母の日にプレゼントしたいカクテル3選!

「母の日に贈るプレセント」といえば、カーネーションがやはり有名です。そこにお菓子やハンカチなどを付ける人も多いことでしょう。

ただ、「今年はちょっと変わったものを贈りたい!」「母が好きな、お酒を贈りたい」「大人になったし、お母さんと一緒にカクテルを楽しみたい!」と考える人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「いつもとは違う母の日」「よりお母さんに喜んでもらえる母の日」を考える人のために、「母の日にプレゼントしたいカクテル」を3つ選んでご紹介します。

とてもきれいな彩りを持つものばかりですから、見た目も美しく、きっと喜んでもらえることでしょう!

美しさが魅力!日本酒カクテル「彩」

まるでさくらんぼのような色合いのカクテル「彩」。
このカクテルは、まさに「名は体を表す」とてもきれいなカクテルで、見た目も美しいのでおすすめです!

「彩」の材料

・日本酒:50ml
・アマレット(※ディサローノ・アマレットの場合もあり):10ml
・グレナデンシロップ:10ml

「彩」の作り方

1.ミキシンググラスに、材料のすべてを入れます。
2.ステアをします。
3.カクテルグラスに注ぎます。
4.「彩」の完成です!

「彩」の概要と味わい方

「彩」は、日本酒とアマレット、グレナデンシロップを使って作ります。日本酒が主体になるカクテルではありますが、日本酒の風味はびっくりするくらいに控えめで、ほとんど感じられません。そのため日本酒にあまりなじみがなくても楽しんでもらえる1杯です。

強く出てくるのは、日本酒よりもアマレットの味わいです。アマレットの持つアーモンドの香りが漂うカクテルで、そこにグレナデンシロップ独特の甘さが乗ってきます。比較的口当たりは柔らかく甘く、そういった意味でも非常に「女性的な」カクテルだといえるでしょう。

ちなみにこの「彩」は、日本酒とアマレットを使っているだけあって、度数はそれほど低くはありません。15度ほどとワインと同じくらいの度数があるので、飲みすぎにはご注意ください。

カクテル言葉が素敵な「ティツィアーノ」

カクテルには、花言葉のような充てられた言葉があります。ティツィアーノのカクテル言葉は、「喜びを人に与えることのできる優しい人」。

まさに母の日にふさわしい一杯だといえるでしょう。贈るにもピッタリではないでしょうか?

ティツィアーノの材料

・スパークリングワイン:60ml 
・ブドウジュース:60ml

ティツィアーノの作り方

1.材料をよく冷やしておきます。
2.すべての材料をシャンパングラスに注ぎます。
3.軽くかき混ぜて、ティツィアーノの完成です!

ティツィアーノの概要と味わい方

由来は、偉人の名前。イタリアのルネッサンス期に活躍した画家の、ティツィアーノ・ヴェチェッリオからつけられています。

カクテルとしての「ティツィアーノ」は、イタリア・フィレンツェで誕生しました。これは、同じくイタリアのヴェネツィアで生まれた非常に有名なカクテルである「ベリーニ(スパークリングワインと桃のジュースを合わせて作る。グレナデンシロップを入れる場合もあり)」のバリーエーションとして提案されたといわれています。

またティツィアーノは、今回紹介したスパークリングワインとブドウジュースを1:1で割って作るレシピ以外にも、割合を変えて、グレナデンシロップをほんの少しだけ加えるレシピや、白のスパークリングにグレープフルーツジュースを合わせるレシピなど作り方がいくつかあります。バーによっての個性を楽しんだり、家で作る場合にはお好みで選ぶとよいでしょう。

味わいは、甘味があって柔らかく、非常に飲みやすい味わいに仕上がっています。「ブドウを使ったお酒」というとワインを連想しますが、ワインともまた異なった味わいを持ちます。
ただ、ワインが好きな人もワインをそれほど好まない人でも、親しみやすい味わいであることは確かです。優しい味わいなので、それほどお酒に慣れていない人でも飲みやすいことでしょう。

ちなみに、ティツィアーノに使うスパークリングワインに指定はありません。比較的安価なものを選んでもおいしく飲むことができます。

カクテル界屈指の可愛さ「ルジェストロベリー・コラーダ」

「かわいい!」をはっきりと主張するとっておきのカクテル、それが「ルジェストロベリー・コラーダ」です。

使う材料は多くカクテル初心者さんにとっては少しハードルが高いものですが、出したときの顔を想像すれば、作ってみたくなる1杯だといえるでしょう。

またカクテル言葉もすばらしく、「いつまでも若々しい気質を持つあなた」という意味を持っています。

ルジェストロベリー・コラーダの材料

・ストロベリーリキュール:10ml 
・マリブ:45ml
・パイナップルジュース:45ml 
・牛乳:45ml 
・パイナップル:適量 
・チェリー:適量
・氷:適量

ルジェストロベリー・コラーダの作り方

1.パイナップルをピンに刺さる大きさに切ります。
2.ストロベリーリキュール、マリブ、パイナップルジュース、牛乳をすべてシェイカーに入れてシェイクします。
3.グラスに氷を入れて、そこに2を注ぎます。
4.最後に、ピンに刺したパイナップルとチェリーを飾って、ルジェストロベリー・コラーダの完成です!

ルジェストロベリー・コラーダの概要と味わい方

マリブ由来のココナッツ、ストロベリーリキュール由来のいちごの甘さ、パイナップルジュースの濃厚な甘み、すべての味がお互いに生きています。南国系の味わいがすばらしく、見た目も美しく、楽しく飲めるカクテルだといえるでしょう。
ジュース的な甘さを持ちながらも、すっきりと飲むことができるカクテルであり、その愛らしさもあって人気のあるカクテルです。

「喜んでもらいたい!」をぎゅっと詰め込んだカクテルは、作っている人も楽しくなること請け合いです。
ルジェストロベリー・コラーダの度数は低く、8度以下です。パイナップルジュースや牛乳などアルコールの入っていない飲料の割合が多いこともあり、お酒にそれほど強くない人でも楽しめるでしょう。

まとめ

今回は母の日にお送りたいカクテルを3選紹介しました。可愛いカクテルも多いので、純粋に女性ウケもいいかと思います。

「もらう側」もうれしいものですが「贈る側」もうれしいもの。ぜひ、お母さんの喜ぶ顔を想像して作ってみてはいかがでしょうか?