SAKE HUNDRED、26年熟成の日本酒「現外」を500本限定で発売

株式会社Clearが運営する日本酒ブランド「SAKE HUNDRED(サケハンドレッド)」は、1995ヴィンテージの熟成日本酒「現外(げんがい)」を、26年熟成品として発売すると発表した。販売数量を500本の限定とし、2021年1月13日(水)より事前申し込みを開始する。

同社では昨年に25年熟成品を発売しており、今回はさらに1年の熟成を経た26年モノとしての販売する。

昨年よりも口当たりなめらかに、より洗練された味わいが特徴。1995年の阪神淡路大震災の際に倒壊した酒蔵の残存したタンクの酒母を熟成しており、残っている量で造ることができる想定本数は3000〜4000本と限りがあるため、本年の販売本数を500本の限定としている。

価格は198,000円(税込)。

リリース情報元(PR TIMES)はこちら
26年熟成『現外』の事前申込ページはこちら
株式会社ClearのHPはこちら

商品詳細
商品名:26年熟成「現外(GENGAI)」
製造元:沢の鶴株式会社
内容量:500ml
価格:198,000円(税込)
事前申込受付開始日:2021年1月13日(水)

関連記事一覧