国産クラフトジンが話題沸騰中!特徴や飲み方、おすすめブランドを紹介

世界四大スピリッツのひとつであるジンは、日本でも定番の蒸留酒です。

そして最近は、日本国内で生まれた「国産クラフトジン」が流行しているのをご存知でしょうか。

今回は国産クラフトジンの特徴やドライジンとの違い、おすすめのブランドを紹介します。国産クラフトジンに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

日本の国産クラフトジンが世界で注目されている

世界でクラフトジンブームが到来し、日本でも国産のクラフトジンが製造されるようになりました。

日本では国産の原材料を使用し、職人の技術で繊細なクラフトジンを製造しています。

その品質は世界でも高く評価され、日本のクラフトジンブームの火付け役である京都蒸溜所の「季の美」は、2018年のインターナショナル・ワインアンドスピリッツ・チャレンジ(IWSC)にて最高賞を受賞し、その名を世界に轟かせました。

日本のクラフトジンは国内のみならず、世界でも注目を集めているのです。

クラフトジンとは?

クラフトジンとドライジンにはどんな違いがあるのでしょうか。

クラフトジンとドライジンは、大麦やライ麦、ジャガイモ、トウモロコシなどが原料の蒸留酒で、作り方や原材料には違いはありません。

ただしクラフトジンは「小規模の蒸溜所で、伝統的かつ革新的な製法で造られたジン」を指します。明確な定義はありませんが、少量生産でこだわりを持って生産しているのがクラフトジンと覚えておくといいでしょう。

そして国産クラフトジンは、米や麹、玉露、和柑橘を原料にするなど、日本らしさを押し出しています。中にはパッケージに漢字を用いて、海外向けに生産している蒸溜所もあります。

蒸溜所ごとに個性があり、今まで味わったことのないフレーバーを楽しめるでしょう。

クラフトジンについて知ろう

それでは、クラフトジンについてもう少し詳しく解説をしていきます。

クラフトジンおすすめの飲み方

クラフトジンは、ドライジンと同じような楽しみ方ができます。

クラフトジン本来の味わいが楽しみたいならストレートやロックがおすすめです。アルコール度数は40度前後あるため、舐めるようにゆっくりと飲むといいでしょう。

さっぱり飲みたい人は、定番のジントニックやジンリッキーもおすすめです。クラフトジンのフレーバーを感じながら、爽やかに楽しめるでしょう。

クラフトジンの作り方はシンプル

クラフトジンの作り方は非常にシンプルです。

もともとジンは、大麦やライ麦、ジャガイモ、トウモロコシなどが原料の蒸留酒。難しい定義はなく、ジュニパーベリーを必ず使うことだけが決まりで、それ以外は自由です。

スパイスやハーブ、柑橘類で風味をつけて、オリジナルなジンを生産できるため、こだわりを持ったクラフトジンが次々と生まれています。中にはワインや日本酒を加えたクラフトジンもあり、自由なスタイルも許容されているのがポイントです。

おすすめの国産クラフトジン

最後におすすめの日本の国産クラフトジンを紹介します。

サントリー クラフトジン 翠(すい)

クラフトジン 翠(すい)は、サントリーが手掛ける爽やかなクラフトジンです。

日本人の味覚に合うように、柚子原料酒と緑茶浸漬酒、生姜をブレンド。使用する素材の持ち味を生かすため、蒸留や浸漬方法を使い分けています。

柚子の爽やかな香りが感じられ、緑茶のほろ苦さと生姜のピリッとした味わいが絶妙です。

日本の食事に合わせやすく、クラフトジン初心者でも飲みやすいでしょう。

created by Rinker
サントリースピリッツ
¥1,503 (2021/08/05 08:57:58時点 Amazon調べ-詳細)

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU<六>

ジャパニーズクラフトジン ROKU<六>は、サントリーが手掛ける国産プレミアムクラフトジンです。

日本人の職人のような繊細さを追求したクラフトジンで、こだわりを持って生産されています。

日本の素材を生かした6種のボタニカル(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)と8種のジンボタニカルをブレンド。素材は旬の時期に収穫され、味と香りは抜群に良いです。

