• レビュー
  • 検証レビュー・お店紹介のページ

ブリのための日本酒(真野鶴・純米Brease)をレビューしてみました。

世の中にはさまざまなお酒があり、そのなかには非常に個性に富むものがあります。そのうちのひとつが、「真野鶴・純米Brease(ブリーズ。以下カタカナ表記)」です。

今回はこの真野鶴・純米ブリーズについて解説するとともに、真野鶴・純米ブリーズとブリの料理を合わせたレビューをしていこうと思います。

ブリに合わせるために造られた日本酒

「真野鶴・純米ブリーズ」は、新潟県の尾畑酒造が製造した非常に特徴的な日本酒です。
ブリの名産地として知られる佐渡で造られたおり、ブリを食べるために造られたブリ特化型のお酒となっています。

尾畑酒造で製造しているお酒の中から、ブリと相性の良いものを5種類選別し、さらに新潟県の醸造試験場の協力を得てブリと合うお酒に仕立てたのが、この「真野鶴・純米ブリーズ」なのです。

真野鶴・純米ブリーズ自体は辛口(+8)で、ブリとの相性のみを考えたそうです。

単体での味わいは?

真野鶴・純米Brease

味わいはというと、単体で飲むと甘味が強く、しっとりとした質感を持ちます。後味は、酸はあるもののやや切れ味に劣り、滑らかさの方が強くでます。

香りは、日本酒の原材料である「コメ」に由来しますが、味にはそれほどコメのうま味や甘味は反映されていません。

正直なところ、テイスティングメンバーで試した感じでは、「真野鶴・純米ブリーズを単品で飲んだときの評価」は決して高いものではありませんでした。
しかしこの真野鶴・純米ブリーズは、造られた目的からも分かるように、ブリと合わせることで真価を発揮します

色々なブリ料理と試してみました!

ひとつの食材に特化した珍しい日本酒なので、今回は様々な料理との相性を測るために以下の5つの料理を用意しました。

【試したブリ料理】
・ブリの刺身
・ブリの竜田揚げ
・ブリの麹漬け焼き
・ブリの黒酢照り焼き
・ブリのマスタード焼き

の5つのブリ料理と真野鶴・純米ブリーズをかけあわせて、その相性や味わいについて紹介します。

created by Rinker
¥1,480 (2021/04/20 15:13:13時点 楽天市場調べ-詳細)

【ブリの刺身】ブリの油が良く溶ける、甘味のある味わい

まず初めに試したのは「ブリの刺身」です。
特別に新鮮で上等なブリの刺身を買い求め、真野鶴・純米ブリーズと合わせてみました。

真野鶴・純米ブリーズとブリの刺身を掛け合わせると、ブリの油が日本酒に溶けて、ブリの持つ甘味がひときわ輝くようになります
ブリの持つ甘味が味となって口の中に広がっていく感覚は、特筆に値します。

また、刺身は新鮮なものであってもどうしてもわずかに臭みを宿すものですが、真野鶴・純米ブリーズと掛け合わせることで、この「ブリの臭み」は完璧に消えます。
単品ではややしつこく感じられるブリの脂身もおいしく感じられるようになるでしょう。

「ブリの刺身の、どの部位を食べてもおいしい」と感じられるようになるのは、間違いなく、真野鶴・純米ブリーズのおかげです。

真野鶴・純米ブリーズとブリの刺身を掛け合わせた場合、真野鶴・純米ブリーズは脇役に回ります。
ブリの刺身のうまさを引き立てることを命題とする真野鶴・純米ブリーズの活躍が感じられる組み合わせとなるでしょう。
「ブリの刺身をおいしく食べさせること」に特化した真野鶴・純米ブリーズの働きを、しっかりと舌に感じることができます。

ここまでは「真野鶴・純米ブリーズ×ブリの刺身」の組み合わせについて語ってきましたが、刺身につきものの薬味であるワサビを入れると、また異なった風味になります。
ワサビのピリッとした味が、とろけるようなブリの刺身に変化をもたらします。

ブリの刺身はそれ単品でも十分においしいのですが、食べ進めるうちにどうしても食べ飽きてしまうこともあるでしょう。
しかしそこにワサビが加わることで、ブリの刺身に輪郭が与えられます。このワサビも、真野鶴・純米ブリーズとの調和が非常に良いのが魅力です

ワサビの刺激的な味わいを真野鶴・純米ブリーズは殺すことなく受け止め、ワサビと真野鶴・純米ブリーズの両方でブリの刺身を引き立たせます。

【竜田揚げ】臭みがなく、身がまったくパサつかない!

片栗粉をまとわせたブリを油で揚げて作る「竜田揚げ」と、真野鶴・純米ブリーズの相性を見ていきましょう。

ブリの竜田揚げはともすれば身がパサつくことがあるものですが、そこに真野鶴・純米ブリーズが加わることで、ブリの身がふわっと溶けるように口の中に広がります。

普段はどうしてもパサつく身が、ふんわりとしっとりとほどけていく感覚は、感動にすら値するでしょう。

ブリの竜田揚げもブリの生臭さが出やすい料理ですが、真野鶴・純米ブリーズと組み合わせると、この臭みや生臭さもまったく感じなくなります。これは真野鶴・純米ブリーズの力だといえます。

ブリの竜田揚げの魅力の一つとして、「衣のパリパリした食感」が挙げられます。真野鶴・純米ブリーズと合わせても、この触感は損なわれることはありません。

真野鶴・純米ブリーズはブリの油との相性が非常に良く、揚げ油ともよく調和します。しかし特記すべきは、真野鶴・純米ブリーズは「ブリの竜田揚げの皮ぎしの油とも相性が良い」ということでしょう。

