サントリー、ソーダ割り向けに仕上げた「梅酒樽仕上げ〈山崎樽梅酒ブレンド〉」

サントリースピリッツ(株)は、リキュール商品の新商品として「サントリー梅酒樽仕上げ〈山崎樽梅酒ブレンド〉」を発表。3月30日(火)より発売する。

ウイスキーの熟成に使用した古樽で熟成させた「山崎蒸溜所貯蔵梅酒」シリーズの名称を変更し、新たに「山崎樽梅酒」シリーズとして発表している。

本商品は、梅酒をソーダで割って楽しむ近年の習慣から、ソーダ割り向けに中身を仕上げているのが特徴だ。
豊かな香りと余韻を感じられるように様々な原酒をブレンドし、アルコール度数も20%と高めに調整。隠し味にはブランデーも使用し、樽熟成由来の程よい苦みとすっきりとした味わいをバランスよく堪能できる。

ラインアップは、750ml(瓶)と1L(紙パック)の2種類。

価格(税抜き価格)は、750ml(瓶)が1,365円、1L(紙パック)が1,520円。

リリース情報はこちら
「サントリー梅酒」ホームページはこちら

関連記事一覧