夏におすすめな日本酒!すっきり飲める銘酒を紹介

日は長くなり季節はどんどん夏に近づいていますね!
ビアガーデンでビールもいいですが、せっかくなので夏限定で楽しめる日本酒も味わっておきたいところです。

今回は夏に飲んでおきたい日本酒をピックアップ!
すっきり飲めるおすすめの銘柄を大紹介したいと思います!

夏の日本酒

日本に四季があるのと同様に、日本酒にもまた四季が存在します。
冬は「しぼりたて」、春は「うすにごり」、秋は「ひやおろし」…そして夏は「夏酒」です!

夏に出回る日本酒は俗に「夏酒」と言われることもありますが、「夏酒」にはこれといった定義はありません。

そもそも「夏酒」は、日本酒の売り上げが落ち込んでしまう夏場に売り上げを上げようと、日本酒業界が販促活動として打ち出した策だったそうです。

それぞれの蔵元が「暑い夏でも飲みたいと思えるお酒」をコンセプトに、蔵独自の夏酒が次々と投入されるようになりました。夏でもすいすいと飲めてしまう日本酒がたくさん出回るようになったことで、夏の時期しか味わえない商品も生み出されるようになりました!

夏場はのどが渇きやすいこともあり、アルコール低めの商品が多い傾向にあります。そのため、日本酒をまだ飲んだことがない初心者の方でも気軽に味わうことができます。

ビジュアル

夏酒として出回っている商品はどれも清涼感あふれる見た目のものばかり!
スイカや金魚などの夏の風物詩をラベルにデザインしたり、ボトルの色自体を透明や青色にするなど…暑苦しさを感じさせないように趣向を凝らした商品が多く並んでいます。

また商品名に「夏」「冷」「氷」「涼」といったワードが入れられることも多く、名前から清涼感を感じさせるという工夫も施されています。

夏酒のタイプ

ひとくちに「夏酒」といってもさまざまな種類が存在しています。
お米の栄養が凝縮されたにごり酒タイプ、火入れを行なっていないフレッシュな生酒タイプ、瓶詰後に炭酸ガスが生まれる微発泡タイプ、酸味の効いた白ワインタイプなどなど!自分好みの味わいからチョイスすることが可能です。

上記のタイプ以外にも個性を持ったテイストがたくさんあるので、ひと夏で飽きが来ないのも嬉しいポイントですね♪

飲み方

次に種類別で夏におすすめの飲み方を紹介していきます。

オンザロック

夏場、原酒をゲットしたらぜひ試していただきたいのがオンザロック!使う氷は大きいものが良く、ゆっくり時間をかけて凍らせた氷は溶けにくいのでおすすめです。

凍結酒

日本酒を凍らせてしまうという飲み方で、酵母が活動している生酒タイプ向きの手法です。酵母が活動している間は発酵が活発に行われるため、どうしても日本酒が変質してしまいます。
日本酒を凍らせることで酵母の活動を停止させることができるため、解凍すればいつでもフレッシュな生酒を味わうことができます!

ぬるま湯につけて半解凍の状態になったら、思いっきり振ってシャリシャリになったところを頂きます。スプーンですくってもOK。

みぞれ酒

みぞれ酒と凍結酒は似て非なるもの。日本酒自体を凍らせる凍結酒に対して、みぞれ酒はグラスに注いだ瞬間にシャーベット状に変化します!まるで手品のような飲み方ですが、作り方は簡単です。

1.まず冷蔵庫でよーく冷やした日本酒を、-20度の冷凍庫に約90分間入れておきます。
※この時グラスも一緒に冷凍庫に入れることをお忘れなきように!

2.約90分冷やしたら、衝撃を与えないようにそ~っと日本酒を冷凍庫から出します。
※衝撃を与えた途端に凍ります。

3.冷やしたグラスに高い位置から日本酒を注げば、グラスに当たった衝撃でシャーベット状のみぞれ酒が完成します♪

商品紹介

暑い夏だからこそ頂きたいとっておきの銘柄をご紹介します!

九頭龍 純米 夏しぼり

引用:amazon.co.jp/

福井の黒龍酒造が誇るもうひとつの銘柄「九頭龍」。
夏限定でリリースされる「九頭龍 純米 夏しぼり」では、しぼりたての純米酒ならではのすっきりとした味わいが楽しめます♪

どんな食事とも合わせやすいので晩酌にピッタリです。

商品データ
原料米 五百万石
ラインアップ 純米酒
精米歩合 65%
アルコール度数 17%

 

雨後の月 涼風

引用:amazon.co.jp/

醸造元は広島県の相良酒造。吟醸造り、冷蔵保存、最上級の原料に揺るぎないこだわりを見せる名醸造です!

「雨後の月 涼風」は名前、ラベルのルックス、瓶の佇まいからしてすぐに夏酒とわかる純米吟醸酒です。原料米には酒米の王様として名高い「山田錦」が使われています!

商品データ
原料米 山田錦、八反錦
ラインアップ 純米吟醸
精米歩合 55%
アルコール度数 15%

 

奥播磨 夏の芳醇超辛 青ラベル 純米吟醸 生

引用:amazon.co.jp/

銘柄「奥播磨」は、兵庫県の下村酒造店が誇る代表ブランド。
全国随一の酒米の聖地である兵庫県の「夢錦」や「山田錦」といった優良酒米を使用しています。

夏場に現れる辛口の青ラベルは芳醇ながらお米のうまみもしっかり味わえる商品です。キレのある味わいを持っているので、焼き肉などのスタミナ料理と合わせて頂きたいです。

商品データ
原料米夢錦 山田錦
ラインアップ 純米吟醸
精米歩合 55%
アルコール度数 17%

 

おわりに

今回は夏におすすめな日本酒をご紹介しました。
今までずっとビール派で暑い時期に日本酒を飲むという発想がなかった方も、今年の夏は「夏酒」に初挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