皮ぎしに宿る油をしっかりと意識できるほどに、真野鶴・純米ブリーズは優秀で、今まで食べてきたブリの竜田揚げ×お酒の組み合わせと比較しても、段違いのおいしさを誇りました。

ブリの竜田揚げの持つマイナス点や弱点を、真野鶴・純米ブリーズがきれいにカバーしてくれます。

【ブリの麹漬け焼き】食材の甘味と酒の甘味が干渉しあう美味しさ

次に試したのは、「ブリの麹漬け焼き」です。ブリを麹にしばらく漬け込んでから麹を落として焼き上げたものです。
なお麹漬け焼きのなかには、麹をつけたまま(あるいはある程度残したまま)焼き上げるやり方もありますが、ここでは落としてから焼いています。濃厚な味わいが好きな人は、残して焼いてください。

真野鶴・純米ブリーズとブリの麹漬け焼きの組み合わせも、決して悪くはありません。しかし、ブリの刺身やブリの竜田揚げと合わせた方がより真価を発揮するでしょう。
それには理由があります。真野鶴・純米ブリーズの甘味と、麹の甘味がお互いに干渉しあってしまうのです。

ただ、マイナス点といえばこれだけです。ほかの4品と比べたときに、「料理が持つ香り」がもっとも引き立たせられるのは、真野鶴・純米ブリーズ×ブリの麹漬けの組み合わせです。油がしっかり感じられるところと一緒に合わせると、麹とブリ、そして真野鶴・純米ブリーズの相性の良さが非常に引き立ちます。

香や甘味も下品ではありません。ブリの課題である「生臭さ」も、この組み合わせの場合は「上品な香り」に変わります。

【黒酢照り焼き】香ばしさがしっかりと感じられる組み合わせ

「黒酢照り焼き」は、黒酢としょうゆ、酒、そしてみりんを使ってブリを焼き上げていく手法をいいます。

ブリの油と真野鶴・純米ブリーズの相性が良いのは、ほかの料理と同じです。ほかとの大きな違いは、「香ばしさ」が真野鶴・純米ブリーズによって引き出されるところでしょう。

真野鶴・純米ブリーズが、ブリの黒酢照り焼きの持つ純粋な香ばしさのゲージを伸ばしてくれます。
また、ブリの持っているブリ本来の甘味を引き出す役目も、真野鶴・純米ブリーズに期待することができます。

ブリの黒酢焼きに使っているしょうゆの持つ香ばしさが、真野鶴・純米ブリーズによって引き出されたブリ本来の甘味と非常に美しいコントラストを描き出します。
このコントラストの美しさは、見事と言うほかありません。

黒酢の持つほのかな酸味が、真野鶴・純米ブリーズの方に作用するのも面白い点です。この酸味が真野鶴・純米ブリーズに少し複雑な香りを加えます。

今までの料理の場合は、「真野鶴・純米ブリーズを脇役として、料理のおいしさが感じられるようになる」という方向が基本でした。

しかしブリの黒酢照り焼きの場合は、ブリの黒酢照り焼きの持っている風味が真野鶴・純米ブリーズを面白いものに変えるという特筆すべき点があります。
「真野鶴・純米ブリーズをおいしく飲みたい人」にも向いています。

【ブリのマスタード焼き】洋風のブリ料理とも相性ばっちり

ブリといえば和の料理の食材というイメージが強いかと思われますが、実は洋食の材料としても使われています。
ここでは、マスタードとオリーブオイル、マヨネーズ、ニンニクのソースを使ってブリのマスタード焼きを仕立てました。

マイユのマスタードには、ビネガーと白ワインが入ります。このビネガーと白ワインが、日本酒然としていた真野鶴・純米ブリーズに、フルーティーな香りを付け加え、まるでワインのような面白さを入れます。

ただ、この料理にはニンニクを使っていますが、真野鶴・純米ブリーズの香りがやや支配的になり、ニンニクの香りはほとんど感じられなくなってしまいます。この点は少し残念ですね。

マスタードの辛みが真野鶴・純米ブリーズのお蔭で、ほのかで口当たりの良い味わいに変わるのが特徴です。

真野鶴・純米ブリーズはブリのマスタード焼きのマスタードによって、「今までの真野鶴・純米ブリーズとは異なる洋酒のような風味」を抱くようになりますし、ブリのマスタード焼きは真野鶴・純米ブリーズによって「マイルドでありながら、バランスのとれた辛さ」を維持できるようになります。

お互いがお互いを尊重し合い、バランスの取れた組み合わせとなるのが、真野鶴・純米ブリーズ×ブリのマスタード焼きの面白い点だといえるでしょう。

「従来のように、日本料理と日本酒を合わせるのもいいが、それ以外の楽しみも味わってみたい」と考える人にはこの組み合わせがおすすめです。

created by Rinker
¥1,480 (2021/04/20 15:13:13時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

今回は、ブリと合わせるために造られた日本酒「真野鶴・純米ブリーズ」をレビューしました。
世の中には数多くの「料理に合うお酒」があります。しかし真野鶴・純米ブリーズほど、「一つの食材に特化したお酒」はないのではないでしょうか。

真野鶴・純米ブリーズを味わうためにブリを、ブリを味わうために真野鶴・純米ブリーズを買い求めても、決して損はしないでしょう。