【実は国産!?】ラガービール好きに知ってもらいたいハートランドビールの魅力とは?

スッキリとしたのどごしに、柔らかな味わい。そんなラガービールに心惹かれる方も多いように思います。

さまざまな銘柄を飲み比べていくうちに、ハードランドに出会ったことはありませんか?

よくある瓶ビールのように思われがちなのですが、実は1986年から販売し続けている隠れたロングセラー商品なのです。

今回はまだハードランドを飲んだことのない方向けに、ハードランドビールの魅力を深掘りしていきます。

これを読めば、きっとハードランドビールに魅了されるに違いありません。

ハートランドビールとは


そもそもハートランドとは何か、簡単に説明していきます。

ハートランドビールとは、1986年にアルコール飲料メーカー・キリンビールから発売されたラガービールブランド。プレミアムビールに分類され、選び抜かれた麦芽を100%使用したピルスナースタイルのビールです。

キリンビールといえば、130年前から販売するキリンラガービールがもっとも有名なのですが、実はハートランドも負けじと、キリンラガービールに次ぐ2番目のロングセラーを誇っています。

どこが造っているの?

ハートランドビールを手掛けているのは、販売元と同じキリンビール。特徴的な外観から外国産ビールに間違われることもしばしばですが、意外にも国内で生産されています。

発売から約40年経ちますが、ハードランドが掲げるコンセプト「素(そ・もと)」、すなわちモノ本来の価値を大事に、今もなお変わらぬ味わいでハートランドを造り続けています。

誕生のきっかけ


そんなハートランドが誕生したきっかけは、70年代から80年代にかけて変化する消費者の価値観の転換を予測した背景にあります。

キリンビールでは1986年に消費者の嗜好の多様化に対応し、新しい生活意識・価値観を持つ人に向けて
「キリンブランドではないビールの楽しさを提供する商品」として発売されました。

ここがすごいんです!!


ハートランドビールでは、「素」の良さを最大限に引き出し、活かし、造り出しています。

ボトルデザイン

ハートランドのボトルデザインはとにかくシンプル。

一般的に販売されている瓶ビールのほとんどは、商品情報が分かるようにボトルの正面にラベルを施しています。

しかし、ハートランドは丸み帯びたエメラルドグリーンのボトリングに、エンボス加工された大樹の絵柄のみ。キリンビールのトレンドマークである「麒麟」どころか、KIRINの商標文字すらありません。

そのため、キリンビールと知らずに手に取る方が非常に多い傾向にあります。

そんな特徴的なデザインが生まれたのは、ニューヨークの沖合に沈む200〜300年前のヨーロッパの沈没船から発見される、ラベルのないエンボスびんから得たヒントにあります。

またシンボルマークの大樹は、世界的にも知名度が高いデザイナー「レイ・吉村」氏が手掛けており、ビールを愛する全ての人の「止まり木」でありたいという思いが込められています。

販売当時のビールには考えられない斬新なデザインを創り出し、手に取って初めてわかるハートランドの良さを実感することができます。

飲み飽きない味わい

ハートランドでは原材料が持つ本来の味わいを大事にしたいと考え、原材料は「麦芽」と「アロマホップ」と「水」の3種類のみで造っています。

麦芽は100%使用し、いわゆるオールモルトで製造しています。だから味わいは本格的でありながらも、ずっしりと重くなく、スッキリとした飲みやすさが特徴。

またアロマホップも100%を使用しているので、麦のうま味を引き立つ香り高い柑橘系の澄んだ香味に仕上げられています。

のどごしも爽やかで、どんな料理と合わせても飽きの来ない味わいが魅力的。ラガービール好きにはもちろん、ビールが苦手な女性にも飲まれやすい味わいとなっています。

変わらぬ製法

消費者の嗜好の変化やビールの多様性、時代の流れに合わせ、ウケの良い味わいにするためにビールの製法そのものを変えてしまうメーカーはそう少なくありません。

しかし、ハートランドは流行や権威、既成の価値観にとらわれることはなく、1986年の販売当時から一切製法を変えていません。

中でも長年こだわっているのは糖化法。糖化法とはビールを製造するうえで美味しさを決めるのに欠かせない工程のひとつと言われています。

ハートランドビールでは、水に溶かした麦芽をいくつかに分けて煮沸しています。少量を丁寧にじっくりと時間をかけたデコクション法を採用しているため、麦芽からうまさと甘さが引き出されます。

発売から30年経ちますが、今もこの製法を維持し、変わらぬ味わいをファンに提供し続けています。だからこの先いつでも、どんな場所でも、ハートランドの味を楽しむことができるのです!

ラインアップ


ハードランドの魅力がわかってきたところで、飲んでみようとお考えの方もいるのでは?

どんなラインアップがあるのか紹介していきます。

キリン ハートランド

ハートランドでは500mlと330ml、2種類の瓶ボトルのみが発売されています。

以前はキリンがオープンさせたビアハウスで缶ビールを飲むことも可能だったのですが、残念ながら2014年にビアハウスが閉店してしまい、現在は瓶ビールのみの販売となっています。

こちらの瓶ビールは厳選された原料を使用しているため、 素材の良さをそのまま味わえる正統派ラガービール。

苦みをおさえた素材由来のテイストと澄んだ香味が特徴で、食中酒としてさまざまな料理とペアリングしやすいのがポイントです。

ちなみに飲む際は、よ~く冷やして飲んでみてくださいね。

created by Rinker
不明
¥3,334 (2021/08/06 00:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回はキリンビールが販売する「ハートランドビール」について紹介しました。

まだハートランド飲んだことがない方、ぜひハートランドの良さにふれてみてはいかがでしょうか?