芋臭さがヤミツキに!癖の強い芋焼酎5選!

芋焼酎は独特な香りと味が特徴のお酒です。飲みにくいと感じてしまう人も多いですが、中には「もっと癖がある芋焼酎が飲みたい」という、生粋の芋焼酎好きもいるかと思います。

そこで今回は、芋焼酎の中でも「癖が強い芋焼酎」に絞って紹介していきます。芋焼酎が好きな人はぜひ参考にしてみてください。

癖の強い芋焼酎選びのポイント


まずは芋焼酎選びのポイントやコツをみていきましょう。

香りで選ぶ

芋焼酎は香りが豊かな焼酎です。ガツンと芋の香りが強いものから、芳醇で甘みがあるものまで様々。まずは自分好みの香りがする芋焼酎を選んでみて、実際に飲んでみることをおすすめします。

味で選ぶ

芋焼酎の味わいは、大きく3つのタイプに分けられます。

・淡麗
・旨口
・辛口

まずは旨口を飲んでみて、もうちょっとスッキリ飲みたいと感じた方は淡麗、もっとガツンと飲みたいと感じた方は辛口をチョイスしてみてください。

麹で選ぶ

芋焼酎は原料を発酵させる過程で「麹」を使用します。

麹には3種類あり、

・白麹:まろやかで旨口
・黒麹:がっつり辛口
・黄麹:スッキリ淡麗

上記のような分類をされています。癖の強い芋焼酎を飲みたいなら、黒麹を使用した商品がおすすめです。

産地で選ぶ

産地によっても芋焼酎の味わいは異なります。基本的に芋が美味しい地域の芋焼酎は、品質が高くなりやすいです。

そのため鹿児島の芋焼酎は、美味しい銘柄や有名な商品が多いのです。日本各地には、芋が名産の地域も多数ありますので、いろんな地域の芋焼酎を試してみてください。

癖の強い芋焼酎を5つ紹介

それでは癖の強い芋焼酎を5つ紹介していきます。

伊佐美


引用:amazon.co.jp/

伊佐美はプレミア焼酎の「元祖」とも言われる芋焼酎です。蔵元である甲斐商店は、明治32年に創業した鹿児島県伊佐地方伊佐市にある酒蔵。この地域は鹿児島の芋焼酎発祥の地としても知られ、多数の酒蔵が軒を連ねています。芋焼酎造りに適した冷涼な気候と、美味しいお水のおかげもあり、長年に渡り芋焼酎を作り続けてきました。

伊佐美は芋焼酎が日本でブームになる前から人気で、入手困難な芋焼酎として知られています。現在は手に入りやすくなりましたが、昔はプレミアがついていました。

また芋焼酎は白麹を活用して造られるのが主流でしたが、伊佐美は昔から黒麹を使用し、力強い味わいに仕上げられています。芋の濃厚な味わいが特徴的で、飲み口は軽やか、芋の味をダイレクトに感じることができます。

 

佐藤 黒ラベル


引用:amazon.co.jp/

佐藤 黒ラベルは、黒麹の力強さが自慢の芋焼酎です。蔵元の佐藤酒造は、鹿児島県霧島市にある明治39年創業の酒蔵。規模は小さく、少量生産でこだわりを持って酒造りを行う酒蔵です。

また霧島の山々から湧き出る天然水は、原料である芋の旨みや甘みを最大限に引き出してくれます。佐藤には白ラベルもありますが、黒の方がどっしりと力強い印象があり、後味にキレが感じられるでしょう。

芋独特の旨みと香りが強いため、お湯割りで飲むことをおすすめします。少し癖が強すぎると感じる人は、白ラベルの方を試してみてください。

 

六代目百合


引用:amazon.co.jp/

鹿児島県の西40kmに浮かぶ甑島(こしきじま)で造られた芋焼酎で、かつては「島外不出」と言われた逸品です。塩田酒造で造られる六代目百合は、島の農家が作る「白さつま」、と呼ばれるさつま芋品種を使用し丁寧に仕込まれます。

芳醇な香りと濃厚な味わいで、芋焼酎ファンから絶大な人気を誇っています。芋焼酎の力強さもありますが口当たりは軽快です。まずはストレートで、芋の旨みを楽しんでみてください。

 

小鶴 初心者お断り


引用:amazon.co.jp/

名前から癖が強いこちらの焼酎は、「もっと癖の強い芋焼酎が飲みたい」という要望から誕生した芋焼酎です。ボトルにも「芋の臭さがたまらない」「初心者お断り」と書かれており、その癖の強さが伺えます。

蔵元の小正醸造では、生産農家の顔が見える焼酎造りをし、徹底した品質向上を目指しています。また、さつま芋は全て契約農家から仕入れており、お客様に安心して飲んでもらえる努力を惜しみません。

小鶴 初心者お断りは、「農林2号」「黄金千貫」をブレンド、芋臭さと力強さが特徴の芋焼酎です。初心者には飲みにくいかもしれませんが、芋焼酎ファンなら唸るような美味しさだと思います。普通の芋焼酎に飲み飽きたという人は、ぜひ試してみてください。

 

鶴見

引用:amazon.co.jp/

本格派の芋焼酎で、昔からのリピーターが多い鶴見。蔵元である大石酒造は、100年以上の歴史を持つ老舗酒蔵です。五代目の啓元(ひろもと)は元エンジニアで、研究熱心で物つくりが好きな一面を持っています。これまでにも新しい商品を多く世に出しており、これからが楽しみな酒蔵です。

鶴見は芳醇な香りと濃厚な旨みが特徴で、香ばしい余韻も楽しむことができます。まさに王道という言葉がふさわしい芋焼酎です。

 

まとめ

今回は癖の強い芋焼酎を紹介しました。芋焼酎好きにはたまらない銘柄もあったのではないでしょうか。これから芋焼酎を購入するという方は、今回の記事を参考に芋焼酎選びをしてみてください。

関連記事一覧