【脱アル】ノンアルコールのシャンパンおすすめ10選

お酒が苦手な方や妊娠中の方はもちろん、アルコールと健康の関係を気にされる方に特におすすめしたいのが「ノンアルコールシャンパン」です。

実は、世界的にも健康志向の観点からノンアルコールが人気になってきています。

そこで、今回はノンアルコールシャンパンの概要や種類、おすすめの銘柄を10つ紹介します。

ノンアルコールシャンパンとは?

健康志向が増える中、世界的にノンアルコール・微アルコール飲料の需要は年々高まっています。

中でもノンアルコール飲料の1つとして注目されるのが「ノンアルコールシャンパン」です。近年そのクオリティが需要とともにどんどん上がってきています。

ちなみに、一般的に「ノンアルコールシャンパン」と呼ばれますが、「ノンアルコールスパークリングワイン」が正しい名称です。

実は、シャンパンと名乗ることができるのは、フランスのシャンパーニュ地方で基準を厳守して製造されたワインだけ。シャンパーニュ地方以外のものは「スパークリングワイン」に分類されます。

少し余談ですが、2021年7月にロシアで「ロシア国産のスパークリングワインのみ『シャンパン』と名乗ることができる」という法律が成立したことで、呼称については状況が少し変わってきていたりもします。

ノンアルコールシャンパンの2つのタイプ

ノンアルコールシャンパンは大きく分けて「脱アルコールタイプ」「ジュースタイプ」の2種類があります。「脱アルコールタイプ」は銘柄によってはアルコールが微量ですが、含まれている可能性があるので注意してください。

反対に「ジュースタイプ」はアルコールは含まれていないので、誰でも楽しめます。それぞれの製造方法や特徴について理解していきましょう。

脱アルコールタイプ

スパークリングワインからアルコールを取り除く方法で製造されるのが「脱アルコールタイプ」です。

一度スパークリングワインを造る工程があるのため、本物のアルコール入りのスパークリングワインに近い味わいや香りを楽しむことができ、お酒好きを中心に人気を集めています。

酒税法上アルコール度数が1%未満であればノンアルコール飲料として販売可能です。そのため、銘柄によっては若干アルコールが含まれてものもあるため、運転する方や妊娠されている方は、注意してください。

ジュースタイプ

「ジュースタイプ」はアルコールが発生しないように製造されているため、アルコールは全く含まれておらず、誰でも楽しめます。

そのため、一般的なノンアルコール飲料と比較するとお酒感は少ないものの、老若男女問わずに安心して飲むことができます。妊娠している方へのプレゼントにもピッタリのタイプといえるでしょう。

脱アルコールタイプのおすすめ銘柄5選

まずは、脱アルコールタイプでおすすめの銘柄は次の5つです。

・ロゼ・スパークリング
・ブリュット ノンアルコールスパークリングワイン
・グレープ・スパークリング・ビアンコ
・スパークリング・ドライ
・ゴッセ・ディ・ルナ オーガニック スパークリング ジュース

いずれも同じ脱アルコールタイプですが、銘柄によって特徴は大きく異なるので、それぞれの魅力について理解していきましょう。

ヴァンドーム「ロゼ・スパークリング」

女性に人気で女子会などにもおすすめなのが、ヴァンドームの「ロゼ・スパークリング」です。

ベルギーで製造されているアルコール度数0%のノンアルコールシャンパンで、結婚式やホテル、レストランなどでも多く取り扱われています。

独自の低温低圧蒸留によってワインの風味を損なわずアルコールを除いていることから、ノンアルコールシャンパンとは思えないほどの味わいを楽しめるでしょう。ワイン用のブドウで製造されていますが、イチゴなどの香りとベリー系のフルーティでさわやかな味わいに仕上がっています。

カプリース「ブリュット ノンアルコールスパークリングワイン」

高級レストランやホテルなどでも取り扱われているのが、カプリースの「ブリュット ノンアルコールスパークリングワイン」です。こちらは、南アフリカで製造されているアルコール度数0%のノンアルコールシャンパンとなっています。

糖度と酸味のバランスがしっかりと取れた辛口タイプの銘柄で、その味わいと泡のきめ細かさはシャンパンそのものと称される一品です。多くのソムリエからも高い評価を得ており、高級レストランやホテルなどで取り扱われるのも納得の仕上がりといえます。

また、一般的なワインと比べるとカロリーが約1/3以下ともいわれており、ダイエットや健康に気を付けている方も楽しめます。

ドネリ「グレープ・スパークリング・ビアンコ」

イタリア料理と相性が良いとされるのがドネリの「グレープ・スパークリング・ビアンコ」です。イタリアで製造されおり、アルコール度数は0.05%のノンアルコールシャンパンとなっています。

「グレープ・スパークリング・ビアンコ」は砂糖無添加で、濃縮還元でないストレート果汁のブドウジュースにワインの製造過程で発生する炭酸ガスを溶け込ませて出来上がります。
製造方法が異なるため、一般的なノンアルコールシャンパンとは思えない味わいを楽しむことができ、ピザやカルパッチョとの相性は抜群です。

