お酒の品質を決める「テロワール」とは?

ワインの味わいや香りを左右する「テロワール」。最近では、日本酒やウイスキーなど他の酒類でも使われるようにもなってきています。

なんとなく聞いたことはあるけど、詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ワインのテロワールについて詳しく解説します。

お酒の知識を深めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

テロワールとは?

テロワールとは、ぶどう畑の生育環境を指します。

フランス語の「terre(土地)」から生まれた言葉で、ぶどうの生育地の環境や土壌、気候などを表す言葉です。概念的な要素もあり、捉える範囲が多少異なりますが、一般的な要素を紹介します。

一般的にテロワールを左右する要素としては、

・土壌
・日照
・気温
・降水量
・風向き、風の強さ
・霧が出るか
・周辺に育つ植物

などです。他にも月の動きや精霊的なスピリチュアルな要素を追求する場合もあります。

これらのテロワールが、ぶどうの香りや味わいが変え、ワインの仕上がりに影響します。

例えば、フランスのブルゴーニュでは地殻変動や気候の変化により、土壌の状態が変化してきました。そのため「数メートル離れたぶどう畑でもワインの仕上がりが違う」といわれています。

最近では、ぶどうの造り手もテロワールの要素に加えられ、要素の定義も変化しつつあります。

このようにワインは、テロワールに大きな影響を受けているのです。

テロワールを決定する3つの大要素

テロワールを決定する要素は大きく分けて3つに分類されます。

・土壌
・地域
・気候

これらはテロワールに欠かせない要素で、ワインの仕上がりに大きく影響します。

土壌

ぶどうの木は、土壌の栄養素を吸収しながら成長します。土壌の状態が良ければ、品質の高いぶどうが収穫できるというわけです。

そしてぶどうは、痩せた土地ほどよく育つといわれています。ぶどうは水分が不足すると栄養素を果実の中に蓄えます。その結果、実は小さくなり糖度が上昇していくのです。

とはいえ、まったく水がない状態では枯れてしまうため、造り手の技術に大きく左右されます。

ぶどうで代表的な土壌としては、石灰質や変成岩、花崗岩など痩せた土壌が人気です。

土壌はぶどうの生育に、最も影響を与える要素といってもいいでしょう。

地域

同じ品種でも地域が違うだけで、全く別のワインになります。

例えば、フランスのコート・デュ・ローヌが原産のシラー種は、胡椒やシナモンのようなスパイス感と、しっかりとした酸味があるぶどう品種です。
一方、オーストラリアで栽培されたシラーズ種は、スパイス感と濃厚な果実味があり、カシスのようなニュアンスを感じ取れます。

このように国が違うだけで、全く違う味わいになるんです。これは気候や土壌だけでなく、樽の種類や造り手の影響も関係しています。

気になる人は、同じ品種のワインを国ごとに飲み比べてみると面白いかもしれませんね。

気候

気候もぶどう栽培に大きな影響を与えます。

気候にはいくつか種類があり、

気候特徴
大陸性気候気温差が大きく四季がはっきりしている。ブルゴーニュやドイツ、アルゼンチンなど
海洋性気候海から温暖な風が吹き寒暖差も少ない気候:ボルドーやチリ、ニュージーランドなど
地中海性気候年間を通して温暖で日照量が多い。スペインやイタリアアメリカなど
このように国や地域によって気候が異なります。

そのためぶどうの造り手は、気候を熟知した上で栽培を行わなければなりません。

ワインはテロワールの影響を受けやすい

ワインは、お酒の中でも特にテロワールの影響を受けやすいといわれています。

なぜなら、日本酒やビールの原料である米や麦は、そのまま発酵できないからです。原料を酵母で糖分に変化させ、その糖分をアルコールとして発酵するため、段階を踏んだ工程が必要です。

しかしワインは、ぶどうの糖分をそのままアルコール発酵させます。そのため、ぶどうの出来によってワインの味わいや香りが変わってくるのです。

このように、ワインは最もテロワールの影響を受けやすいお酒といえるでしょう。

テロワールの影響を受けやすいぶどう品種とは?

ぶどうによって、テロワールの特に影響を受けやすいものと受けにくいものがあります。

そこで、テロワールの影響を受けやすいぶどう品種を紹介します。

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールはフランスのブルゴーニュ地方が原産の黒ぶどう品種です。

繊細な口当たりと華やかな香りがあり、ロマネコンティなどの高級ワインにも使われています。

「気まぐれ」「繊細」といわれるほど栽培が難しく、かつては「ブルゴーニュ以外では栽培できない」とまでささやかれていました。

現在は、アメリカのカリフォルニアやニュージーランドでも栽培されています。

ブルゴーニュのピノ・ノワールは繊細で上品な印象ですが、アメリカやニュージーランドでは果実味のあふれるフルーティーな味わいに仕上がります。

シャルドネ

シャルドネは「白ワインの女王」と呼ばれる白ぶどう品種です。

環境への順応性が高く、世界各国で栽培されています。シャルドネは個性が少ない品種のため、テロワールの影響を受けやすいです。

冷涼な地域では酸味のあるキリッとした辛口の白ワイン、温暖な地域ではフルーティーで濃厚な果実味のある白ワインに仕上がります。

世界各国のシャルドネを飲み比べると、その違いに驚くはずです。

リースリング

リースリングは、ドイツやフランスのアルザス地方で栽培されている白ぶどう品種です。

「気位が高く繊細」ともいわれ、極甘口から辛口まで、その多彩さはワイン用ぶどうの中でも群を抜いています。

花の香りやスパイス感だけでなく、土壌本来の香りも感じ取れる品種です。

リースリングが有名なドイツは、変成岩土壌で水はけがよく、ほどよい酸味の白ワインに仕上がります。

アルザス地方は、粘土石灰質土壌で冷涼な気候であることから、芳醇な香りの柔らかい白ワインとなります。

どんなワインにも変化するリースリングは、テロワールに最も影響を受ける白ぶどう品種といってもいいでしょう。

日本酒やウイスキーもテロワールを意識している

テロワールの影響を受けるのはワインだけではありません。

最近は、日本酒やウイスキーもテロワールを意識して生産されています。

日本酒は、その土地で栽培された酒米を使用し、個性を生かした酒造りを行っています。

特に日本酒に使われる水は、日本酒の仕上がりを大きく左右するもの。日本酒の半分は水で造られているため、良質な水が湧き出る地域では美味しい日本酒ができます。

一方、ウイスキー業界でもテロワールを重視する動きが出ています。

スコットランドのアイラ島にあるブルックラディ蒸溜所では、ウイスキーにテロワールを持ち込み、革命を起こしました。

世界的に有名なスコッチウイスキーですが、原料の多くは外国産の大麦を使っていたといいます。

そこでブルックラディ蒸溜所は、アイラ産の大麦を使用することに決めます。それだけでなく、古代品種も活用し、多種多様なウイスキーを生み出し続けているんです。

その結果、ウイスキーもテロワールの影響を受けることがわかり、ウイスキー業界でもテロワールについて関心が高まってきました。

まとめ

今回はワインのテロワールについて解説してきました。

土壌や地域、気候だけでなく、造り手の技術もワインに反映されます。

テロワールが気になる人は、同じぶどう品種のワインを地域ごとに飲み比べてみると面白いかもしれませんね。