最高級評価も!?シャトーメルシャンが造る美味しさの秘密

みなさんは、日本で最初に設立した民間のワイン会社はどこかご存知でしょうか?

ワインをよく飲むという方でも知らない方は多いかと思いますが、日本産ワインをメインに飲んでいればピンとくるかもしれませんね。

今回はシャトーメルシャンに焦点を当て、歴史やこだわりのワインについても深掘りしていきます。

シャトーメルシャンとは?

シャトーメルシャンとは日本で最初に創業した民間のワイン会社のこと。社名はフランス語の「Merci(メルシー)」+「an(アン)」、直訳で「感謝する人」が由来となっています。
グローバル展開もしており、日本のみならず世界中でメルシャンのワインが飲まれています。

100年以上もの長い歴史で培われたメルシャンのワインは、「日本ワインの原点」といっても過言ではないほど盤石な基盤を築いています。

シャトーメルシャンの歴史

シャトーメルシャンの源流は1877年に創業した大日本山梨葡萄酒会社と言われています。

大日本山梨葡萄会社は、明治時代よりワイン造りが盛んな銘醸地・山梨県甲府市勝沼地区にて産声を上げました。
2年間のフランス修業を終えた若者2人によってワイン醸造が行われたのが始まりです。

1886年に大日本山梨葡萄会社は解散しましたが、販売部門の担当者が甲斐産葡萄酒醸造所を設立し、1912年には観光ブドウ園が併設した「宮光園」を作りました。
実は、葡萄棚の下でワインを楽しめるワイナリーのルーツとなったのが、この宮光園だと言われています。

戦後1949年、甘味料などを混ぜないで造られる本格派のテーブルワインとしてメルシャンが誕生しました。

1966年に行われた国際ワインコンクールでは、「メルシャン1962(白)」が日本で初めて栄えある銀賞を受賞しました!この受賞により、日本産のワインが世界に認められるようになりました。

1970年に高級路線の「シャトーメルシャン」シリーズが誕生。万博の影響もあったためか、国内のワイン消費量も徐々に増えていきました。

また、各地でブドウ栽培に挑戦するようになります。1975年には福島県会津美里町でのブドウ栽培がスタートし、今ではシャルドネの名産地として名を連ねるようになりました。
翌年1976年には長野県塩尻市桔梗ヶ原でメルローの栽培も始められ、同じ頃に秋田県の横手市でもいくつかのブドウ品種が試験的に栽培されるようになりました。

現在は山梨県をはじめとして長野県、福島県、秋田県の土地柄を活かし、テロワールにこだわったワイン造りも行なっています。

シャトーメルシャンのワイン

メルシャンのワインには、

・ワイナリーを象徴する「アイコンシリーズ」
・ブドウの産地ごとに違う個性を持つ「テロワールシリーズ」
・日常に寄り添った「クオリティシリーズ」

の3種類があります。

商品数は多いですが、それぞれのシリーズの要チェックなワインのみを抜粋してご紹介します!

シャトーメルシャン 城の平 オルトゥス

アイコンシリーズからの代表選手。勝沼地区にある自社ヴィンヤードで栽培されたカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランから造られています。

銘柄の「オルトゥス(Ortus)」にはラテン語で「起源」という意味があり、まさに城の平はシャトーメルシャンの源流を辿るのにふさわしい一本と言えるでしょう。

アイコンシリーズにはオルトゥスの他、桔梗ヶ原のシグネチャー(Signature)、長野県丸子地区のオムニス(Omnis)とトリロジー(Trilogy)などのラインナップがあります。

created by Rinker
シャトー・メルシャン
¥14,353 (2021/05/18 08:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

シャトーメルシャン 笛吹甲州 グリ・ド・グリ

テロワールシリーズからピックアップした白ワイン。山梨県笛吹地区で栽培された甲州100%で造られた一本です。

果汁のみを発酵させる一般的な白ワインとは違い、皮や種も一緒に発酵させる「スキンコンタクト」という醸造方法で造られます。

赤ワインと同じ製法なので、白ワインというよりは若干褐色がかった「オレンジワイン」になっていて、果皮由来のタンニンが感じられます。
ロンドンで開催されたワインの大会では銀賞を受賞した誉れ高き一本です!

created by Rinker
¥2,500 (2021/05/18 08:22:54時点 楽天市場調べ-詳細)

シャトーメルシャン ももいろ

クオリティシリーズから選抜したロゼワイン。長野県産のメルローと山梨県産のマスカット・ベーリーAを主体に造られた一本です。

華やかな香りと爽やかさを併せ持つ辛口ワインとなっているため、和洋中など幅広い料理に合わせられます。
一本持っているだけでも日常の食卓に花を添えられますよ。

created by Rinker
シャトー・メルシャン
¥1,427 (2021/05/18 08:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

日本最高峰の赤ワイン!

テロワールシリーズの「シャトーメルシャン 桔梗ヶ原 メルロー」は、数ある日本産ワインの中でもトップレベルに君臨する日本代表の赤ワイン。
長野県桔梗ヶ原で栽培されたメルロー100%で醸された一本です。

当初は複数の品種のブドウがブレンドされ造られていましたが、1985年に優れたメルローが収穫されたことが「メルロー100%」でワイン醸造を行うきっかけとなりました。

スロヴェニアの国際ワインコンクールでは見事グランド・ゴールド・メダルを受賞しました。
1986年のヴィンテージは大金賞、1997年のヴィンテージは金賞を受賞するほど、世界中から品質の高さが認められています。

created by Rinker
シャトー・メルシャン
¥12,500 (2021/05/18 08:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回はシャトーメルシャンについてまとめました。日本国内であっても、ブドウが栽培される地域によってワインの味に違いが出てくるのは面白いですよね!

日本独特のテロワールが楽しめるワイナリーとなっていますので、ワイン通の方もビギナーの方も、一度シャトーメルシャンのワインを試してみてはいかがでしょうか?