迷ったらコレだ!海外ビールのおすすめをまとめて紹介!

国産ビールには様々な種類がありますが、世界規模で見ればほんの一握りです。海外ビールも合わせれば相当数の種類があり、あまり耳にしない銘柄も星の数ほどあります。

そのため「海外ビールを試してみたいけど、種類が多すぎて選べない」といった方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は優柔不断なあなたのために、海外ビールのおすすめ商品を紹介します。選びきれずに困っているという方はぜひ参考にしてください。

海外ビールの種類

ここでは海外ビールの種類を3つ紹介します。どのような種類があるか知り、海外ビールを決める参考にしてください。

まろやか&のどごし「ラガー系」

「ラガー系」は発酵が終わり、タンク下面に沈んだ酵母を使用して造ったビールです。まろやかですっきりとした味わいが特徴といえます。

のどごしを重視してビールを選ぶ方はこのラガー系を選ぶとよいでしょう。国内生産のビールの多くは下面発酵で作られたラガー系ビールですので、日本人には1番なじみ深い種類といえます。

濃厚&芳醇「エール系」

次は上面発酵という製法で造られる「エール系」です。上面発酵は下面発酵よりも歴史が古く、1~20度程度の温度で短時間発酵させる製法となっています。

イギリスやベルギーといったヨーロッパで人気のある種類で、フルーティーな香りが大きな特徴です。風味は濃厚で飲みごたえがあるため、ラガー系のようにグビグビ飲み進めるよりも時間をかけてゆっくりと飲むのに適しています。

個性派「自然発酵系」

「自然発酵」は野生の酵母を使用して造るビールです。現在のビールは醸造用に培養された酵母を使用して造られています。

しかし、培養技術がない時代には空気や土といった自然の酵母を使用してビールを製造していました。自然発酵で造られたビールは下面発酵や上面発酵のビールにはない、独特の酸味と香りがあります。

現在でも稀有ながら自然発酵のビールは造られており、その代表的な銘柄はベルギーの「ランビック」です。

海外ビールの選び方

海外ビールは様々な種類や銘柄があり、自分好みの1本を見つけるのは簡単ではありません。そこでおすすめの海外ビールの選び方を5つ紹介します。

国や地域から選ぶ

最初は国や地域から選びましょう。海外ビールにはドイツやベルギーなど国によって様々なビールがあります。

国や地域によってある程度の特徴は決まっていることが多いです。これは食文化や経済発展に背景にある場合が多く、人とお酒の歴史的な繋がりも感じられます。それぞれの特徴を理解した上で海外ビールを選ぶとよいでしょう。

とはいえ、地域を選んだとしてもまだまだ多くの種類があります。

ドイツはビールの本場として有名ですが、ドイツビールだけでも6,000種類以上があり、全てを試すのは現実的ではありません。傾向があるとはいえ、国や地域を選んだ後は少しずつ飲み進め、お気に入りの銘柄を見つけていきましょう。

味わいから選ぶ

実際に海外ビールを飲み比べながら、味わいで選ぶという方法もあります。酵母や発酵、醸造方法によってビールの味わいは異なるため、それぞれを確認しながら選ぶ必要があります。ただしその種類が膨大であり、飲みすぎには注意してください。

香りから選ぶ

酵母や発酵、醸造方法によって香りも変化します。特にエール系のビールは香りが高く、自然発酵のビールは独特の香りがあるため、自分にあった香りを選ぶ方法もおもしろいです。

特に食べ物と一緒にビールを飲む際は、香りが合わないとせっかくの食事が台無しです。人間の味覚の95%は「鼻」で感じていると言われるぐらいなので、自分に合う香りを知ることはかなり重要でしょう。

価格で選ぶ

価格も海外ビールを選ぶうえで欠かせない要素です。せっかく自分に合うビールが見つかったとしても、高価なものであれば普段買いは難しいでしょう。

高いビールは晩酌など普段飲みではなく、特別な日に嗜むものといえます。普段飲みには価格が安くコスパが良いものを、自分へのご褒美には高価なものをといったように、選び分けをするとよいでしょう。

ビールの色味

ビールの色味も重要なポイントの1つです。色味は大きく淡色と中濃色、濃色の3つに分かれます。ビールの色味は製造時の麦芽の溶け出しや焙煎の加減で大きく変わります。

色味が濃くなるほどコクが深まり、香ばしいキャラメル風味に変貌していくのが特徴です。
そのためコクが深いビールが良いという場合には、色味の濃いものを選ぶようにしましょう。

おすすめの海外ビール

ここからはおすすめの海外ビールを紹介します。ぜひそれぞれの特徴を参考に、海外ビール選びの足掛かりにしてください!

「ドライにキリっと」飲みたいならコレだ!ラーデベルガー ピルスナー

ドライにキリっと飲みたいのであれば「ラーデベルガー ピルスナー」がおすすめです。ドイツではじめて醸造され、古い歴史を持つビールです。ピルスナービールの中では最高クラスともいわれています。

ドイツ初代首相で鉄血宰相との異名を持つオットー・フォン・ビスマルクも愛飲したといわれ、王室にも御用達されるほど由緒あるビールです。苦みも強く、苦みの数値であるIBU値は33と、日本のアサヒスーパードライの約2倍を誇っています。

created by Rinker
ラーデベルガー
¥1,010 (2021/06/13 16:35:47時点 Amazon調べ-詳細)

「ホップの苦み」が好きならコレだ!ピルスナーウルケル

ホップの苦味が好きな方にはチェコで造られている「ピルスナーウルケル」がおすすめです。日本の国産ビールのほとんどがピルスナータイプですが、日本ビールよりも色が濃くホップの苦味があります。

そのため「日本ビールが飽きてきた」「もっとホップの苦味を味わいたい」といった方にはピッタリの銘柄です。

created by Rinker
ピルスナーウルケル
¥2,980 (2021/06/13 19:36:45時点 Amazon調べ-詳細)

「フルーティー」な味わいならコレだ!ヒューガルデン ホワイト

フルーティーな味わいのビールを飲みたいなら「ヒューガルデン ホワイト」が良いでしょう。「ヒューガルデンホワイト」とはベルギービールの商品で、フルーティーな甘みとほろ苦さ、スパイシーさのバランスが取れた人気の白ビールです。

フルーティーかつすっきりとした味わいなので、ドライビールが苦手な方やベルギービール初心者の方にはおすすめの銘柄といえます。

「黒ビール」の焙煎感が好きならコレだ!ライオンスタウト

黒ビールの焙煎感が好きな方には「ライオンスタウト」がおすすめです。世界的なビール評論家マイケル・ジャクソン氏が絶賛したビールでもあります。

麦をローストした濃い苦みとコク深さが特徴的で、モカチョコらしさのある柔らかい味わいに仕上がっており、焙煎感を楽しめるビールです。黒ビールに興味がある方はぜひ試してみてください。

created by Rinker
ライオン(Lion Beer)
¥6,990 (2021/06/13 19:36:46時点 Amazon調べ-詳細)

「香りを楽しみたい」ならコレだ!シメイ

香りを楽しみたい方はベルギーのトラピストビールの代表格ともいわれている「シメイ」がおすすめです。シメイビールはレッドやホワイトなどの種類がありますが、中でもブルーは特に人気の高い銘柄となっています。

キャラメルのような香ばしさと柑橘系のフルーティーな香りを楽しめるのが特徴で、年ごとに味わいが変化する面白いビールです。ただしアルコール度数は9%と少し高めなので、普通のビールの感覚で飲まないよう注意しましょう。

created by Rinker
シメイ
¥4,099 (2021/06/13 19:36:46時点 Amazon調べ-詳細)

「甘くて飲みやすい」ならコレだ!タスカー

甘くて飲みやすい海外ビールなら「タスカー」がおすすめです。原産国のケニアだけでなく世界中のビール好きに愛されています。

ドライさにコーンスターチの甘味がプラスされており、飲みやすいビールに仕上がっているのが特徴です。甘さだけでなく、のどごしに爽やかさもあり、暑い夏の夜に飲むには最適な銘柄といえるでしょう。

created by Rinker
ケニア・ブリュワリー
¥11,460 (2021/06/14 01:38:03時点 Amazon調べ-詳細)

「麦を味わいたい」ならコレだ!グロスバルサ

麦本来のうまみを味わいたい方はベルギービールの「グロスバルサ」がおすすめです。麦を主な原料として作られたホワイトビールで、麦の味わいをしっかりと楽しめる銘柄となっており、ビールの本質的な味わいを楽しめる種類といえるでしょう。

「ドライなビールが苦手」ならコレだ!ペローニ ナストロアズーロ

ドライなビールが苦手という方は「ペローニ ナストロアズーロ」がおすすめです。1963年にイタリアで生まれたプレミアムビールで、苦みや甘み、スパイシーな香りがバランスよく混じり合い、深い味わいに仕上がっています。

キレの良いすっきりとした後味も特徴で、食事に合うビールを探している方はペローニ ナストロアズーロがおすすめです。

「レアなビールを堪能したい」ならコレだ!ペールエール.394

レアなビールを堪能したい方には「ペールエール.394」がおすすめです。エールスミスで作られているビールの中ではなかなか出会えないことから、レアビールとも呼ばれています。

年間打率.394の記録を残し、世界一となった野球選手トニー・グウィン氏をリスペクトして作られました。ホップの苦みと麦の甘みを楽しめるのが特徴で、安定した味わいに仕上がっており、飽きずに最後まで飲み干せるでしょう。

まとめ

優柔不断の人ために海外ビールの概要に触れながらおすすめの商品を紹介しました。日本ではラガー系ビールが一般的ですが、ビールにもエール系や自然発酵などの種類があります。

また国や地域によっても様々なビールがあり、同じ種類のビールでも味わいや香り大きく異なります。そのため、どの海外ビールが自分に合うのかが分からず、優柔不断になりがちです。

味わいや香り、コスパなどのさまざまな観点から飲み比べることで、自分に合うビールと出会えるでしょう。ぜひ様々な銘柄にチャレンジしてビールへの造詣を深めてみてください!