また、それぞれの素材を生かすために、緻密な計算で作り分けも行っています。

六角形のボトルには、それぞれ6つのボタニカルが刻印され、ラベルは和紙で仕上げてあります。

桜や柚子の爽やかさに加え、お茶のまろやかさ、山椒のスパイシーさもある複雑な味わいを楽しめるでしょう。

created by Rinker
ROKU(ロク)
¥4,177 (2021/08/05 08:57:58時点 Amazon調べ-詳細)

SAKURAO GIN ORIGINAL(桜尾)

SAKURAO GIN ORIGINAL(桜尾)は、広島県の中国醸造が手掛けるクラフトジンです。

100年以上の歴史を持つ中国醸造は、その技術を生かして「メイドイン広島」のジンを生み出しました。

その品質は高く、アメリカの「Los Angeles International Spirits Competition 2018」にて「BEST OF GIN(ベストオブジン)」に選ばれています。日本の国産クラフトジンが受賞するのは初で、世界にその名を轟かせました。

SAKURAO GIN ORIGINAL(桜尾)は、広島の特産である、レモンや柚子、牡蠣殻、桜など、合計17種類すべてのボタニカルを広島産にこだわっています。

爽やかな柑橘系の香りと複雑な味わいが楽しめるクラフトジンです。

created by Rinker
SAKURAO(桜尾)
¥2,111 (2021/08/05 08:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

季の美 京都ドライジン

季の美 京都ドライジンは、国産ジンの火付け役、京都蒸溜所が手掛けるクラフトジンです。

2018年のインターナショナル・ワインアンドスピリッツ・チャレンジ(IWSC)にて最高賞を受賞し、世界でも認められるジンとなりました。

京都蒸溜所は、柚子、玉露、生姜、レモン、山椒など、日本産のボタニカルにこだわっています。またボタニカルの個性を生かすために、6つのグループに分けて浸漬し、別々に蒸溜するなど、緻密に計算したクラフトジン造りが自慢です。

柚子やレモンの爽やかな香り、玉露の柔らかさ、山椒のピリッとした味わいが和食とよく合います。

created by Rinker
KINOBI(季の美)
¥4,528 (2021/08/05 11:24:50時点 Amazon調べ-詳細)

濱田酒造 ジャパニーズクラフトジン 樹々(JUJU) PLUM BLOSSOM

ジャパニーズクラフトジン 樹々(JUJU) PLUM BLOSSOMは、鹿児島県の濱田酒造が手掛けるクラフトジンです。

PLUMBLOSSOM(プラムブロッサム)という名前の通り、本格麦焼酎に国産梅を漬け込んだ本格梅酒を使用しています。梅のまろやかな香りや甘みが楽しめ、和食や中華にも合わせやすいででしょう。

またボトルごと冷凍庫で冷やせば、トロッとした口当たりになり、違った味わいを楽しめます。

合同酒精 鍛高譚ジン

鍛高譚ジンは、しそ焼酎の「鍛高譚(たんたかたん)」で有名な合同酒精が手掛けるクラフトジンです。

原料には白糠町の赤しそと5種類のボタニカル(リコリスルート、アンジェリカルート、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、オレンジピール)を使用しています。

赤しそは契約農家から品種改良したものを提供してもらい、香りや味わいを最大限生かしました。

赤しその風味がフワッと立ち上り、寿司や天ぷら、すき焼きなどの和食とよく合います。

created by Rinker
鍛高譚
¥3,344 (2021/08/05 08:58:01時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

国産クラフトジンの特徴やドライジンとの違い、おすすめのブランドを紹介してきました。

日本らしさのある国産ジンは、これからブームとなっていくでしょう。フレーバーも豊富なため、初心者や女性にも飲みやすいのがポイントです。

それでは本記事を参考に、好みのクラフトジンを見つけてみてくださいね。