サントリー、-196℃ブランドの新フレーバーやリニューアル商品を発売

サントリースピリッツ(株)は、-196℃ブランドの新フレーバーとして、「-196℃ 〈ザ・まるごとパイナップル〉」を4月27日(火)より発売すると発表した。

新商品となる「-196℃ 〈ザ・まるごとパイナップル〉」は、果実まるごとの味わいを感じられるように糖質をゼロ、アルコール度数を7%に仕上げている。※食品表示基準に基づき、100mlあたり0.5g未満を「糖類ゼロ」と表示。

「-196℃ 〈ザ・まるごとパイナップル〉」のラインアップは、350ml(缶)と500ml(缶)の2種類。

希望小売価格は、350mlが141円(税抜)、500mlが191円(税抜)。

「-196℃ 〈ザ・まるごとパイナップル〉」のリリース情報はこちら

また、同時に「-196℃ ストロングゼロ〈ガツーンとサイダーサワー〉」のリニューアルも発表。こちらは4月上旬以降より順次発売する。

こちらは、中身をよりサイダーらしい爽快感に仕上げ、パッケージも変更しているのが特徴。アルコール度数は9%となっている。

「-196℃ ストロングゼロ〈ガツーンとサイダーサワー〉」のラインアップは、350ml(缶)と500ml(缶)の2種類。

希望小売価格は、350mlが141円(税抜)、500mlが191円(税抜)。

「-196℃ ストロングゼロ〈ガツーンとサイダーサワー〉」のリリース情報はこちら

関連記事一覧