プレミアム日本酒「十四代」を大解剖!

日本酒業界における風雲児のひとつに「十四代」が挙げられます。今では日本全国に多くのファンを持つ「幻の日本酒」として知られていますが、十四代とは具体的にどのような銘柄なのでしょうか?

今回は十四代にフォーカスし、名前の由来や特徴、商品ラインナップなどをご紹介していきます!

十四代とは?

十四代は、1994年に産声を上げた日本酒銘柄。淡麗辛口がもてはやされた時代に誕生した芳醇旨口のブランドです。

それまではすっきりテイストの日本酒が市場を席巻していましたが、十四代の誕生で時代の流れが大きく変わりました。新ジャンルの日本酒が市場に出たことで日本酒に対する人々のイメージが一新され、十四代は一大ブームを巻き起こしたのです。

十四代は需要が増えても手間ひまを惜しまずに造られるため、増産することはありません。そのため、現在も根強い人気がありながら希少な銘柄となっているため、定価の何倍もの金額で取引されることが多いのだとか。プレミアム日本酒のひとつとして不動の地位を確立しています。

十四代の歴史

十四代を製造するのは山形県村山市にある高木酒造。1615年に誕生した由緒正しき蔵元で、400年以上もの歴史を持ちます。

高木酒造が造るお酒には、十四代のほかに「朝日鷹」という銘柄が山形県の地酒として知られています。「朝日鷹」は山形県内限定流通なので県外でお目にかかることはあまり無いかも知れません。

昔から高木酒造では特別な古酒に「十四代」と名付けていましたが、プレミアム日本酒として十四代が扱われるようになったのは、高木顕統(あきつな)氏が15代目杜氏に就任した後のことです。

「日本酒=淡麗辛口」という風潮に違和感を覚えた15代目は、時代の流れに逆らうように芳醇で旨口のお酒造りをはじめました。幼い時から蒸米や麹、もろみの香りに囲まれながら育ってきたため、日本酒はもっと芳醇で旨口であるべきと感じていたそうです。

満を持して十四代をリリースするも最初のうちは全く売れませんでした。しかし、ご縁があった人達の口コミによって徐々に知名度を上げていき、東京の老舗酒販店にも認められるように。今では東京にある多くの特約店で十四代が取り扱われるようになりました!

十四代の名前の由来

1936年、当時の14代目が商標登録をする際に「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」と連番で申請を出したそうです。基本的に数字は登録商標にできないルールだったのですが、「十四代」のみが奇跡的に認められたのだそう。「としよ」や「とよしろ」と勘違いされて申請が通ったという説があります。

商標登録後に名前を使うならまだしも、ずっと使っていた「十四代」がピンポイントで認められたのはかなりのミラクルだと言えますね!

十四代の造られ方

高木酒造では「聲無きを聞き、像無きを見る」をモットーにしています。簡単に言うと、「目には見えない酵母菌や麹菌と向き合い、五感を駆使して唯一無二のお酒を醸す」ということです。

杜氏の感覚に全てが委ねられる高木酒造のお酒造りにはマニュアルが存在しません。毎回少しずつ違う酒米の出来に目を向けて、微妙に造りを変えているのだとか。

また微生物のコンディションにも注目し、毎回違った状況の下で「最高の芸術品」を創造する感覚でお酒を造っています。

十四代のラインナップ

一度はお試しいただきたい十四代をご紹介します!

十四代 本丸 秘伝玉返し

高木酒造を代表する本醸造酒で十四代の真髄ともいえる一本です。十四代シリーズの中でも比較的安価に取引されるため、日常酒として飲まれることもあるのだとか。

甘み、辛味のバランスが良くフルーティーな味わいなので、日本酒初心者でも受け入れやすいテイストとなっています。日本酒好きな方へ贈るギフトとしても喜ばれます。

created by Rinker
十四代
¥40,900 (2021/06/14 03:24:41時点 Amazon調べ-詳細)

十四代 純米吟醸 酒未来

高木酒造が独自開発したオリジナル酒米「酒未来」で醸した純米吟醸酒。すっきりな飲み口、マスカットのようなフルーティさ香りに加え、口に含んだ後にお米の甘みもしっかりと感じられる銘酒です。

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫

7月と10月の年二回のみ出荷される入手困難な逸品。兵庫県特A地区吉川町産の愛山を使用した、精米歩合40%の純米大吟醸です。十四代ブランドの中でも、最高級品とも呼ばれる非常に人気の高い品となっています。

十四代 純米大吟醸 龍泉

数ある日本酒の中でも特に入手困難と言われている幻のお酒です。十四代シリーズでも最高峰との呼び声が高い名酒中の名酒で、酒米の王様・山田錦が35%になるまで精米されて造られた純米大吟醸酒です!

なんと、一本で中古車1台購入できるほどの金額になることも。一度は飲んでみたいお酒です。

十四代をゲットする方法

入手困難とされている十四代を手に入れる方法は2つあります。

ひとつは通販などのネットショッピングです。入手できる確率は高いですが、金額も高くなる傾向にあります。先述しましたが十四代は定価の何倍もの価格で取引されることがザラにあります。300mlで1万円、一升瓶で10万円近くもするのだとか…。
興味がある方は、どれくらいの価格帯で取引されるのかウィンドウショッピングしてみると良いでしょう。

もうひとつは特約店で購入する方法です。全国に十四代を取り扱う店舗は点在していますが、いつも在庫があるわけではありません。ネットショッピングに比べると遭遇率はかなり低くなります。店舗によっては抽選が行われることがありますが、常連さんが優先されたり他の商品と抱き合わせでの購入となる場合が多いのが実情です。

まとめ

今回は十四代について深掘りしました。てっきり14代目が開発した銘柄だから名前が「十四代」なのかと思っていましたが、実はかなり前から十四代は使われていたんですね。

日本酒の風潮に一石を投じた十四代。みなさんもプレミアム日本酒の世界に触れてみてはいかがでしょう。