大人なスイーツ「ウイスキーボンボン」とは?おすすめや飲酒運転などを解説

洋酒入りのチョコレートの「ウイスキーボンボン」。ちょっと大人なお菓子で、贅沢な気分を味わえますよね。

そんなウイスキーボンボンですが、どんなお菓子なのか?本当にアルコールが入っているのか?気になりますよね。

そこで今回は、ウイスキーボンボンの特徴やアルコール度数、おすすめの商品を紹介します。

ウイスキーボンボンについて知りたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウイスキーボンボンとは?

ウイスキーボンボンとは、洋酒入りのチョコレート菓子のひとつです。

砂糖を主原料とした殻でウイスキーを包み込み、チョコレートでコーディングしてあります。

「ボンボン」という名前の由来は、フランス語で「いい」「美味しい」を意味する「ボン(bon)」からきています。

そこから、砂糖でコーティングしたフルーツやナッツもボンボンと呼ばれるように。その後、ウイスキーなどのお酒をコーティングしたものも、ウイスキーボンボンと呼ぶようになったのです。

ウイスキーボンボンの歴史

ウイスキーボンボンは日本で生まれたお菓子です。

1923年、ロシアから日本に亡命したゴンチャロフ氏がチョコレート専門店を開業します。

彼はロマノフ王朝時代に菓子職人として活躍し、チョコレート製造に長けていました。そして、その技術を活かし、ウイスキーボンボンを開発したのです。

今でも神戸にはゴンチャロフ製菓があり、複数店舗を経営しています。創業当時の看板メニューであるウイスキーボンボンを始め、さまざまなお菓子を販売。神戸を訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

ウイスキーボンボンの作り方

高級な洋菓子であるウイスキーボンボンですが、実はご家庭でも簡単に作れます。

そこでウイスキーボンボンの簡単なレシピを紹介します。

【材料】
・お好みのチョコレート 150g
・お好みのウイスキー 20g
・水あめ 30g

【手順】
1. チョコレートを細かく刻む
2. チョコレート2/3を湯煎で溶かす
3. 型にチョコレートを入れて冷やす
4. 水飴とウイスキーを混ぜて湯煎で柔らかくする
5. 型に4を流し入れ冷やす
6. チョコレート1/3を湯煎で溶かす
7. クッキングシートにチョコレートを広げる
8. シートを型の上にのせて蓋をする
9. シートのチョコレートを型に沿って形成する
10. 冷えたら2つを合体させて完成

ウイスキーのシロップをチョコレートでコーティングするだけなので、型はお好みの形で問題ありません。

また、シンプルなレシピなので、中に入れるウイスキーや使用するチョコレートに応じて、ナッツやドライフルーツなどを入れてアレンジしてみてもおもしろいかもしれません。

▼ウイスキーボンボンにおすすめのウイスキー

created by Rinker
Glenmorangie(グレンモーレンジィ)
¥3,979 (2021/08/05 16:25:42時点 Amazon調べ-詳細)

ウイスキーボンボンは本物のお酒が入っている?

ウイスキーボンボンには、アルコールが含まれているのか気になりますよね。

そこでウイスキーボンボンのアルコール度数と、飲酒運転や子供の飲食について解説します。

飲酒運転になる?

ウイスキーボンボンのアルコール度数は2~3%です。

そのためウイスキーボンボンを食べると飲酒運転になる可能性があります。

国税庁では、「法律上のアルコールが含まれるチョコレートは種類に該当しない」と定めています。

しかし、ウイスキーボンボンには少量のアルコールが含まれており、食べすぎると酒気帯び運転になる場合も。

特にお酒の弱い人は、分解に時間がかかるため、ウイスキーボンボンを食べた際の運転は控えた方がいいでしょう。

子供が食べても大丈夫?

