イチローズモルトを産んだ「秩父蒸留所」とは!?

数あるジャパニーズウイスキーの中でも、「イチローズモルト」が好きという方は多いのではないでしょうか?国内外問わず多くのファンを持っているイチローズモルトですが、蒸留所にまで目を向けることはあまりないのでは?

今回はイチローズモルトが造られる秩父蒸留所にフォーカスし、歴史や蒸留所ならではのこだわりについてもまとめていきます。

秩父蒸留所とは


秩父蒸留所は、2004年に誕生した株式会社ベンチャーウイスキーが運営する蒸留所。日本で唯一のウイスキー専業メーカーとして、秩父産のウイスキーを製造しています。

代表ブランドの「イチローズモルト」は、ベンチャーウイスキーの創業者である肥土(あくと)伊知郎さんの名前が由来となっています。世界規模のウイスキーコンペティションであるワールド・ウイスキー・アワード(WWA)での受賞歴は数知れず。誰もが知る日本のウイスキーをけん引するメーカーとなっています。

秩父蒸留所の歴史


蒸留所の歴史自体はそんなに古いわけではありませんが、ベンチャーウイスキーを設立しイチローズモルトが誕生するまでの間には苦難がありました。

秩父蒸留所の創業者・肥土伊知郎さんの祖父は東亜酒造の創業者でした。東亜酒造では羽生蒸留所にてウイスキー造りを行なっていたのですが、伊知郎さんが入社した後、不況のあおりを受けて東亜酒造は倒産。蒸留所が他の会社に譲渡されることになったのです。

その譲渡の際…20年もの間、大切に熟成された原酒400樽を全部廃棄することになってしまったのだそうです。せっかく大事に育てた原酒をここで無下にできないので、伊知郎さんは原酒を預かってくれる業者を探し回ります。そしてやっと見つけたのが、福島県にある笹の川酒造でした!
笹の川酒造は「原酒の廃棄は業界の損失」と、東亜酒造の樽を預かってくれたのです。

その後、伊知郎さんは2004年にベンチャーウイスキーを創業。翌年の2005年には笹の川酒造に保管されていた原酒を使って「初代イチローズモルト」をリリースしました。

「イチローズモルト」をリリースしたばかりのころは無名でしたが、味で勝負しようと決めていた伊知郎さんは、2年間で2000軒のバーに直接足を運びバーテンダーさんたちに味見してもらいました。1日3~5軒ものバーを巡っていたそうですよ…。伊知郎さんの努力の甲斐あって、「イチローズモルト」は徐々にファンを獲得していきました。

2007年に秩父蒸留所が設立され、ウイスキー免許が下りた2008年からウイスキー造りが本格的にスタートしました。2006年にウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」で取り上げられていたこともあり、生み出されるすべての商品が注目の的となりました。

今やコレクターも現れるほど根強い人気を持つ「イチローズモルト」は、日本のみならず世界も認めるウイスキーブランドへと進化を遂げました。

秩父蒸留所のこだわり


なぜ秩父に蒸留所を?と思われるかもしれませんが、創業者である肥土伊知郎さんには譲れないこだわりがあったのです。

大きな寒暖差

秩父地域は夏は30℃前後、冬は-5℃と温度差が大きい地域です。温度管理がたいへんかと思いきや、秩父ならではの寒暖差を取り入れるために、わざわざ貯蔵庫内の温度調節はしないのだとか。自然の流れに逆らわず秩父の気候を味方にすることで、ナチュラルなウイスキーが出来上がるのです。

豊富な天然水

秩父蒸留所で使われるのは大血川渓谷水系の天然水。カルシウムやマグネシウムといったミネラル分を適度に含む軟水は、尖りのない飲みやすい味わいのウイスキーを生み出しています。

樽の種類から垣間見えるこだわり


秩父蒸留所にはミズナラの新樽だけでなく、バーボンやシェリー樽なども保管しています。異なる条件、異なる樽で熟成させると、原酒は樽ごとに違った性格を持つようになります。熟練のブレンダーが個性的な原酒をかけ合わせることで、「イチローズモルト」ならではの複雑さや奥行きが生まれるのです。

押さえておきたいイチローズモルト

多くのラインナップがあることで有名なイチローズモルトですが、その中でも飲んでおくべき商品をご紹介します。

イチローズモルト ダブルディスラリーズ


引用:amazon.co.jp/

秩父蒸留所の原酒と羽生蒸留所の原酒をかけ合わせて造られた商品。祖父と孫が世代を超えて生み出した稀有な一本です!羽生蒸留所自体が2000年に閉鎖してしまったため、原酒は限られています。樽由来の香りとはちみつを思わせる甘さが特徴で、ジンジャーやブラックペッパーのようなスパイシーさも感じられます。

ロマンあり、飲みごたえありの逸品なので、現行で販売されている間にゲットしておきましょう!

 

秩父蒸留所の挑戦


秩父蒸留所では今後、秩父で栽培された大麦を原料に使い、秩父の素材で作った樽で熟成させる「オール秩父」のウイスキーを目指しているそうです。「オール秩父」の20年もの、30年ものの登場がとても楽しみですね♪

まとめ

今回は秩父蒸留所についてまとめました。

400樽の原酒が捨てられる寸前だったとは予想だにしませんでした!笹の川酒造が原酒を預かってくれなかったら「イチローズモルト」は存在していなかったかもしれません。

そんなドラマティックな背景を思い起こしながら飲む「イチローズモルト」は、格別の味わいとなることでしょう。

関連記事一覧