家飲み派は覚えておきたい!日本酒の味を損なわず保存する方法

ご家庭で日本酒を飲んでいる人は、飲み終わった後どうやって保存をしていますか?

「とりあえず冷蔵庫に入れて冷やしておく」という人が多いと思いますが、場合によっては、日本酒の味や香りが損なわれてしまう可能性があります。

できれば日本酒を最後まで美味しく飲める方法を知りたいですよね。

そこで今回は、家庭でもできる日本酒の保存方法について解説をしたいと思います。日本酒の保存方法が分からない、これから日本酒を飲む予定がある、という人は参考にしてみてください。

家で日本酒を保存するコツと注意点

それでは日本酒をかしこく保存する方法と注意点をみていきましょう。

直射日光を避ける

日本酒は光に弱く、少しでも明るい場所に置いておくと、味や香りが変化します。また直射日光だけでなく、蛍光灯などの光でも影響を受けてしまうので、できるだけ暗い場所に保管してください。

冷蔵庫で保存する

日本酒は温度変化が激しいと、すぐに劣化してしまいます。特に季節の変わり目などは、時間によって温度差が大きいです。なるべく温度の変化が少ない、冷蔵庫や冷暗所に保管をしてください。

開栓したら小さいビンに移す

日本酒は空気に触れると、酸化をして劣化しやすくなります。日本酒を飲んだあとは、瓶に空気が入っており、劣化が進みやすくなっているのです。空気に触れさせないためにも、日本酒を小さな瓶に移し替えることをおすすめします。小さな瓶なら触れる空気が少なくなり、酸化を防げるでしょう。

横向きで保存しない

ワインは横向きで保存することを推奨されていますが、日本酒には不向きです。ワインはコルクを湿らせて、空気が入るのを防いでいますが、日本酒にはコルクがないので意味がありません。

また日本酒を横向きで保存してしまうと、空気に触れる面積が増えてしまい劣化を早めてしまいます。なるべく縦向きで保存をして、空気に触れにくい環境を作ってください。

新聞紙で包む

日本酒を新聞紙で包むと光の遮断になります。未開封の日本酒なら、新聞紙に包んで冷蔵庫に入れておけば、長期間を保存も可能です。

日本酒は未開封だとどのくらい保存できる?

日本酒は冷暗所で保存をすることが大切ですが、最大でどのくらい保存ができるのでしょうか。

日本酒は種類や製造方法によって保存期間が異なります。5度前後で保存した場合、2〜3年の保存が可能といわれています。5度前後の温度帯だと熟成が期待でき、さらにコクや深みが増すこともあるのです。

また15度前後で保存した場合、1年程度の保存ができます。ただし「生酒」「生貯蔵酒」などの火入れを行っていない日本酒に関しては、5度前後の低い温度帯で保存する必要があります。

何にせよ、低い温度帯で保存することが大切ということです。

要注意!日本酒が劣化した匂いとは?

最適な状態で日本酒を保存していても、劣化してしまうことがあります。劣化をした日本酒を飲むと体調を崩すことにもなりかねません。

そこで日本酒が劣化した時に出す、劣化臭の種類を紹介します。ご自宅にある日本酒が「大丈夫なのか?」と不安になっている方は、参考にしてみてください。

日光臭

日本酒が日光や紫外線に晒され、劣化した時に発生する香りです。光が当たっていた日本酒を飲む際は、まず香りを確認してから飲んでください。

老香(ひねか)

湿度が高い状態で保存されていた日本酒に起こりやすい劣化臭です。また環境によっては、未開封でも劣化することがあります。特に夏場など、湿度が上がりやすい時期は注意してください。

酸臭

日本酒の製造工程で発生しやすい劣化臭です。醪が不調で酢酸菌が発生してしまい、不快な香りが発生します。これは出荷前に検品されるので、心配する必要はありません。

劣化した日本酒はどうする?

劣化した日本酒は、そのまま捨てるしかないのでしょうか。よほど劣化していない限りは、まだまだ使い道がたくさんあります。そこで劣化した日本酒の活用方法を紹介します。

炊飯に使用する

ご飯を炊く時に、少量の日本酒を入れるとふっくら美味しく炊飯ができます。ご飯特有の臭みが取れて、甘みがあるお米が炊き上がりますよ。ただし日本酒の入れすぎには注意です。

日本酒風呂を楽しむ

日本酒には保温効果や美肌効果が期待できます。お風呂にコップ2〜3杯入れるだけで、日本酒風呂に大変身です。お湯の温度は低めの37度くらいで、ゆっくりと半身浴をしてみてください。

固くなったお餅を再生する

固くなったお餅に日本酒を吹きかけると、1時間程度で柔らかくなります。お正月終わりなどに試してみてください。

まとめ

日本酒はデリケートなお酒です。保存方法ひとつで状態が変わるため、慎重に扱いましょう。可能なら早めに飲みきるのが、一番良い方法です。

それでも飲みきれなかったら、本記事で紹介した活用法を実践してみてください。

関連記事一覧