粕取り焼酎ってどんなもの?2つの種類をわかりやすく紹介!

日本酒造りの工程で出てくる副産物・酒粕。栄養満点で美容にも良い酒粕は料理やスキンケアに使われることも多々ありますが、実はお酒の原料として再び返り咲くことができます!

今回は酒粕をふんだんに活かした粕取り焼酎にフォーカス!種類や特徴を掘り下げながら、一度は飲んでほしい商品もご紹介していきます!!

粕取り焼酎とは?

粕取り焼酎とは酒粕を原料に造られる本格焼酎のことで、福岡や佐賀などの北九州で盛んに造られています。イメージ的にはグラッパのお米バージョンみたいな感じですかね。

古くは稲作の肥料としての役割を持っていた酒粕ですが、肥料に加工する工程で偶然酒粕のお酒が生まれたのだそうです。
味は以外にも美味しかったそうで、田植えが一段落した時の「祝い酒」や農作業で疲れた身体を癒すための「ふるまい酒」として古くから親しまれてきました。

日本酒蔵で造られることも多く、蔵元によって異なる味わいが楽しめます。また日本酒の要素も併せ持つため、凝縮された米や酵母由来の香りや甘み、旨みが味わえるのも魅力のひとつです。

カストリ焼酎とは似て非なるもの

粕取り焼酎とカストリ焼酎、読み方は同じでも全く別物となります。

カストリ焼酎とは戦後の闇市で横行した密造酒全般を指します。当時の日本は物資に乏しかったため質の悪いお酒が多く出回っていたそうです。

闇市のお酒は粗悪で「カスなお酒」という意味でカストリと呼ばれるようになりましたが、本格焼酎の粕取り焼酎もまた「酒粕で造られたカスなお酒」という印象を持たれることもあるのだとか。

どこのメーカーもこだわりをもって粕取り焼酎を造っていますので、闇市の粗悪品と混同しないように気をつけましょう!

粕取り焼酎には2種類ある

ひとくちに粕取り焼酎といっても実は2種類存在します。製造方法で区別されるためかなり特徴が異なります。
どちらのタイプが自分の好みなのかある程度把握しておくと良いでしょう。

正調粕取り焼酎

正調粕取り焼酎の製法は2つあります。

ひとつは酒粕にもみ殻を混ぜて、せいろ型の蒸し器で蒸留する手法。もみ殻由来の芳ばしさや甘みがあり、パンチのある飲みごたえに仕上がります。江戸時代から続く伝統製法ではありますが、手間ひまがかかるため採算が取れないのが実情です。

そこで近年編み出された新製法が、酒粕に水と酵母を加えて再発酵させてから蒸留するという技法。もみ殻は加えられないため、伝統手法で造る焼酎のようなクセがありません。新製法の方が手に入りやすいかもしれませんね。

吟醸粕(醪)取り焼酎

日本酒をよく知る方は想像がつくかもしれません。文字通り吟醸粕を使って造られる焼酎のことです。

どういう事かというと、日本酒は原料のお米を削った度合いで吟醸・大吟醸と名乗れる名称が変わります。お米の外側から40%以上が削られ精米歩合が60%以下となった日本酒であれば吟醸酒。お米の半分以上が削られ、精米歩合が50%以下となった日本酒は大吟醸酒を名乗ることができます。

吟醸酒以上のお酒を造るときに出てくる酒粕が吟醸粕となり、吟醸粕で造られた粕取り焼酎からはいわゆる吟醸香と呼ばれるフルーティーな香りが感じられるようになります。

試してみたい粕取り焼酎

ネットでたくさん情報を得たとしても一度の経験にはかないません。粕取り焼酎のことを知るには、ぜひ以下の商品をお試しください。

吟香露(ぎんこうろ)

製造元は福岡県にある杜の蔵で、全国でも稀に見る粕取り焼酎専門蔵となっています。

吟香露には吟醸酒の酒粕が使われていて、フルーティーで淡麗な味わいとなっています。アルコール度数は20%と焼酎にしては低い度数なので、ビギナーさんにもおすすめですよ!

created by Rinker
吟香露
¥1,765 (2021/03/09 07:27:51時点 Amazon調べ-詳細)

粕取り焼酎 SUMI25

造り手は長野県にある宮坂醸造。銘柄「真澄」を看板商品とする日本酒蔵ですが、真澄の酒粕を使った粕取り焼酎も生産しています。

クセが無く柔らかな仕上がりとなっています。ロック、ストレート、お湯割りでも美味しくいただけますよ。

created by Rinker
真澄(ますみ)
¥1,720 (2021/03/08 13:01:12時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は粕取り焼酎についてまとめました。酒粕になった時点でお役御免だと思っていましたが、まだまだ原料としての使い道があったんですね。

日本酒の副産物が活きる本格焼酎となっていますので、日本酒好きの方もぜひ試してみては?