリ産は、果実味があり力強い飲み口が特徴です。フルーティーで味も濃く、しっかりとしたワインを飲みたい人におすすめです。

ぶどうの栽培方法で選ぶ

オーガニックワイン用のぶどうは、栽培方法によって農薬の使用量や添加物の種類が異なります。安全性を知る上でも、ぶどうの栽培方法もチェックしておきましょう。

ビオロジック農法

化学肥料や農薬、除草剤の使用や、遺伝子操作や放射線処理を行わない農法です。

ビオディナミ農法

化学肥料や農薬、除草剤を使用せず、動物やフンを肥料にしたり、ハーブを殺虫剤にしたりしています。

また天体の動きを栽培に反映させ、星の位置を確認しながら栽培するのも特徴です。

リュット・レゾネ

化学肥料や農薬、除草剤をできる限り使わない農法です。ビオロジック農法やビオディナミ農法よりは、規制が緩い農法ですが、一般的なワインよりはオーガニック寄りとなっています。

オーガニックワインのおすすめ銘柄

それではオーガニックワインのおすすめ銘柄を紹介します。

ビオ マニア オーガニック チリ カベルネ・ソーヴィニヨン

ビオ マニア オーガニック チリ カベルネ・ソーヴィニヨンは、サッポロビールのワイン開発チームが手掛ける赤ワインです。

スイスの有機認定機関の認証を受けた、チリのカベルネ・ソーヴィニヨンのワインを仕入れ、低温管理システム「クールドワイナリー」で熟成。出荷まで徹底管理されます。

カシスやチェリーのような香りと、心地よい酸味とタンニンが楽しめる赤ワインです。

ジェイコブス・クリーク オーガニック シラーズ・カベルネ

オーガニック シラーズ・カベルネは、オーストラリアNo. 1ワインブランド、ジェイコブス・クリークが手掛ける赤ワインです。

EUのオーガニック基準を満たし、オーストラリアの認証機関である、ACO(Australian Certified Organic)にも認定されています。

チェリーやベリーを思わせる香りと、白胡椒やトーストのようなニュアンスが楽しめる赤ワインです。

コノスル オーガニック カベルネ/カルメネール/シラー

オーガニック カベルネ/カルメネール/シラーは、オーガニックワイン業界を牽引するコルノスが手掛ける赤ワインです。

自然な農法を取り入れ、草花やガチョウ、昆虫などを導入し、ぶどう畑を管理。BCSエコ認定された有機ぶどうを使用し、オーク樽で6ヶ月、ステンレスタンクで2ヶ月熟成させます。

ラズベリーやイチゴのような果実味と、バニラのようなニュアンス、土壌から由来するミネラル感が感じられる赤ワインです。

タヴェルネッロ オルガニコ テッレ シチリアーネ ロッソ

タヴェルネッロ オルガニコ テッレ シチリアーネ ロッソは、イタリアを代表するメーカー、カヴィロ社が手掛ける赤ワイン。

シチリア島で有機栽培されたぶどうを使用し、独自の技術で丁寧に仕上げられています。

濃厚な果実味とスミレを思わせる香り、黒胡椒のようなニュアンスが感じられる赤ワインです。

フォルタン ガイア オーガニック

フォルタン ガイア オーガニックは、フランスのフォルタン社が手掛ける赤ワインです。

フォルタンは、フランス初の品種名ワインを世に出した会社として知られています。

この赤ワインは、ミシュラン二つ星を獲得したジャン・リュック・ラバネル氏監修のもと、野菜に合うように設計。自然と調和したような優しい果実味と、ほのかに香るスパイス感が楽しめる赤ワインです。

ラ・アグリコーラ ヴィダ・オーガニカ・シャルドネ

ラ・アグリコーラ ヴィダ・オーガニカ・シャルドネは、アルゼンチンの有名ワイナリー、ファミリア・ズッカルディが手掛ける白ワインです。

ファミリア・ズッカルディでは、全てのぶどう畑を100%オーガニック化に向けて準備を進めています。ミミズや牛のフンの他に、自家製肥料を使用し、化学肥料に頼らないぶどう栽培が自慢です。

パイナップルやハチミツのような香りと、繊細な口当たりでスムーズな余韻を楽しめます。

created by Rinker
ラ・アグリコーラ(ファミリア・ズッカルディ)
¥1,673 (2021/05/12 14:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

レゾルム ド シャルドネ オーガニック

レゾルム ド シャルドネ オーガニックは、南フランスの名門、カステル社が手掛ける白ワンです。

南フランスは「1年365日のうち320日は晴れ」と言われるほど日照量が豊富です。太陽を浴びた有機ぶどうのみを厳選し、ぶどう本来の味わいが楽しめる白ワインに仕上がっています。

桃やパイナップルのような香りと、トーストのようなニュアンスが楽しめる、フルーティーな白ワインです。

マドンナ オーガニック

マドンナ オーガニックは、ドイツの老舗ワインメーカー、ファルケンベルク社が手掛ける白ワインです。

EUの有機農業規則に従ってぶどうを栽培し、EUのマーク有機「ユーロリーフ」を取得しています。

桃やハチミツのような甘い香りと、フレッシュのある酸味が調和し、心地よい余韻が楽しめる白ワインです。

ブラック・タワー ドライ・リースリング オーガニック

ブラック・タワー ドライ・リースリング オーガニックは、「ドイツで最も成功したワインブランド」と呼ばれるブラックタワーが手掛ける白ワインです。

年間150万本以上の販売数、世界35カ国へ輸出されるブランドで、世界中で愛されています。

サステイナブル農法でぶどう栽培をし、環境に配慮した持続的な農法を取り入れています。

リースリングを100%使用し、心地よいアロマとすっきりとした酸味と切れ味が楽しめる白ワインです。

ライマット クラモール オーガニック ブランコ

ライマット クラモール オーガニック ブランコは、スペインのライマットが手掛ける白ワインです。現在はヨーロッパ最大規模のぶどう畑を所有するコドルニウ・ラベントス社の傘下にあります。

EUオーガニック認証とサスティナブル認証を取得し、ヴィーガンにも対応したオーガニックワインです。

柑橘系の香りと、グレープフルーツやマンゴーのようなアロマがあり、酸味と甘みのバランスが取れています。

まとめ

今回はオーガニックワインの選び方やおすすめ銘柄を紹介してきました。

どのオーガニックワインもコストパフォーマンスが高く、自信を持っておすすめできる銘柄です。

ぜひ本記事を参考に、あなたのお気に入りの一本を見つけてみてくださいね。