健康・美容効果はあるの?流行の「甘酒」を楽しもう!

健康や美容に良いとされる甘酒は、「飲む点滴」とも言われ、昔から親しまれてきました。スーパーやコンビニでも購入でき、身近な存在ではありますが、普段はあまり飲まないという人も多いです。

そこで今回は甘酒の効果や飲み方、簡単な作り方をご介します。興味のある方は、参考にしてみてくださいね。

甘酒とは?


甘酒とは、もち米のかゆに麹を混ぜて作った飲み物です。「酒」と書かれていますが、アルコール0%、子供でも美味しく飲むことができます。ただし酒粕で作られる甘酒にはアルコールが微量に入っているので注意が必要です。

そして甘酒には「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」があります。それぞれ特徴が異なるので、少し解説をします。

米麹甘酒


米麹甘酒は、もち米のかゆと麹の発酵作用を活用して作られる甘酒です。日本酒とは異なり、米のデンプンを糖分に変えているだけなので、非常に飲みやすいのが特徴。酒粕で作った甘酒よりも癖が少ないので、初心者にはおすすめです。

またアルコールも入っていません。お子様やお年寄りにも飲みやすいかと思います。

酒粕甘酒


酒粕と砂糖を混ぜ合わせ、水で溶くと酒粕甘酒になります。酒粕にはアルコールが含まれているので、子供やアルコールが苦手な人は、飲まないようにしてください。
ちょっと癖があるので、初心者は米麹甘酒から試すと良いでしょう。

甘酒を飲むとどんな効果がある?


米麹甘酒は健康や美容に良いと言われていますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?そこで甘酒を飲むと得られる効果や効能を紹介します。

美肌効果を期待できる

甘酒には血行や代謝アップが期待できるビタミンB群が含まれています。血行や代謝がよくなると体から老廃物が出て、肌の状態が良くなる効果があるようです。
また皮膚の状態を守ってくれるビオチンも含まれているので、顔のシワやくすみが気になる女性にもおすすめです。

脂肪燃焼をサポート

甘酒に含まれるブドウ糖には、血糖値を上昇させる効果があります。一見悪そうなイメージがありますが、満腹感を与えてくれるので、実はダイエットにも適している可能性を秘めています。

またGABAなどのアミノ酸由来の物質も含まれており、ストレスやイライラを抑えてくれます。ダイエット中にお腹が減ったり、甘いものが食べたくなったら、甘酒を飲んでみてください。

腸内環境を整える

甘酒には分解されたブドウ糖が含まれており、効率よくエネルギーを補給できます。またアミノ酸や、ビタミンB群、ミネラルも含まれており、健康に必要な栄養素がたっぷりです。
また麹菌には消化吸収を助けてくれる効果があるので、食欲がない時には甘酒を飲んでみるのもいいでしょう。

ビタミンB1で疲労回復

甘酒に含まれるビタミンB1には疲労回復があります。疲労物質の乳酸の代謝を促進し、疲労を取ってくれます。仕事で疲れたなと感じたら、栄養ドリンクよりも甘酒がおすすめですよ。

熱中症予防

熱中症にはナトリウムの摂取が効果的です。熱中症を予防するには、100mlあたり40〜80mgのナトリウムが含まれている食品が適していると厚生労働省が発表しています。
甘酒には100mlあたり60mlほどのナトリウムが含まれているので、熱中症対策にはおすすめです。外で活動する時は、甘酒を飲んでから外出するといいでしょう。

甘酒の正しい飲み方とは?


甘酒が健康に良いとわかっていても、どんな時に飲めばいいのか、どのくらい飲めばいいのか分からない人も多いかと思います。

甘酒は飲む時間帯によっても効果が異なります。朝に甘酒を摂取するとブドウ糖の働きで、頭をすっきりと目覚めさせてくれます。お昼に飲むとブドウ糖やビタミン B 1の効果により、脳の働きが活発化。夜に飲むとビタミン B1の効果で疲労回復が見込めます。

また甘酒を飲む温度は60°前後がベストです。60°にすることにより甘酒に含まれている酵素が作用しやすくなります。ただし市販の甘酒には酵素があまり入っていないので、手作りの甘酒を飲む時だけ温めてみてください。

手軽で簡単!手作り甘酒を作ってみよう

甘酒の効果を最大限に活かしたいなら、手作りの甘酒がおすすめです。市販の甘酒は加熱殺菌をしているものが多いので、大切なビタミンや栄養素が破壊されていることもあります。

そこでご自宅でも簡単に作れる甘酒の作り方を紹介します。

【材料】
・米 200ml
・乾燥米麹 200g
・水 1000ml

<作り方>
①洗米した米と水600mlを30〜1時間ほど浸水しておきます。
②浸水が終わったら鍋に入れて強火にかけます。この時、底につかないように混ぜます。
③沸騰したら弱火にして蓋をします。(15分)
④おかゆになったら水200mlを追加し、混ぜながら60度前後まで温度を下げます。
⑤麹を入れて良くかき混ぜます。
⑥火を止めて、60度前後で4〜10時間ほど保温しておきます。タオルなどで包んでおいてください。
⑦食べてみて黄色がかっていたら完成です。

材料も手に入れやすく、作り方も簡単なので気軽に作ることができます。疲れを取りたい時や、風邪を引いた時にもおすすめです。

甘酒の美味しい飲み方


甘酒は甘くて美味しい飲み物ですが、中には「ちょっと苦手」という人もいます。そこで甘酒の美味しい飲み方をご紹介します。

トマトジュース割り

甘酒をトマトジュースで割ると、さっぱりとした甘酒が楽しめます。トマトの酸味が加わるので、甘酒の甘みが苦手という方にもおすすめです。

また、トマトにはリコピンが含まれており、抗酸化作用で老化防止が期待できます。美容に関心のある方はぜひ試してみてください。

豆乳割り

甘酒を豆乳で割ると、甘酒の甘さが緩和され飲みやすくなります。味はミルクセーキのような感じなので、子供からお年寄りまでおいしく飲むことができるでしょう。

ココア割り

豆乳をココアで割ると、甘酒の風味や味を緩和することができます。ほぼココアの味がするので、甘酒が苦手な方もごくごくと飲めてしまいます。

きな粉甘酒

甘酒にきな粉の粉を入れて混ぜると、きな粉甘酒ができます。さらに甘さが際立つので、甘いものが好きな方にもおすすめです。またひなこには食物繊維が含まれており、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

料理にちょい足しもおすすめ


甘酒は飲むだけでなく、料理にちょい足しする調味料としても使えます。

甘酒カレー

カレーに甘酒を入れると、甘酒のコクや旨味が加わって、一晩寝かせたようなカレーが出来上がります。鹿児島では甘酒を入れたカレーが人気で、ご当地グルメとしても売り出されています。

ドレッシングに加える

ドレッシングに甘酒をちょい足しすると、優しい甘さやコクがプラスされます。栄養もたっぷり含まれているので、お子さんがいる家庭におすすめです。

肉を漬け込んで柔らかく

お肉を甘酒に漬け込むと、柔らかく仕上がります。安い鶏胸肉でも、ジューシーになるので、毎日買い物をする主婦には強い味方です。

まとめ

今回は甘酒の種類や効果、作り方などを紹介しました。 気軽に飲める甘酒ですが、「飲む点滴」とまで言われ、豊富な栄養素を摂取することができます。

また飲むだけでなく、料理にも使えるので、常備しておくと良いでしょう。それでは皆さんも、甘酒で健康な生活を送ってくださいね。

関連記事一覧