最強のご褒美!?揚げ物と相性の良いおすすめワイン10選

揚げ物に合わせるお酒といえば、ビールやハイボールをイメージする人も多いでしょう。ビールやハイボールは、口の中の脂っこさをさっぱりしてくれ、揚げ物と相性抜群です。

しかし、ワインと揚げ物も相性が良いことを知っていましたか?ワインの特徴を知っていれば、揚げ物とマリアージュできるんです。

そこで今回は、揚げ物と相性の良いワインの選び方やおすすめのワインを紹介します。

揚げ物とワインを合わせたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

揚げ物に合わせるワインの選び方

まずは揚げ物に合わせるワインの選び方を紹介します。

食材で選ぶ

揚げる食材によってワインを選びましょう。食材の色とワインの色を合わせるのがポイントです。

野菜や白身魚ならキレのある白ワイン、魚介類ならコクのある白ワインやロゼワイン、牛肉や豚肉なら赤ワインを合わせてください。

衣の質感で選ぶ

衣の質感もマリアージュに大きく関係しています。

なぜなら、衣によってボリューム感や味わい、油の量が変わるからです。

衣の軽い天ぷらなら爽やかな白ワイン、衣がしっかりついたフライにはコクのある白ワインや赤ワインがおすすめです。

調味料で選ぶ

揚げ物には、塩やソースなどの調味料をかけます。

味を大きく左右します。食材、衣とのバランスも考えつつ注意しましょう。

調味料だけでみるなら、塩なら軽めの白ワイン、ソースならコクのある赤ワイン、タルタルソースならコクのある白ワインやロゼワインがおすすめです。

それでは次の章からは、揚げ物の種類別におすすめのワインを紹介していきます。

カツ系の揚げ物に合うワイン

とんかつやチキンカツなどパン粉を使ったカツ系に合うワインを紹介します。

カツは、パン粉がしっかりと油を吸うため、こってりするので、スパイス感のある重めの赤ワインや酸味の効いたワインを選ぶと良いでしょう。

べリンジャー ファウンダーズ エステート カベルネ・ソーヴィニヨン

カルフォルニアワインを代表する、ベリンジャー・ヴィンヤーズが手掛ける赤ワインです。

カベルネ・ソーヴィニヨンは、赤身肉やソースと相性の良いブドウ品種として知られています。

とんかつに使用する豚肉は、肉のきめが細かく、ほどよく脂肪が乗った部位を使います。豚の旨味が凝縮しているため、果実の凝縮したカベルネ・ソーヴィニヨンにぴったりです。

またトンカツソースには、果実が含まれているため、ソースをかければさらに合わせやすくなるでしょう。

べリンジャーのカベルネ・ソーヴィニヨンは、ブルーベリーの香りと絹のような口当たり、シナモンやバニラを彷彿とさせる余韻が魅力の赤ワインです。

とんかつの旨味やソースの果実味と合わせやすく、最高のマリアージュを体験できます。

created by Rinker
BERINGER(ベリンジャー)
¥2,027 (2021/06/14 02:49:10時点 Amazon調べ-詳細)

ドメーヌ ド ジュ

ドメーヌ ド ジュは、240もの生産者からなる生産者協同組合で造られた赤ワインです。

使用されているブドウ品種は、グルナッシュ60%、シラー35%、カリニャン5%の3種類。

グルナッシュは、イチジクやプルーンのような優しい甘みのあるブドウ品種です。
そこに、胡椒のようなスパイシー感のあるシラーとカリニャンをブレンド。果実味とスパイシー感のバランスがよく、塩でもソースでも合わせやすい銘柄です。

果実味を生かすため木樽は使用せず、コンクリートタンクで6ヶ月熟成します。

胡椒のようなニュアンス、ほどよいタンニンは、揚げ物によいアクセントを与えてくれます。
とんかつの下味に胡椒を使うと、より美味しくなるでしょう。

created by Rinker
ドメーヌ ド ジュ(Domaine de Ju)
¥1,485 (2021/06/14 02:49:10時点 Amazon調べ-詳細)

シャトー・フレイノー ボルドー・シューペリュール

フランスのボルドーに程近い、モンチュッサン村で造られる赤ワインです。

メルロー95% カベルネソーヴィニヨン5%のフルボディタイプの赤ワインで、ガッツリとした肉料理や果実味のあるソースとの相性抜群です。

シャトーのオーナーであるモーラン・エリック氏は、五大シャトーのシャトー・ムートン・ロトシルト、シャトー・ラトゥールなどで修行したワイン造りのスペシャリストです。

特に樽熟成においては絶対的な自信を持っています。仕上がったワインは、色合いが濃く、濃厚な味わいに仕上がります。

カツのほかにもうなぎの蒲焼など、味付けの濃い料理と相性抜群で、ソースをたっぷりとかけたカツと合わせやすいでしょう。

created by Rinker
シャトー・フレイノー
¥1,820 (2021/06/14 02:49:11時点 Amazon調べ-詳細)

