蒸留酒の樽をスマホで売買・保有・管理できるサービス「UniCask」

レシカとジャパンインポートシステム(JIS)は、蒸留酒の樽管理サービス「UniCask」の運営のため合同で株式会社UniCaskを設立。同サービスを2021年春頃にリリースすると発表した。

「UniCask」は、蒸留酒が入った樽をスマートフォンを使って管理できるサービス。本サービスのリリース開始とともに、日本の蒸留所が造るウイスキー樽の取り扱いを開始し随時日本各所の蒸留所との提携をしていく予定だとしている。

本サービスの最大の特徴は、スマートフォン一つで「売買、保有、管理」のすべてを行うことができる点だ。

システムの一部にブロックチェーンの技術を利用していることで、利用ユーザーの安心安全な取引を実現。これにより、煩雑だった樽の所有権の証明及び移転登記、オンラインでの売買履歴の管理なども行えるようになるという。

リリース情報元(PR TIMES)はこちら