なぜ人はお酒を飲みたくなるのか?心理や原因から飲みたい欲求をおさえる方法まで

日常生活を送っていると、無性にお酒が飲みたいと感じることってありますよね。

なぜ人はお酒を飲みたい衝動に駆られるのでしょうか?

この記事では、お酒が飲みたくなる理由や原因をまとめて解説します。

お酒を減らすきっかけにもなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

お酒を飲みたくなるメカニズム

まずはお酒が飲みたくなる心理やメカニズムを解説します。

お酒は記憶に残りやすい

お酒は脳の記憶に残りやすいことが分かっています。

アメリカ・ペンシルベニア大学のガボール・エゲルヴァーリ氏らの研究では、「お酒の記憶は残りやすい」と発表しました。

アルコールを飲むと、細胞が刺激され記憶の形成に影響が出てしまうのです。

お酒を飲んでいる時は、美味しい食べ物や仲の良い友人との会話、居酒屋の雰囲気など、脳内を刺激するもので溢れています。

そのため、刺激的な記憶が呼び起こされ「またお酒を飲みたい」と感じるのです。

「お酒は楽しいもの」という先入観

多くの人は、「お酒=楽しい」という先入観を持っています。

なぜなら、テレビCMや広告でイメージができあがっているからです。

「疲れた時はビール」
「お祝い事には日本酒」
「リフレッシュしたい時はチューハイ」

といったように、毎日宣伝を聞いていると「お酒は楽しいもの」と考えるようになります。

そのため、ふとした瞬間に「お酒が飲みたい」と感じることが多いのです。

お酒を飲みたい衝動に駆られるケース

私たちが普段、「お酒を飲みたい」と思う瞬間をまとめてみました。

友達と会う時

友達と会う時は、思いっきり会話を楽しみたいですよね。

そんな時にお酒があると、陽気な気分になり会話も弾みます。久々に会う友達なら、なおさらですよね。

また大人になると友達と「遊ぶ」よりも「飲む」ことが増えます。

そのため、友達と会う時は飲みに行くのが定番化していくのです。

何かを達成した時

何かを達成した時は、パーッとお酒を飲みたくなります。

仕事のプレゼンが終わった時、プロジェクトが成功した時、告白が成功した時…そんな喜ばしいことがあると、お酒で祝杯を上げたいですよね。

また達成する過程でストレスを溜め込んでいる背景もあり、なおさらお酒が飲みたくなってしまいます。

美味しいものを食べた時

美味しいものを食べるとお酒が飲みたくなります。

刺身や唐揚げ、漬物などつまみになりそうなものだと、「お酒と合わせたら美味しそう」と感じます。

特にお酒が好きな人は、どんな食べ物でもお酒と結びつけてしまいますよね。

ストレスが溜まっている

お酒を飲むと、体の緊張がほぐれてリラックス状態になります。

そのため、ストレス解消のためにお酒を飲む人は多いです。

また人間はストレスを感じると、味覚が鈍くなるといわれています。疲れ切った時に苦いビールを美味しく感じるのは、味覚が変化していたからなんです。

ただしお酒を飲みすぎると体調が悪化し、ストレスを溜める原因にもなります。

ストレス発散をしたい時は、適量飲むことを心がけましょう。

睡眠不足

睡眠不足が原因で、寝酒をする人もいるでしょう。

お酒を飲むとほろ酔い気分になり、気持ちよく眠れる気がします。

しかし睡眠前のお酒は逆効果です。

お酒を飲むと肝臓がアルコールを代謝し、アセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が分泌されます。

アセトアルデヒドは、頭痛や吐き気、目まいなど二日酔いの症状を誘発します。そもそも、アルコールを代謝するために肝臓が働いている時点で、体は眠れていません。

少量なら問題ないという意見もありますが、多くの場合は飲まない方がいいでしょう。

コミュニケーション

お酒はコミュニケーションを円滑にしてくれます。

アルコールを摂取すると、気分が良くなり緊張もほぐれます。

口下手な人でも口数が多くなり、周りとの会話が弾む場合があります。

そのため、人と話す時は「お酒を飲もう」と感じるのです。

変身願望がある

アルコールは、人の性格を変えることがあります。

静かな人が笑い上戸になったり、温厚な人が怒り狂ったりと、人格が変わる場面も珍しくありません。

こういった人は、自分の本当の性格を抑え込んで生きています。自分を解放したいという気持ちに駆られ、お酒を飲みたくなってしまうのです。

アルコール依存症

アルコール依存症とは、飲む量やタイミングを自分でコントロールできない状態を指します。

どんな状況でも飲むことを辞められず、日常生活や社会生活に支障が出てしまう精神疾患です。

アルコール依存症になった場合は、すぐに病院を受診してください。

飲みたい欲求を抑える方法

「お酒を飲みたいけど、今は飲んではいけない」という場面もあります。

そこでお酒を飲みたい欲求を抑える方法を紹介します。

お酒以外のごほうびを用意する

頑張った自分へのごほうびに、お酒を飲むことがあります。

これをお酒ではなく、他のものに変えてみてはいかがでしょうか?

・1日の終わりはレモンスカッシュにする
・お気に入りの入浴剤でお風呂に入る
・好きな食べ物を食べる

このようにお酒以外にも、自分の喜べるものを見つけるといいでしょう。

食事を楽しむ

お酒が好きな人は、お酒を飲むことをメインで考えがちです。

そんな時は、食事を楽しむことを心がけてみましょう。

美味しい食事があれば、お酒を飲まなくても幸せな気持ちになれます。

たまにはお酒を飲まずに、食事に集中してみてくださいね。

運動する

運動は禁酒につながります。

なぜなら、運動するとストレス発散になるからです。

お酒を飲む人の中には、ストレス解消のために飲酒する人もいるでしょう。

運動するとストレス発散になるだけでなく、スタミナがつき健康な体になります。

その結果、お酒を飲む必要がなくなるのです。ストレスが溜まっている人は、運動を始めてみてはいかがでしょうか。

お風呂にゆっくり浸かる

疲れてお酒を飲みたい日は、ゆっくりとお風呂に入ってみてはいかがでしょうか。

入浴すると、体が温まり疲労感が解消されます。また血流が改善し、体の凝りも取れやすくなるでしょう。

お酒にも体を温めたり、血流を良くしたりする効果があります。それを入浴に置き換えれば、健康的な体を手に入れることができます。

炭酸水を飲む

炭酸水は、お酒の代わりになる飲み物です。

お酒を飲む人の中には「ビールの爽快感が好き」「さっぱりしたい」という人もいます。

炭酸水なら爽快な喉越しを楽しめ、気持ちをリフレッシュできます。またお酒よりも安価なので、節約にもなるのがメリットです。

休肝日を設ける

休肝日とは週に1〜2日、お酒を飲まない日を設けることです。

厚生労働省では、「肝臓を休めるために週1日以上飲酒しない日を設けることを推奨する」としています。

休肝日を設けると、肝臓の働きが改善し体調が良くなります。健康になった実感を得られるため、お酒を飲む頻度を減らせるでしょう。

毎日お酒を飲んでいる人は、週1日でもいいので休肝日を設けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、なぜ人はお酒を飲みたくなるのか解説してきました。

お酒を飲みたくなるのは自然なことです。飲みたい衝動に駆られた時は、適量を守って飲酒しましょう。

それでは本記事を参考に、お酒との付き合い方を考えてみてくださいね。