どんなワイン!?世界5大シャトーの最も長寿なラトゥールの魅力を一挙紹介!

力強く男性的、寝かせれば寝かせるほど変貌を遂げてくれるシャトー・ラトゥール。各国の著名人からも愛してやまない、そんなラトゥールを聞いたことはありませんか?

「どんなワイン!?」

今回はそんな疑問を持つ方向けに、シャトー・ラトゥールについて深掘りします。長年不動の人気を誇る魅力を探るとともに、商品ラインアップも合わせて紹介していきます。

シャトー・ラトゥールとは


シャトー・ラトゥールとは、1855年のパリ万博に行われた格付けにおいて、1級シャトーに選ばれた世界5大シャトーのひとつ。フランス・ボルドーのポイヤック地方で造られている高級ワインで、名前の由来にもなるエチケットに描かれている「塔」がシンボルとなっています。

5大シャトーの中でも、もっとも力強く男性的、晩熟で長寿なワインと言われており、ヴィンテージによる味わいのムラは少なく、5大シャトーの中でももっとも安定しているという定評があります。

そのため、どの年代のワインを飲んでもラトゥールらしい極上な味わいが楽しめることで、各国の著名人やワイン愛好家がこぞって愛飲しています。

また、テレビ番組「芸能人格付けチェック」にも度々登場しており、芸能人も唸らせたプレミアムワインとしても有名です。

シャトー・ラトゥールの特徴


では、世界的な知名度を誇るほどの魅力はどこにあるのか、ラトゥールの特徴から解説していきます。

ぶどう畑

ラトゥールは78ヘクタールのブドウ畑を所有していますが、このうちの47ヘクタールは、ポイヤック地区最南端に位置する「ランクロ」と呼ばれる地形です。

ランクロの表層には、ピレネー山脈とフランス中央高地からのギュンツ氷期の砂利が多く含まれており、水はけがよく、下層の泥灰岩性な粘土には必要な水分のみがもたされます。また、夏は太陽熱によって温められた砂利が蓄熱し、ぶどうを適度に温める効果もあります。

さらに地域一帯では、300m離れた先に流れるジロンド川のおかげで、畑に過度な温度変化が起きず、土壌との相乗効果により、良質なブドウを安定して収穫することができます。

ぶどうの生育

ラトゥールでは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、プティ・ヴェルドの3品種が栽培されています。

特質な土壌は、特にカベルネ・ソーヴィニヨンの生育には非常に適しており、清涼感のあるアロマ、豊かなタンニンを備えた濃い色の果実が育つのです。

またブドウの収穫は、樹齢10年以上の木からの手摘みにこだわっており、厳しい選果基準をクリアした上質なぶどうのみが使用されています。近年ではオーガニック肥料を活用するなど、ビオディナミ栽培にも力をいれています。

醸造のこだわり

ラトゥールは品質のためなら、新しい技術や設備の取り入れにも意欲的です。

ラトゥールは、ボルドーでいち早く「ステンレスタンク発酵」を取り入れたシャトーです。タンクの種類は胴型と台形型があり、異なるサイズを数多く所有しているため、非常にバラエティー豊かです。

そして、これらのステンレスタンクや貯蔵室、部屋全体の温度をコンピューターで24時間制御し、細やかな温度管理を行うことで、品質のコントロールを実現しました。

まず1次発酵を終えた後、フリーランジュースはステンレスタンクで、プレスジュースは100%新樽の中でマロラクティックという発酵を行います。その後ブレンドを行い、100%の新樽で約18ヶ月熟成されます。

このように細部まで醸造をこだわっているため、ハズレが少ないと言われるのもラトゥールならではの魅力です。

味わい

シャトー・マルゴーの女性的な味わいとは対照に、シャトー・ラトゥールは男性的な味わいが特徴です。

また非常に寿命が長く、50年経っても素晴らしい品質が保てることから、ポテンシャルの高さも評価されています。

若いうちはガチガチと閉じた印象がうけますが、15年以上寝かせると重厚で奥深いワインに生まれ変わり、熟成時間が経てば経つほど、長く続く余韻が堪能できます

絶対的品質主義


ラトゥールの品質の高さは、ワイン好きなら周知のこと。特に2011年に起きた「プリムール脱退」がラトゥールの絶対的品質主義を物語っています。

プリムールとは、瓶詰め前のワインを樽の状態で評価し、やや安値でワインを販売するという仕組み。購入者は安くワインを調達することが出来、販売元のシャトーも先に現金が手に入るため、両者にとってまさにウィンウィンなシステムで、ボルドーでは殆どの格付けシャトーがプリムールでワインを販売しています。

ところが2011年、シャトー・ラトゥールはこの販売方法から脱退することを発表し、世界的に話題となりました。なぜ脱退したのか、ラトゥールは「最高のブレンドを追求するため」、「きちんと飲み頃になるまで待ってからリリースしたい」と回答しました。

まさに、ラトゥールの品質に対する自信とプライドが伺える出来事だったのではないでしょうか?この出来事により、2011年以降のラトゥールは、納得が行く品質に仕上げるまでワインのリリースをしないことから、ますます目が離せないシャトーとなったのです。

商品紹介


素晴らしいワインだとはいえ、プレミアムワインは高額で手が出せない方も多いですよね。

実は、シャトー・ラトゥールではファーストラベルのほか、より手の届きやすいセカンドラベルやサードラベルも販売しています。

それでは、シャトー・ラトゥールのラインアップをご紹介します。

シャトー・ラトゥール

シャトー・ラトゥールのファーストラベル。メドック第1級と格付けられ、力強く、豊かなタンニンと濃厚な味わいが特徴です。

どのヴィンテージを飲んでもラトゥールと分かるほど個性的で、素晴らしいワインですが、中でも世界的なワイン評論家ロバート・パーカー氏による採点で、百点満点の当たり年は2010、2009、1982、1961年とされています。

特別な日に飲みたい方や大切な方へのプレゼントを送りたい方におすすめなワインです。

created by Rinker
¥83,160 (2021/06/14 01:22:21時点 楽天市場調べ-詳細)

レ・フォール・ド・ラトゥール

シャトー・ラトゥールのセカンドラベル。ファーストの畑の区画で育てられた、樹齢40年以上の良質なブドウのみを使用しています。

ファーストに比べ、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率はやや低めで、メルローの比率が高め。そして、醸造の違いは新樽率だけなんです。にも関わらず、価格はファーストの半分以下で購入できるのもポイント!

ブラックベリー香りと滑らかなタンニン、豊かな果実味が特徴。そして余韻の長さは、時折ファーストを彷彿させます。ファーストはちょっと手が出ない方は、こちらのセカンドをおすすめ。

ポイヤック・ド・ラトゥール

シャトー・ラトゥールのサードラベル。サードラベルと言えば、安く飲むカジュアルワインなイメージもありますが、こちらのサードラベルは生産量がファーストの1/10という非常に希少性の高いワインです。

ファーストやセカンドにも引けを取らな香りと柔らかなタッチが特徴。きめ細かいタンニンと、フレッシュな酸味を楽しむことができます。

またセカンドに比べ、よりお手頃な価格で購入できます。だからと言って質が低いということもなく、少し贅沢したい日のワインにぴったりな銘柄です。

created by Rinker
シャトー・ラトゥール
¥13,899 (2021/06/14 01:22:22時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、世界5大のシャトー・ラトゥールの魅力について紹介しました。初心者は、手の届きやすいサードラベルから試してみていかがでしょうか?

プリムール脱退後の味わいを比較したい方であれば、2011年前後のワインを飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。