いまさら、聞けない「生」ビールを解説!

ビールはスーパーやコンビニなどで気軽に購入できるお酒ですが、よく見てみると「生」と書かれているものがあります。「生」と書かれているほうが美味しそうに思えるかもしれませんが、実際はどういう意味なのでしょうか。

そこで今回は、生ビールの基本情報や主な銘柄について紹介します。「生」について知ることで、いつものビールがさらに美味しく感じられるかもしれません。

ビールと生ビールには違いがある

ビールと生ビール、どちらも同じように思えるかもしれませんが、実は違いがあります。入手しやすいお酒だからこそ、この機会にビールと生ビールの違いを学んでみましょう。

そもそもビールの作り方って?

ビールと生ビールの違いを説明する上では、製造方法を知っておく必要があります。

簡単に説明すると、主な原料である麦芽・ホップ・水を仕込んで発酵させ、貯酒室で熟成し、ろ過して完成です。

ただ、ビールによっては主原料とは別に副原料を入れて個性を出すこともあります。例として「水曜日のネコ」というビールには、コリアンダーシードやオレンジピールが入っています。

ろ過で「生」かどうか変わる

ビールと生ビールの違いが生まれるポイント、それは製造方法の後半部分にあるろ過です。

ろ過の工程では、銘柄によって熱処理する方法があります。熱処理することで酵母を取り除いて保存性が高まりやすくなりますが、「生ビール」ではなく「ビール」という表記になります。

一方、熱処理をしていなければ生ビールです。ここまでだと生ビールは衛生的に不安なイメージがあるかもしれませんが、現在では熱処理しなくても酵母を取り除くことが可能です。そのため、日本ではほとんどのビールが生ビールとなります。

熱処理されている主な銘柄とは?

日本ではほとんどのビールが熱処理されていませんが、なかには今なお熱処理を行っているビールもあります。一体どのような銘柄なのでしょうか。

当時の製法を守る「キリンクラシックラガー」

「キリンクラシックラガー」は、1965年頃の味を守るために当時と同じ熱処理を用いて製造しています。昔からの「キリンクラシックラガー」ファンもいます。
熱処理を行っているビールの定番ともされていることから、まずはここからデビューしてみるのもいいかもしれません。

「キリンクラシックラガー」の原材料は、麦芽・ホップ・米・コーン・スターチの5種類。「米が入っているの!?」と思うかもしれませんが、ビールにおいて米はよく使われる原材料です。

「キリンクラシックラガー」は、他のビールと比べると苦味が強いビールです。ただ、苦味だけではなく、コクや旨味も感じられるでしょう。生ビールとは違った飲み口を楽しんでみてください。

created by Rinker
キリン クラシックラガー
¥2,420 (2021/08/05 08:47:06時点 Amazon調べ-詳細)

日本最古のビール「サッポロラガービール」

赤星とも呼ばれる「サッポロラガービール」は、日本最古のビールでもある銘柄です。ラベルの赤い星は開拓使のシンボルである北極星であり、誕生当初からずっと用いられています。

原材料は麦芽・ホップ・米・コーン・スターチで、「キリンクラシックラガー」と同じです。熱処理をしている影響で厚みのある味が特徴であり、こちらも昔からビール好きに愛されています。

created by Rinker
サッポロラガービール
¥5,396 (2021/08/05 08:47:07時点 Amazon調べ-詳細)

濃厚な味わいが魅力「アサヒスタウト」

「アサヒスタウト」は、名前からわかるようにスタウトに属するビールです。1935年4月から販売されており、スタウトらしく真っ黒な色が特徴です。苦味が強いながらも、酸味も多い味であり、有名なビール評論家も高く評価しています。

ちなみにスタウトというのは、ポーターというロンドンのパブで考案された種類を改良したものです。強いコクが特徴であり、有名な銘柄として「ドラフトギネス」が挙げられます。

created by Rinker
アサヒ
¥400 (2021/08/05 05:38:51時点 Amazon調べ-詳細)

生ビールの主な銘柄とは?

生ビールは数多くの銘柄があり、すべて紹介するのは難しいことです。そこで、日本で有名な生ビールを5つピックアップして紹介します。どれもよく販売されている銘柄であるため、気軽に購入できるでしょう。

辛口といえば「アサヒスーパードライ」

「アサヒスーパードライ」は日本で初めての辛口ビールとして誕生した銘柄で、辛口と聞くと「アサヒスーパードライ」が浮かぶ方も多いでしょう。近年では、「アサヒスーパードライ」の生ジョッキ缶があまりにも売れすぎて出荷停止となったニュースで注目を集めました。

「アサヒスーパードライ」は、キレとのどごしを重視しています。そのため、爽快感を求める方にぴったりな存在です。もし「アサヒスーパードライ」を飲むのであれば、ちびちび飲むのではなく豪快に飲んだほうが楽しめるでしょう。

created by Rinker
スーパードライ
¥4,445 (2021/08/05 08:47:07時点 Amazon調べ-詳細)

プレミアムビールといえば「ザ・プレミアム・モルツ」

原料や醸造方法に何らかのこだわりを持たせているプレミアムビールですが、その中でも代表的な存在がサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」です。
プレミアムビールのブームを引き起こしたきっかけでもあり、人気も高い銘柄です。また、「ザ・プレミアム・モルツ」を略してプレモルと呼ばれることもあります。

「ザ・プレミアム・モルツ」では、高品質のアロマホップや天然水などこだわりの原材料を使用。そのおかげで、しっかりとホップの香りが感じられるような生ビールとなっています。

味はキレと苦味が少し強いですが、深いコクも感じられるでしょう。泡のきめ細やかさも「ザ・プレミアム・モルツ」の魅力であり、泡を生み出すための専用サーバーも販売されています。

created by Rinker
ザ・プレミアム・モルツ
¥4,888 (2021/08/05 10:20:58時点 Amazon調べ-詳細)

完璧にこだわる「サッポロ生ビール黒ラベル」

「サッポロ生ビール黒ラベル」は、サッポロビールの「選りすぐりの原料だけで美味しいビールを造る」という信念のもとで生まれた生ビールです。「サッポロラガービール」が赤い星であったのに対し、「サッポロ生ビール黒ラベル」は黄色い星が目印です。

「サッポロ生ビール黒ラベル」は、完璧な生ビールを目指して製造されてきました。例えば原材料である麦芽は、ビールの風味を劣化させる成分を持たない大麦を使用。味や香りを新鮮に保つだけではなく、泡持ちの良さまで向上させました。

「サッポロ生ビール黒ラベル」の味としては、キレとコク、そして苦味の3つが特徴です。とはいっても、どれか1つが強調しすぎることはありません。3つともバランス良く感じられる上に、穀物ならではの旨味も感じられるでしょう。

created by Rinker
黒ラベル
¥4,452 (2021/08/05 05:38:51時点 Amazon調べ-詳細)

蘇ったビール「ヱビスビール」

最後に紹介する「ヱビスビール」は1890年に誕生したものの、戦争の影響で消滅してしまいました。しかし、1971年に復活し、現在では日本のビールを語る上では外せない存在になりました。

「ヱビスビール」は、コクと苦味が特徴的な生ビールです。その上、ホップの豊かな香りも感じられることから、ビールの王道としても評価されています。

created by Rinker
ヱビスビール
¥4,760 (2021/08/05 10:20:58時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、生ビールの基本情報や主な銘柄について紹介しました。

ビールと生ビールにはきちんと違いがあり、それぞれの商品も販売されています。

そのため、もし機会があれば双方のビールを購入して飲み比べてみてはどうでしょうか。