実は種類がたくさん!?アイスペールの選び方を紹介

お酒に氷を加えたい時、またはボトルを冷えた状態でキープしたい時、みなさんは何を使っていますか?お酒を冷やしながら食事もできる打ってつけのアイテムがアイスペールです!

あまり種類が無いように思われがちなアイスペールですが、実はどんなシーンに使うかで機能や素材を選ぶことができます。

今回はアイスペールを選ぶときのポイントと、商品をいくつかピックアップしてご紹介します!

アイスペールとは?

アイスペールとは氷を入れておく容器のことを指します。簡単に言えば氷おけということになりますね。

アイスペールはクーラーボックスとは違いコンパクトサイズなので卓上に置くことができ、食事中でも手が届きやすいことから宴会や飲みの席でも重宝されています。

お酒に加える氷をストックしておく他、大きいサイズのものであればボトルごと冷やすことが可能です。

ワインやシャンパンなどのお酒に使われることが多いですが、ジュースやお茶などのソフトドリンクにも使えます。

アイスペールを選ぶポイント

アイスペールなんてどれも同じと思うなかれ。大きさや素材ごと異なる秀でている機能を吟味し、自分に合ったアイスペールを選びましょう。

容量で選ぶ

アイスペールには小ぶりなものから大きいものまであり、幅広いサイズの中からシーンに合った容量を選びます。
どのサイズを選べばいいのか分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

1000mL:ひとり飲み用サイズ
小さすぎず大きすぎず、ちょうどいいサイズ感です。必要な分だけ氷を入れられるので小回りが利きます。

1500mL前後:スタンダードな大きさ
ひとり飲み用には少し大きいですが、数人でお酒を飲むときにちょうどいいサイズです。

2000mL以上:大人数に対応可
2L以上のアイスペールであればパーティーシーンなどの大人数に対応できるほか、ボトルをまるごと冷やすことも可能です。
アウトドアにも大活躍しますが、大きいサイズのアイスペールを選ぶ際には倒れにくい安定したものをおすすめします。

素材で選ぶ

素材ごとに得意とする機能が異なります。自分が求める条件に合致する素材を選べば、失敗することは無いでしょう。

ステンレス製

金属製アイスペールの中でも代表的な素材として挙げられるのがステンレスです。高い保冷力と軽さに加え、さびにくいためお手入れがとても簡単というメリットがあります。

同じ金属で銅製のアイスペールもありますが、ステンレス製と比べると銅製の方が酸化しやすいため、こまめにメンテナンスをしていないと変色してしまいます。

ガラス製

透明感があるガラス製のアイスペールはデザイン性に重きを置いた素材です。氷やガラスが光を乱反射させるため、卓上に置いておくだけで上品な雰囲気を演出することができます。

汚れにくく洗いやすいためお手入れは比較的簡単ですが、保冷性は金属製のものほど高くなく、落とすと割れやすいというデメリットがあります。

プラスチック製

持ち運びやすさ、扱いやすさ重視で選ぶ場合はプラスチック製がおすすめです。

保冷力は高くありませんが、お手入れしやすく落としても割れないので、アウトドアシーンでも活躍します。

付属品の有無

付属品があるかどうかも押さえておきたいポイント。特に初めてアイスペールを購入するという方は以下の項目をチェックしましょう。

トング付き

氷専用トングがついているかどうかは、購入する前に必ずチェックしておきましょう。

家にあるトングを使えばいいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、氷がうまくつかめなかったり、トングとアイスペールのサイズ感が合わない…なんてこともありますので、初心者の方はなるべくセットで購入しましょう。

フタ付き

すぐには使わないけど、長い時間氷を保存しておきたい場合はフタつきのものを選びましょう。

フタをすることで保冷力が上がるだけではなく、アウトドアの際には砂や埃を気にすることなく屋外に持ち出すことができます。

マストでチェックなアイスペール4選!!

今まさに購入を考えているという方はこれから紹介する商品もぜひチェックしてみてください。

タイガー 魔法瓶 アイスペール

魔法瓶でお馴染みのタイガーから、ステンレス製のアイスペールが出ています。

1.35Lのスタンダードな大きさで、フタとトングが付属しています。

THERMOS 真空断熱アイスペール

美味しい温度でお馴染みのTHERMOSもアイスペールを生産しています。容量は1.3Lの標準的なサイズで、素材はステンレス製です。

フタとトング、水切りもついていて、結露しにくい魔法びん構造なので快適な使い心地です。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥3,081 (2021/04/20 21:41:10時点 Amazon調べ-詳細)

THERMOS 二重アイスペール TPE-1300

本体がプラスチックでつくられているため持ち運びやすく、割れにくいため扱いがとても簡単です。

フタはありませんが、本体部分が二重になっているため結露しにくい構造となっています。サイズは1.3Lと3Lの2つから選ぶことができます

東洋佐々木ガラス ガラスアイスペール

生産者の東洋佐々木ガラスは創業140年を超える老舗国産ガラス食器メーカーです。

本体にはクリスタルガラスと肩を並べるソーダライムガラスが使われています。シンプルでクリアかつ丈夫さも兼ね備える素材なので、お洒落なホテルやバーなどでは業務用アイスペールとしても使われています。

870mLの小さめなサイズなので1人飲み用にピッタリなアイテムです。

created by Rinker
東洋佐々木ガラス
¥2,361 (2021/04/21 00:41:57時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回はアイスペールを深掘りしました。選び方のコツをつかめば自分にピッタリのアイテムが見つけられそうですね!

特定のドリンクを冷やした状態で長時間楽しみたい!という方は、本記事を参考にしてアイスペールを選ぶときにお役立てください。