ただし、アルコールが若干含まれているため、お酒の弱い方はもちろん、運転する方や妊娠されている方は、注意してください。

created by Rinker
ドネリ(TUSCANY)
¥2,178 (2021/09/22 07:55:22時点 Amazon調べ-詳細)

カールユング「スパークリング・ドライ」

ノンアルコールにありがちな嫌な後味がないと評判のカールユングの「スパークリング・ドライ」です。こちらはドイツで製造されているアルコール度数0.5未満のノンアルコールシャンパンとなっています。

独自開発された低温真空蒸留法によってアルコールを除いており、ノンアルコールシャンパンでありながらワイン本来の風味を存分に楽しむことができるでしょう。前述のとおり、雑味や苦味、嫌な甘みといったノンアルコールにありがちな嫌な後味もありません。

「スパークリング・ドライ」は800円前後で購入できるため、コスパも抜群です。

アンナ・スピナート「ゴッセ・ディ・ルナ オーガニック スパークリング ジュース」

アンナ・スピナートの「ゴッセ・ディ・ルナ オーガニック スパークリング ジュース」は、上品な甘さを楽しめます。イタリアで製造されているアルコール度数0%のノンアルコールシャンパンで、有機農法で栽培されている白ワイン用のブドウであるシャルドネを100%使用している銘柄です。

甘口のノンアルコールシャンパンに仕上がっていますがベタな甘さではなく、ブドウのスッキリさも残っているため食中酒にしてもよいでしょう。パッケージもおしゃれで可愛らしく、プレゼントとして贈っても喜ばれるでしょう。

ジュースタイプのおすすめ銘柄5選

続いてはノンアルコールシャンパンのジュースタイプを紹介します。おすすめの銘柄は次のとおりです。

・「スパークリンググレープジュース」アランミラン
・シドルリ ミニャール スパークリングワイングレープジュース白
・スパークリング フレープジュース
・スパークリング・フルーツジュース・ホワイトグレープ
・ピュアポム スパークリング ホワイトグレープ ジュース

前述のとおり「ジュースタイプ」は「脱アルコールタイプ」よりもジュース感が強いのが特徴ですが、どの銘柄もワイン本来の風味を楽しめるものばかりです。ここでは、それぞれの銘柄の特徴についてみていきましょう。

アラン・ミリア「スパークリンググレープジュース」

ブドウ本来のさわやかさやスッキリさを楽しめるのが、アラン・ミリアの「スパークリンググレープジュース」です。

フランスで製造されている銘柄で、白ワイン用のミュスカデルと呼ばれる品種を100%使用しています。

魚料理やしゃぶしゃぶといったあっさりした鍋料理との相性抜群です。食中酒にもおすすめの銘柄といえるでしょう。

created by Rinker
アラン・ミリア
¥2,200 (2021/09/22 05:02:42時点 Amazon調べ-詳細)

パナバック「シドルリ ミニャール スパークリングワイン グレープジュース白」

フレッシュさとスッキリとした酸味を楽しめるのが、パナバックの「シドルリ ミニャール スパークリングワイングレープジュース白」です。

ベルギーで製造されている銘柄ですが、原料となっているブドウはイタリアで収穫されたトレッビアーノを使用しています。

無濃縮かつ加熱していないストレート果汁であるため、ブドウ本来の味わいを楽しむことができるでしょう。価格も700円前後と安価であり、初めてノンアルコールシャンパンに挑戦するという方にもおすすめの種類です。

ポールジロー「スパークリング グレープ ジュース」

コニャック(ブランデー)の造り手であるポールジローが手がける、ジュースタイプのスパークリングです。ブランデーに使用する「ユニ・ブラン」という白ぶどうを100%使用しています。

下手なワインよりも良い値段はしますが、ぶどうのパワーは一口で違いを示します。妊娠されている方や、お子様の誕生日にピッタリです。

ちなみに年に一度ブドウの収穫時期にしか生産販売されません。人気の商品ですぐに完売しています。8月頃に予約は始まる所もありますが、完売には注意が必要です。

ケロー「スパークリング・フルーツジュース・ホワイトグレープ」

老若男女に飲みやすいとされているのが、ケローの「スパークリング・フルーツジュース・ホワイトグレープ」です。

フランスで製造されている銘柄で、リンゴのスパークリングワインも手がける企業が製造、販売しています。

すっきりとした甘みとさわやかな酸味のバランスが取れた銘柄です。

オーバーシーズ「ピュアポム スパークリング ホワイトグレープ ジュース」

ストレート果汁100%でナチュラルな味わいを楽しめるのがオーバーシーズの「ピュアポム スパークリング ホワイトグレープ ジュース」です。

この銘柄は甘味料や香料、着色料を一切使用しておらず、ブドウ本来の濃厚な甘みを味わえます。

そのまま飲んでも楽しめますが、氷を加えてロックにしたり、レモン果汁を加えたりと飲み方のアレンジによってさらに美味しいを引き出せます。

created by Rinker
オーバーシーズ
¥943 (2021/09/22 09:34:06時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、ノンアルコールシャンパンの概要や種類、おすすめ10銘柄を紹介しました。

本当にノンアルコール?となるような美味しいスパークリングワインが沢山あります!ぜひ試してみてくださいね。