話題を集めている「ノンアルコール焼酎」に注目!

近年は、多くのノンアルコール飲料を目にするようになりましたね。お酒を飲めない運転手の強い味方として、確固たる地位を確立してきました。

最近ではビール、カクテル、梅酒、ワインなどさまざまなテイストが並んでいますが、実は今「ノンアルコールの焼酎」なるものも出てきており注目を集めています。

筆者は最近知ったのですが、まだまだ「ノンアルコール焼酎」の存在を知らずに人もいるはず!ということで、今回は飲めない人の救世主「ノンアルコール焼酎」の魅力をお伝えしたいと思います。
飲んでも酔わない焼酎テイストは、アルハラ対策にも打ってつけですよ!

「ノンアルコール焼酎」とは

「ノンアルコール焼酎」とは、焼酎テイストの清涼飲料水のことを指しています。もちろんアルコール成分が含まれてませんが、焼酎の香りや味わいが楽しめるのが魅力です。

焼酎を造る工程のうち発酵のプロセスをスキップしただけで、アルコールを含まない焼酎を生み出しています。そのため、使われている材料は焼酎造りに使われるものと全く同じものを使用されていることが多いです。

おすすめの理由

新たなお助けアイテムとして注目される「ノンアルコール焼酎」ですが、ここでメリットについて簡単に確認しておきましょう。

ノンアルコール焼酎のメリット

●アルコールゼロ

ノンアルコールなので、もちろんアルコールはありません。肝臓を酷使することなく焼酎の味わいを楽しむことができます。
妊娠中や授乳中でお酒が飲めない女性の方や、健康上の理由でお酒を断たなければならない方、また本物の焼酎を飲むのに抵抗があるというビギナーの方でも安心して飲めますね。

●カロリーゼロ

酸味料や甘味料を駆使し、カロリーゼロながら焼酎に近いテイストが実現している商品がほとんどです。体型を気にする方には嬉しいポイント!

●糖質ゼロ

健康志向の方なら泣いて喜ぶ糖質ゼロ!糖質を気にしている方でも飲める焼酎テイスト飲料となっています。どうしても焼酎が飲みたくなった時には「ノンアルコール焼酎」がおすすめです。

人気の銘柄

「ノンアルコール焼酎」の中で特に人気なのは「小鶴ゼロ」という商品です。
業界で初めて生み出されたノンアルコールの芋焼酎で、「ノンアルコール焼酎」のパイオニア的存在です!

小鶴ゼロ

引用:amazon.co.jp

鹿児島県産の「黄金千貫」という品種のサツマイモが原料として使われています。
サツマイモならではのふんわりとした甘さが、幅広い世代を虜にしています。

本物の焼酎よりも味はライトで、水割りしなくても飲める味わいです。
お手頃なサイズ感なのでトライしやすい商品!ビンごとキンキンに冷やしてから飲むのがおすすめです。

これから本格焼酎に挑戦しようと思っているビギナーさんは、試しに「小鶴ゼロ」を飲んでみてはいかがでしょうか?

【製造元】
製造元は鹿児島県にある小正醸造。
1883年に産声を上げた蔵元で、焼酎以外にもウイスキーやリキュール、スピリッツなどの製造も行なっています。
本格焼酎「小鶴」は地元を代表する銘柄で、多くの人から親しまれています。

 

おわりに

今回は「ノンアルコール焼酎」についてお伝えしました。

断りにくいお酒の席や禁酒中でも重宝する品ですので、まだ試したことがない方もぜひ「ノンアルコール焼酎」の魅力に触れてみてください。

関連記事一覧