子供がウイスキーボンボンを食べても法律上、問題はありません。

酒税法ではアルコール飲料に該当しないため、誰でも食べることができます。

しかしアルコールが含まれているのは事実です。子供の体に悪影響を及ぼす危険性もあります。

そのため、子供に食べさせるのは控えておきましょう。

おすすめのウイスキーボンボン

最後におすすめのウイスキーボンボンを紹介します。

ウイスキーボンボン/モロゾフ

日本の老舗チョコレートメーカー「モロゾフ」が手掛けるウイスキーボンボンです。

1931年に創業したモロゾフは、「バレンタインデーにチョコレートを贈る」というスタイルを、日本で初めて提案した会社として知られています。

ウイスキーボンボンは創業から人気のアイテム。スコッチウイスキーを贅沢に使用し、高級感のある仕上がりを実現しています。

大切な人への贈り物や、自分へのご褒美に購入してみてはいかがでしょうか。

 

リカーアソート/Anthon Berg(アンソンバーグ)

デンマークのチョコレートメーカー「Anthon Berg(アンソンバーグ)」が手掛けるチョコレートボンボンです。

同社はデンマーク王室御用達のチョコレートブランド。高品質のカカオ豆を使用し、伝統的な製法でチョコレートを作り続けています。

リカーアソートは、砂糖でコーティングをせず、チョコレートにそのままリキュールを入れた商品です。

包紙はお酒のボトルを表しており、見た目にも楽しめるのがポイント。甘さが控えめなので、お酒が好きな人への贈り物にしてみてはいかがでしょうか。

生チョコレイト ウィスキー入り/ギフト&グルメ北海道

札幌のススキノにある「THE NIKKA BAR」で提供されている竹鶴ピュアモルトを使用した生チョコレートです。

竹鶴の重厚感溢れる味わいとスモーキーさが、生チョコレートと絶妙にマッチ。ウイスキー のおつまみとしても活躍してくれます。

ホットウイスキーと合わせれば、さらに濃厚な口溶けが楽しめます。

男性への贈り物やホワイトデーのお返しとして人気です。

チョコレート ジャックダニエル/Goldkenn(ゴールドケン)

スイスの老舗チョコレートメーカー「Goldkenn(ゴールドケン)」が手掛けるウイスキーボンボンです。

世界各国の主要空港で定番商品となっているGoldkenn(ゴールドケン)。世界中で愛されているブランドです。

こちらの商品は、ジャックダニエルのドライな口当たりとほろ苦さを味わえるチョコレート菓子。甘さ控えめにするためにトリュフを使用し、大人の味わいに仕上げています。

ほろ苦さが好きな人におすすめのチョコレートボンボンです。

 

大人の洋酒チョコレート/名糖産業

愛知の菓子メーカー「名糖産業」が手掛ける洋酒入りのチョコレートです。

大人の洋酒チョコレートは、ブランデー、ラム、ワインの3種類の洋酒が楽しめる贅沢な商品です。

ブランデー はメルシャン株式会社の「V.S.O」、ラムはメルシャン株式会社の「高級ラム酒」、赤ワインは「カベルネ・ソーヴィニヨン種」を使用。贅沢な仕上がりとなっています。

いろんなお酒のウイスキーボンボンを試したい人におすすめです。

created by Rinker
名糖産業
¥540 (2021/08/05 13:41:32時点 Amazon調べ-詳細)

泡盛ボンボン/(有)アナナスフーズ

泡盛が入った日本ならではのウイスキーボンボンです。

泡盛の古酒を使用しているため、未成年の飲食や車の運転は禁止。そのくらいアルコール度数が高く、大人なウイスキーボンボンだとわかりますね。

泡盛のしっかりとした味わいにチョコレートの甘さが溶け合います。泡盛の量も多く、一口で食べないと溢れてしまうほどです。

焼酎好きの人への贈り物にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はウイスキーボンボンの特徴やアルコール度数、おすすめの商品を紹介してきました。

大人の贅沢なお菓子として人気のウイスキーボンボン。頑張った自分へのご褒美に、大切な人への贈り物にぴったりのチョコレート菓子です。

それでは本記事を参考に、ウイスキーボンボンの魅力に触れてみてくださいね。