ウイスキーブームを牽引!マルス ウイスキーの特徴とおすすめ銘柄を紹介

日本が世界に誇るジャパニーズウイスキーはニッカウヰスキーやサントリーだけではありません。

長野県発のマルスウイスキーもまた、世界的に有名なクラフトジャパニーズウイスキーとして知られています。地方のウイスキーがどのようにして日本代表にまで上り詰めたのか気になりませんか?

今まさに再注目されているマルスウイスキーですが、その特徴を深掘りし、歴史やこだわりとともに、おすすめの定番商品についても紹介します!

マルスウイスキーとは?

マルスウイスキーとは長野県の本坊酒造が造るウイスキー銘柄のひとつで、80年代に巻き起こった地ウイスキーブームをけん引したブランドとしても知られています。本坊酒造で製造されるお酒はウイスキーのみならず焼酎やワイン、梅酒、スピリッツなど、種類は多岐にわたります。

マルスウイスキーはスコッチウイスキーを源流としながらも、日本人の繊細なテイストに合わせて改良に改良を重ねてきました。その結果、日本が世界に誇るジャパニーズウイスキーとして認められるようになりました。安定した質の高さを持つマルスウイスキーは、地ウイスキーブームが沈静化した後でも根強い人気を誇っています。

マルスウイスキーが辿ってきた歴史


本坊酒造が誕生したのは1872年のことで、創業当初はお酒とは全く関係がない綿や菜種油の製造を行なっていました。お酒造りに着手したのは1909年のとき。初めて焼酎を造って以来100年以上にわたり、多くのお酒の製造を手がけています。

マルスウイスキーとして産声を上げたのは1949年の出来事です。設立した岩井喜一郎氏は、かの有名な竹鶴政孝氏の上司にあたる人物で、マルスウイスキーが誕生した当初は鹿児島県にて蒸留を行なっていました。小規模ながら大手に劣らないウイスキーを造っていたため、地ウイスキー界の「西の雄」と称されることもあったのだとか。

1960年には洋酒製造拠点として山梨県に工場が建設され、ワインとウイスキーが造られるようになります。第一次ウイスキーブームの最中であった1985年には、より良いウイスキーが造れる理想的な場所を求めて、長野県上伊那郡に蒸留所を設立しました。この蒸留所は「マルス信州蒸留所」と名づけられ、現在も風光明媚な中央アルプス山麓の気候風土を活かしたこだわりのウイスキーが造られています。

1992年、ウイスキー需要の低迷もあって蒸留休止を余儀なくされましたが、貯蔵されている原酒を商品化させることでこの苦境を乗り越えました。

マルス信州蒸留所が蒸留を休止してから19年後、2011年にウイスキー蒸留が再開されました。そして今では鹿児島県にウイスキー蒸留所と梅酒蔵、4つの焼酎蔵、山梨に2つのワイナリー、長野にウイスキー蒸留所の合わせて9つの拠点を持つほどに成長を遂げました。

2013年に開催されたワールド・ウイスキー・アワード(WWA)では、マルスウイスキーが世界最高賞を受賞!またアイコンズ・オブ・ウイスキー(IOW)でも高評価を獲得しました!世界的に誇るジャパニーズウイスキーとして確固たる地位を確立しています!!

ココだけは譲れない!マルスウイスキーのこだわり

活躍の場を広げるマルスウイスキーですが、多くの人が注目する理由はどこにあるのでしょうか?

製造環境

マルス信州蒸留所は、長野県上伊那郡の中央アルプス駒ヶ岳山麓に立地しています。一般的に空気が澄んだ寒冷地で、適度な湿度と質の良い水が豊富に採取できることがウイスキー造りに合った自然条件だと言われています。

駒ヶ岳山麓はというと、氷点下15℃を下回ることもある寒冷地で霧が多く、良質な水が豊富に流れているため、全ての条件に合致する理想的な場所と言えるのです。

また中央アルプスから流れてくる雪解け水は、花崗岩質の土壌によってろ過され、ウイスキー蒸留に適した軟水となって湧き出てきます。ウイスキーを造るにあたって、この上ない条件と言えるかもしれませんね。

IWAI ポットスティル

マルスウイスキーの蒸留にはIWAIポットスティルという蒸留機が使われています。この蒸留機は創業者の岩井喜一郎氏が設計したもので、1960年に据え付けられました。

初蒸留から半世紀が経過した2011年にポットスティルが更新されることになったのですが、新しく入れ替えられたスティルは大きさ、容量、ネックの角度などが先代と全く同じものでした。変わったところと言えば、加熱方式と覗き窓がついたところぐらいですかね。

岩井氏作のポットスティルをそのまま踏襲し、マルスらしさを守っていくことが方針となっています。IWAI ポットスティルは、復活を遂げたマルス蒸留所の要と言っても過言ではありません。

マルスウイスキーの逸品!

マルスウイスキーの人気銘柄を一部紹介します。
未だかつてマルスウイスキーを飲んだことがないという方は、ぜひ一度マルスの神髄に触れてみてください。

マルス モルテージ越百 モルトセレクション

タイプの異なる複数のモルト原酒をマルスウイスキーによる技術でヴァッティングしたモルトウイスキー。甘い香りと奥深しいスモーキーさを併せ持った、口当たりの優しい品です。

マルスモルテージ 越百 ワイン カスクフィニッシュ

「マルス モルテージ越百 モルトセレクション」を赤ワインに使用した空樽に入れて追加熟成させたブレンデッドウイスキー。

「マルス モルテージ越百 モルトセレクション」の丸く優しい味わいに加えて、赤ワイン樽由来のスパイシーさとフルーティさも感じられます。

created by Rinker
マルスウイスキー
¥9,300 (2021/03/06 00:46:01時点 Amazon調べ-詳細)

岩井トラディション

岩井喜一郎氏への尊敬と感謝の気持ちを込めて造られたブレンデッドウイスキー(販売店限定品)。心地よい香りと柔らかい口当たりを持ち、骨格がしっかりしているため熟成感と重厚感が感じられます。シンプルにストレートやロック、水割りで飲むのがおすすめです。

まとめ

今回はマルスウイスキーにフォーカスしました。蒸留再開するまでに19年もの歳月がかかったんですね…。その間ずーっと貯蓄を切り崩して商品をリリースしていたと考えると、並々ならぬ努力があったに違いありません。

日本が世界に誇るクラフトウイスキーですので、まだ日本産のウイスキーを試したことがない方はマルスウイスキーを選択肢に入れてみては?