泡は?ラベルは?ビールの基本の注ぎ方をおさらい

社会人の方は、上司や取引先の人の会食をする機会も多いかと思います。目上の人に気持ちよく食事をしてもらうために、飲み会のマナーを理解しておきたいですよね。

特に宴会の席が多いビジネスマンの方には、必須のスキルと言ってもいいでしょう。

そこで今回は、飲み会でのビールの注ぎ方や注がれ方のマナー、注意点を解説していきます。これから飲み会を控えてるビジネスマンは参考にしてみてください。

ビールの注ぎ方のマナー

まずは最も注意すべき「ビールの注ぎ方」について解説をしていきます。注ぎ方ひとつで印象が大きく違ってきますので、チェックしておきましょう。

ビールを注ぐタイミングは?

乾杯の前はもちろんですが、飲み会の最中に相手のグラスが空きそうなら、まず「ビールいかがですか?」と一声かけましょう。グラスにビールが残っている状態で注ぎ足されたくないという人や、次はビール以外の飲み物を飲みたいという人もいます。

またグラスが空いた状態が続かないように気を配っておいてください。「もう一杯いかがですか?」「次は何を飲まれますか?」など声をかけると気遣いができる人だと思われます。

無言でビールを注ぐのは、相手にも迷惑になっている可能性があるので注意してくださいね。

ビール瓶の持ち方

ビール瓶は両手で持ち、ラベルが相手に見えるようにして持ちます。相手にビールの銘柄を理解しながら飲んでもらうという意味合いがあります。緊張してラベルが裏になってしまわないように注意してください。

注ぎ方のコツ

ビールを注ぐ時はまず高いところから一気に注ぎ、徐々に勢いを落としながらゆっくりと注いでいきます。泡の量はコップの3割程度が適量とされているので、意識しながら注ぎましょう。

グラスに瓶が触れないようにする

グラスにビールを注ぐ際、瓶とグラスが当たるのはNGな行為です。理由は瓶の香りや味が残ってしまうから。なるべく左手を添えるなどして瓶が当たらないようにしましょう。

ビールの注がれ方のマナー

ビールを注ぐこともあれば、注がれることもあります。基本的に注がれる際は「いただきます」と一言添えてグラスを差し出します。グラスは傾けるのがマナーと思われがちですが、最初は平行に、溢れそうになった時に傾けるのが正しい注がれ方です。

またグラスは両手で持ち、右手はそっとグラスを支え、左手はグラスの底に添える程度で問題ありません。

上司との飲み会に使えるマナー

飲み会ではビールの注ぎ方だけでなく、色んな場面で気を遣わなければなりません。そこで上司との飲み会に使えるマナーをいくつか紹介していきます。

乾杯の時はグラスを少し下げる

自分より目上の人と乾杯をする際は、グラスを気持ち下げましょう。上司よりグラスの位置が高いと失礼にあたります。しかし下げすぎるのも不自然なので、1〜2㎝ほど下で乾杯するぐらいがいいでしょう。

上司から注いでもらったお酒は一口飲んでからテーブルに置く

上司からお酒を注いでもらう場面もあるかと思います。そういった時は「ありがとうございます」「いただきます」と言いながら注いでもらいましょう。

またお酌をしてもらったお酒は、一口飲んでからテーブルに置くのがマナーです。飲まずにテーブルに置いてしまうと「俺のお酒が飲めないのか」と怒らせてしまう可能性があります。

可能なら最初の1杯目はビール

お酒が飲めない人はソフトドリンクで問題ありませんが、お酒が飲める人なら最初を1杯目はビールを頼んでおきましょう。上司や取引先との飲み会では、まずビールから飲むことが多いかと思います。

全員ビールなのに、自分だけカクテルを頼んでしまうと不自然な感じになってしまいます。もちろんビールが苦手な人は「飲めないんです」「お酒が苦手で」と一言伝えて、他のドリンクを頼んでも構いません。

無理だけはしないように、楽しくお酒を飲みましょう。

翌日にお礼を言う

上司や取引先の人と飲みに行った翌日は、必ずお礼を言いましょう。上司が近くにいるなら「昨日はありがとうございました」と一言伝えるだけで構いません。それ以外はメールで伝えるものOKです。

「あんなにお酒の種類が豊富なお店に行ったのは初めてです」「もつ鍋が絶品でした」など上司が少し嬉しくなるような一言も添えておくと、次からも誘ってもらいやすくなります。

下座を確保してお酒を注文しやすくしておく

上司と飲み会に行く際は、自分が下座になるように席を確保しましょう。下座にいればお酒の注文や料理の受け取りがしやすくなります。

なるべく上司に注文や料理の受け取りをさせないように注意してください。

一番大切なのは楽しそうに飲むこと

ビールの注ぎ方などのマナーも大切ですが、気にしすぎると楽しい飲み会にはなりません。部下がつまらなそうだと、上司は「楽しくないのかな」を感じてしまいます。

最低限のマナーを押さえつつ、笑顔で上司と会話をすることが最も大切なポイントと言えるでしょう。

関連記事一覧