ノンアルコールビールとは?運転や妊娠中に飲んでも大丈夫?

お酒が飲めない時に活躍してくれるノンアルコールビール。爽快な喉越しとビールに近い味で、お酒の雰囲気を楽しめます。

しかしノンアルコールビールに対して、

「ノンアルコールビールは飲酒運転になる?」
「妊婦や子供が飲んでも大丈夫?」
「お酒より健康に良いの?」

とさまざまな疑問が浮かんでいる人もいるでしょう。

そこで今回はノンアルコールビールについて詳しく解説をしていきます。おすすめのノンアルコールビールも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

ノンアルコールビールとは?

ノンアルコールビールとは「アルコール1%未満」のビールテイストを指します。

日本の酒税法では、アルコール1%以上が酒類、アルコール1%未満が清涼飲料と位置付けられています。

そのためアルコールが含まれたビールテイスト飲料も「ノンアルコール飲料」として販売ができます。

ただし日本で販売されている大手ビールメーカーのノンアルコールビールのほとんどがアルコール度数0.00%です。

以前はアルコール度数0.00%でない銘柄もありましたが、現在は誰にでも飲めるようにアルコールが全く入っていないノンアルコールビールが主流です。

ただし、中にはアルコールが入ったものもありますので注意してください。

ノンアルコールビールに関する疑問

ノンアルコールビールに関する疑問に回答していきます。

飲みすぎると違反で捕まる可能性がある?

アルコールが含まれたノンアルコールビールを飲んで運転すると、違反で捕まる可能性があります。

日本で販売されているノンアルコールビールのほとんどがアルコール度数0.00%のため、飲酒運転になる可能性はほとんどありません。

しかし海外から輸入されたノンアルコールビールや、日本の一部銘柄にはアルコールがわずかに含まれた銘柄もあり注意が必要です。

例えば、居酒屋で人気のホッピーはアルコール度数が0.8%のノンアルコール飲料です。アルコールが弱い人が飲んでしまうと、酒気帯び運転や飲酒運転の検査に引っかかってしまう可能性があります。

妊娠中は飲んでもいい?

アルコール度数0.00%のノンアルコールビールなら、妊娠中でもアルコールによる影響はありません。

妊娠中にアルコールを飲むと、お腹の中の子供にもアルコールの成分が届いてしまいます。その結果、知的障害や早産などさまざまなリスクが上がると言われています。

妊娠中にノンアルコールビールを飲むときは、必ずアルコール度数0.00%か確認をしてから購入してください。

子供や未成年でも飲める?

子供や未成年のノンアルコールビールは推奨されていません。

アルコール度数0.00%のノンアルコールビールは清涼飲料なので、20歳未満の未成年でも飲めます。

しかしビールやアルコールの味に近づけてあるため、飲酒を誘発する恐れがあります。

そのためノンアルコールビールも20歳になってから飲んだ方がいいでしょう。

仕事中のノンアルコールビールはOK?

仕事中のノンアルコールビールについて明確なルールを定めている会社は多くありません。

そのためノンアルコールビールはグレーゾーン、もしくは個人の判断に委ねられています。

実際に仕事中にノンアルコールビールを飲む人は少なく、仮に飲んだとしても周りからの視線が気になってしまいます。

会社全体でノンアルコールビールを飲める雰囲気なら問題ありませんが、現状では飲めない人の方が多いようです。

ノンアルコールのカロリー

ノンアルコールビールのカロリーは1缶(350ml)で40~70kcal程度です。通常のビールが140~160kcalのため、普通に飲むよりもヘルシーです。

アルコールには1gあたり約7kcalが含まれています。要するにアルコールが入っていないノンアルコールビールはカロリーが低いのです。

また中にはカロリーゼロのノンアルコールビールもあり、ダイエットしている人にもおすすめです。

ただしノンアルコールビールでも、飲みすぎるとカロリーオーバーになりますので注意してください。

ノンアルコールビールは健康に良い?

実はノンアルコールビールは健康に良いということも分かっています。

そこでノンアルコールビールがどう健康に良いのかまとめてみました。

睡眠の質が上がる

ノンアルコールビールにはホップとGABAが含まれています。

ホップには鎮静作用があり、興奮状態を抑え、リラックス効果が期待できます。GABAは副交感神経に働きかけリラックスしやすい状態を作ってくれます。

そのためストレスを抱えた時や落ち着きたい時は、ノンアルコールビールを飲んでみてはいかがでしょうか。

ダイエット効果

ノンアルコールビールに含まれるGABAには、中性脂肪やコレステロールを抑制する働きがあります。

そのため普段の晩酌をビールではなく、ノンアルコールビールに置き換えればダイエット効果を期待できます。

休肝日になる

ノンアルコールビールにはアルコールが含まれていないため、休肝日を作りたい時におすすめです。

「休肝日だけどどうしてもビールが飲みたい」そんな時はノンアルコールビールで気持ちを抑えるといいでしょう。

飲みすぎには注意が必要

ノンアルコールビールは健康に良い面もありますが飲みすぎには注意が必要です。

人工甘味料のアセスルファムカリウムや果糖ぶどう糖液糖、カラメル色素など、避けた方が良いと言われる添加物も含まれています。

適量なら問題ありませんが、飲みすぎると健康を害してしまう可能性がありますので注意してください。

おすすめのノンアルコールビール

最後におすすめのノンアルコールビールを紹介します。

キリン パーフェクトフリー

キリンのパーフェクトフリーは「脂肪の吸収を抑え、糖の吸収をおだやかに」をコンセプトとしたノンアルコールビールテイスト飲料です。

食物繊維の難消化性デキストリンが含まれており、脂肪や糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。またカロリーと糖類もゼロなので、甘すぎずキリッとした味わいを楽しめます。

ビール気分を味わいながら美味しい食事を楽しみたい人におすすめです。

からだを想う オールフリー

サントリーのからだを想う オールフリーは「内臓脂肪を減らす」をコンセプトとしたノンアルコールビールテイスト飲料です。

オールフリーに含まれているローズヒップ由来のティリロサイドには、内臓脂肪を減らす効果があると言われています。

またカロリーゼロ、プリン体ゼロ、糖類ゼロと3つのゼロを実現し、多くの人に支持されています。

健康診断で内臓脂肪や体重を指摘された人は、いつものビールをオールフリーに置き換えてみてはいかがでしょうか。

キリン カラダFREE

キリンのカラダFREEは「お腹まわりの脂肪を減らす」をコンセプトとしたノンアルコールビールテイスト飲料です。

キリンが独自に開発した熟成ホップエキスには、ホップ由来の苦味酸が含まれています。この苦味酸には、お腹まわりの脂肪を減らしてくれる機能があります。

またカロリーと糖類もゼロで、食事を邪魔しないすっきりとした味わいも魅力のひとつです。

飲みすぎや食べ過ぎでお腹まわりの脂肪が気になる人はぜひ試してみてください。

まとめ

今回はノンアルコールビールについて詳しく解説をしてきました。

飲みすぎには注意が必要ですが、カロリーも低く健康にも良いためビール好きの人におすすめです。

最近は味や香りのクオリティも上がってきていますので、ぜひこの機会にノンアルコールビールを試してみてはいかがでしょうか。