世界中で人気沸騰!オレンジワインってどんなお酒?

皆さんは世界中で人気が高まっているオレンジワインをご存知でしょうか?

赤・白・ロゼに続いて、新たなカテゴリーが生まれようとしています。しかし、まだ飲んだことがないという人が多いかと思います。

また、名前から勘違いされがちですが、フルーツのオレンジは一切使用していないのです。そこで今回はオレンジワインの特徴や歴史、作り方などを紹介していきます。

オレンジワインの歴史

オレンジワインの起源は、ワイン造りの発祥と言われるジョージアです。

8000年前から続いている製法で、素焼きの甕「クヴェヴリ」と言われる土中に埋めた陶器の中に、種子・果皮を漬け込んで醸造されます。しかし、ジョージアは旧ソ連から支配されていたため、世界に広まることはありませんでした。

そんなオレンジワインを復活させたいと立ち上がったのが、イタリアのヨスコ・グラヴナー。試行錯誤の結果、1998年に初のオレンジワインの製造に成功するのです。その後、世界から認知されるようになりオレンジワインの人気が上がりました。

オレンジワインが認知されるようになったきっかけは2つあります。

・一つ目は添加物の少ないナチュラルワインという点です。
白ワインは酸化防止剤の役目となるタンニンが含まれていないため、亜硫酸(酸化防止剤)の添加が必要になります。一方、オレンジワインは赤ワインと同様にタンニンが含まれているため、保存料を抑えることができるのです。そこからナチュラルワインのブームに乗っかり、オレンジワインは世界に広まることになりました。

・二つ目はどんな料理でもマリアージュしやすい点です。
料理の中には赤ワインや白ワインには合わないものもあります。特に香辛料を使うインド料理や韓国料理はマリアージュするのが難しいです。そんな時に、中間であるオレンジワインに注目が集まるように。刺激が強い料理との相性も良く、ソムリエたちが提供を始めたところ、認知されるようになりました。

オレンジワインの歴史は思った以上に古いことが分かりましたね。自然派でどんな利用とも合わせられるオレンジワインはまさに万能型のワインと言ってもいいでしょう。

 

オレンジワインの作り方

オレンジワインは赤ワインと白ワインの作り方が組み合わさったものになります。まずは赤ワイン、白ワイン、ロゼの作り方をおさらいしていきましょう。

白ワイン

白ワインは白ブドウから作られるワインです。白ワインを作る際は、「渋み」や「色素」を取り除くために、皮や種子を取り除きます。よって色の抽出量が少なく、黄色がかった透明なワインが出来上がるのです。

また赤ワインが発酵後に圧搾するのに対し、白ワインは除梗破砕後に圧搾。するとブドウ本来のすっきりとした味わいになり、魚料理や薄味の料理との相性も良いワインとなります。

赤ワイン

赤ワインは黒ブドウから作られるワインです。収穫されたブドウは種子や皮を取り除かずに発酵。赤ワインは赤黒い色をしていますが、これは皮や種子から出た色素が関係しています。また渋みやコクなども出てくるので、味の濃い料理や肉料理との相性も良いです。

ロゼ

ロゼワインは赤ワインと同じ製法で造られます。黒ブドウを用いて発酵をするところまでは同じですが、ある程度色がついたら皮や種子を取り除いて、果汁のみを発酵。そのため、薄いピンク色のワインが出来上がります。すっきり甘いのが特徴で、ワインが苦手な女性からの人気も高いです。

オレンジワイン

オレンジワインは「白ブドウを赤ワインの製法で醸造する方法」です。白ブドウの皮や種子を取り除かず漬け込む製法で、ブドウの皮や種子から色素や香りが抽出され、オレンジ色をしたワインになります。

オレンジワインの漬け込み時間ですが生産者によって異なります。味わいも様々なので、いろんな種類のオレンジワインを楽しんでみるのもいいでしょう。

オレンジワインの色の理由

先ほどのお話しましたが、オレンジワインは皮と種子を一緒に発酵させます。漬け込み時間も長いため、皮や種子から色素や香りが抽出されオレンジ色に。

ジョージアではこのマセラシオン(醸し)の工程を長くし、美しい色を出すようにしています。オレンジワインを購入する際は、色にも注目して購入してみるのもおすすめです。

オレンジワインの味わい

オレンジワインの味わいは、製造方法によって様々です。しっかりと漬け込んでタンニンが強いものや、漬け込みが浅くさっぱりとした味わいのものまで、生産者によって味が大きく変化するのもオレンジワインの魅力です。

初めてという方は、漬け込みが浅いものを選ぶのがおすすめです。オレンジワインは特有の香りやクセがあるため、好き嫌いが分かれることもあります。まずはさっぱり系のオレンジワインから試して、気に入ったら漬け込みが長いものを選ぶと失敗も少ないでしょう。

まとめ

今回はオレンジワインの特徴や歴史、醸造方法などを解説しました。

オレンジワインは見た目にも美しいので、乾杯やお祝いの席にも最適です。初めて飲む人には、歴史や造り方を交えながらグラスに注いであげると良いでしょう。

それではオレンジワインで食卓を華やかに彩ってみてください。

関連記事一覧