シャトー・ラブレ・ロワ シャブリ

シャトー・ラブレ・ロワは、世界中の豪華客船や航空会社に採用実績のあるブルゴーニュのワイナリーです。

100軒以上の契約栽培農家や醸造所に細かい指導を行い、高品質なワインを安定供給しています。

シャブリの白ワインは、独特のキレと酸味のある飲み口が特徴です。豚肉の甘みと相性もよく、特にレモンと塩をかけたトンカツと相性抜群です。

シャトー・ラブレ・ロワ シャブリは、シャブリ特有の芳醇な香りと、すっきりとした酸味が楽しめます。

牡蠣料理や魚料理との相性も良く、魚のカツレツやカキフライに合わせても、美味しくいただけるでしょう。

唐揚げ系の揚げ物に合うワイン

小麦粉や片栗粉を使用する唐揚げ系の揚げ物に合うワインを紹介します。

唐揚げは多くの場合レモンなどの酸味を合わせることがあります。そのため、酸味の効いたワインや、下味のスパイスを連想させるマリアージュを意識して選ぶと良いでしょう。

コノスル ビシクレタ ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタル

オーガニックワインで有名なコルノスが手掛ける白ワインです。

ゲヴュルツトラミネールというブドウ品種は、ドイツ語で「香辛料」を意味します。
その名の通り、ジンジャーや胡椒のようなスパイス感があり、胡椒や生姜を下味に使う唐揚げと似た部分があります。

ゲヴュルツトラミネールに合わせ、胡椒や生姜、クミンなどスパイス感の強い調味料を入れた唐揚げに仕上げると、さらに相性が良くなるでしょう。

コルノスのゲヴュルツトラミネールは、ライチの香りやマスカットの甘み、ドライな飲み口が特徴です。

どこかエキゾチックな味わいがあり、スパイスの効いた唐揚げと相性抜群です。

マルセル・カブリエ クレマン・デュ・ジュラ・ブリュット

シャンパンと同じ製法で仕上げるヴィンテージクレマンのスパークリングワインです。

唐揚げといえば、ビールやハイボールなど、爽やかな炭酸のお酒を想像します。同じようにスパークリングワインを合わせれば、唐揚げの油をさっぱりと洗い流してくれます。

シャルドネ種100%で造られるスパークリングワインは、華やかな香りとフレッシュな果実味、キレのよい後味が楽しめます。

また他のワインと比べて旨味成分が多く含まれているため、唐揚げの旨味と合わせやすいのもポイントです。

さっぱりと唐揚げを食べたい人は、スパークリングワインを選んでみてください。

ビオ マニア オーガニック ドイツ リースリング

有機認証を受けたドイツのリースリングの白ワインです。

リースリングは、レモンやグレープフルーツの香りと、爽やかな酸味が味わえるブドウ品種です。

唐揚げとレモンは定番の組み合わせなので、白ワインを飲むならリースリングを選部と良いでしょう。

有機栽培のリースリングで作られたビオマニアは、フレッシュな酸味とまろやかな果実味が楽しめます。

唐揚げにレモンをかける人は、リースリングの白ワインを選んでみてください。

天ぷら系の揚げ物に合うワイン

小麦粉や卵を使用した衣が特徴的な日本特有の天ぷらに合うワインを紹介します。

天ぷらは、塩や天つゆ、醤油、柑橘類などを合わせる調味料の種類が多く、食材によってかなり繊細に味わいが変わります。そのため味が濃すぎるワインではなく、白ワインやピノ・ノワールなどの軽めの赤ワインを合わせると良いでしょう。

グランポレール 山梨甲州樽発酵

甲州ぶどう発祥の地「勝沼町」で栽培された甲州種ぶどうを使用した白ワインです。

第16回日本ワインコンクールでは、金賞と部門最高賞を受賞し、国内外から注目を集めています。

甲州種は、ソーヴィニヨンブランより酸味は控えめですが、華やかな香りとキリッとした酸味があり、塩で食べる天ぷらと相性抜群です。

グランポレール 山梨甲州樽発酵は、ブドウの収穫を2回に分け、熟度の異なるブドウを絶妙にブレンド。複雑な味わいを実現しています。

公式にも「天ぷらや塩と相性が良い」と記載されており、日本ワインと天ぷらは鉄板の組み合わせだということが分かります。

イエローテイル リースリング

世界各国で売上NO.1を誇るイエローテイルが手掛ける、リースリングの白ワインです。

天ぷらの食材となる白身魚や根菜類には、ミネラルが含まれています。また、天ぷらにはレモンをかけることもあり、フレッシュな酸味も重要なポイントです。

それを満たすのが、ミネラル感とフレッシュさのあるリースリングです。ミネラル感が素材の旨味を引き立て、酸味が衣の油を引き締めてくれます。

イエローテイル リースリングは、ミネラル感の豊富な辛口タイプの白ワインです。

清涼感のある味わいなので、天ぷらを含め、どんな揚げ物にも合わせやすいでしょう。

ラブレ・ロワ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

世界30社以上の航空会社のメニューに採用された実績を持つ、ラブレ・ロワ社が手掛けるピノ・ノワールの赤ワインです。100軒以上の契約栽培農家や醸造所と提携し、高品質なワインを造り続けています。

天ぷらといえば白ワインをイメージしがちですが、軽めの赤ワインも相性抜群です。

ピノ・ノワールは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローよりもタンニンが少なく、ほどよい酸味があります。

そのため、天ぷらの繊細な味わいのを邪魔せず、旨味を上手く引き出してくれます。

ラブレ・ロワ ブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、ラズベリーやサクランボのような果実味と、繊細な香りが楽しめる赤ワインです。

天ぷらだけでなく煮物や刺身にも合わせやすいでしょう。

まとめ

今回は、揚げ物と相性の良いワインの選び方や、おすすめのワインを紹介してきました。

揚げ物とワインの相性は、少し難易度が高いですが、揚げ物の特徴によってワインを選べば、最高のマリアージュが体験できます。

ぜひ本記事を参考に、揚げ物とワインの組み合わせを楽しんでみてくださいね。