ワイン常識「ネゴシアン」と「ドメーヌ」とは!?その違いも解説

フランスワインをよく飲まれる方なら、「ネゴシアン」や「ドメーヌ」のラベルを目にしたこともあるでしょう。

「ブランド名?」
「生産者名?」
「どういう意味?」

ワイン好きなら知っておきたい基礎知識のひとつなのです。

今回は、フランスワインの「ネゴシアン」と「ドメーヌ」について注目し、気になるネゴシアンワインとドメーヌワインの「特徴」や「違い」も分かりやすく解説していきたいと思います。

ネゴシアンとは?


ネゴシアン(Negociant)とは、フランスでぶどうや果汁を買い付けてワインに製造し、自社ブランドとして販売や流通する「ワイン商」のことを指します。いわゆる、ワインを卸売や販売を行う業者のこと。ぶどうから買い付けることもあれば、樽ごとワインを買い付けることもあります。

しかし、フランス国内の地域によってもネゴシアンの定義が大きく異なります。ボルドーの場合は、既製品のワインを買い付けて自社アレンジを加えて販売する業者を指す。ブルゴーニュの場合は、買い付けたぶどうを自社で醸造する業者を指します。

いずれにしても、買い付けのみでワインの製造を行っているのがわかりますね。

ドメーヌとは?


一方でドメーヌとは、フランス国内で製造されている小規模なワイン生産者のことを指します。フランス語で(Domaine)と書いて、区画や領土を意味する言葉。主にブルゴーニュのワイン生産者のことをいいます。

ドメーヌは自社の畑を持ち、ぶどうの栽培から収穫や熟成、瓶詰めなどすべての製造作業を一貫して同じ生産者が行います。ブルゴーニュ地方では、フランス革命後に細分化した畑を農家さんに与えたという歴史があるため、畑の多くは小規模な単位でワイン造りしているのが特徴です。

ワインに違いは?それぞれの特徴を解説


これだけでは「ドメーヌワインは自社で造るから品質が高い」と思われがちですが、一概にそうとは言えません。それぞれにメリットがあり、どのような特徴を持っているのか、見ていきましょう。

ネゴシアンワインの特徴は?

ネゴシアンワインは醸造施設を持たないワイナリーから、品質の良いぶどうのみを大量に買い付けて製造しています。しっかり「質の高いぶどう」を厳選し、天候に影響されることなく手に入れられるので、結果的に購入しやすい価格帯が多いのです。

また飲みやすく、万人受けするようにブレンドされるワインが多いのも特徴のひとつ。これは、ネゴシアンはワイン商人なので、基本的に市場ニーズの高いワインを造る背景があるからです。なので、同じワインを飲みたいと思った時に、ドメーヌワインより見つけやすいのもネゴシアンワインのメリットです。

ドメーヌワインの特徴は?

ドメーヌでは自社で畑を所有する生産者もいれば、一つの畑を多数のワイナリーでシェアすることもあります。どちらにおいても、ワイナリーが持つ畑の面積は限られているので、収穫できるぶどうの量はわずかです。

また、単一品種によるワイン造りが主流のため、ぶどうの品質は天候にも影響されやすく、生産者によっては納得のいくぶどうが採れない年はワインを販売しないこともあるとか。その希少さから、人気の銘柄は販売価格より高値で取引されることもしばしば。代表的な銘柄と言えば、世界的にも有名な「ドメーヌ・ロマネ・コンティ」がまさにその一例。

そして、製造のすべてを自社で行っているため、生産者ごとの個性が強く現れるのが特徴です。好き嫌いがはっきり分かれますが、唯一無二な味わいが多くのワインファンから支持されています。

違いを比べてみましょう!


長く解説しましたが、ちょっと分かりにくいという方は、表で見てみましょう。

ネゴシアンワイン ドメーヌワイン
製造 ぶどう買い付けによる大量生産
ブレンドワインが主流
天候に左右される小規模生産
単一品種ワインが主流
味わい 万人受け 個性派
特徴 安定した高品質 希少性が高い
価格 お手頃な価格帯で購入できる 高級ワインが多く値も張る

まとめ


今回は、ネゴシアンワインとドメーヌワインの特徴や違いについて紹介してきました。同じフランスワインでも、製造スタイルが180度違うことがわかりましたね。

それぞれの特徴を押さえて、ぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか?