時代はノンアルコール?noloワインの世界的な潮流とは?

ワイン生産の盛んなアメリカでは「Noloワイン」と呼ばれるワインジャンルが誕生し、人気になっています。

ノンアルコール、または低アルコールのワインを指しますが、なぜ今アメリカで流行しているのでしょうか?

今回は、Noloワインの特徴やおすすめのワインを紹介します。

アルコール度数の低いワインに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

アメリカで拡大中の「Noloワイン」とは?

ノンアルコールと低アルコールのワインを略して「Noloワイン」と呼びます。

Noloワインは、欧州やアジアで生まれアメリカに広がったものです。

「ノンアルコールワインはジュースと同じ?」と思われますが、全くの別物です。

ジュースはブドウをそのまま絞ったものを指します。一方ノンアルコールワインは、ブドウ果汁や果皮、種子を発酵させてからアルコールを抜くなど、ワインに近いのが特徴です。

また少しだけアルコールを残して、低アルコールワインにする場合もあります。

そのまま絞ったのがジュース、ワインと同じ工程を経たのがノンアルコールワイン(低アルコールワイン)と覚えておきましょう。

Noloワインが注目を集める理由

なぜNoloワインが注目を集めているのでしょうか?

その理由をまとめて解説します。

健康への関心が高まった

アメリカでは健康への関心が高まっています。特にお酒をたくさん飲む人は、飲みすぎによる健康被害を実感しているはずです。

アルコール自体にカロリーがあるため、Noloワインは通常のワインに比べてローカロリーだと考えられます。

またお酒を飲むと、食欲増進で食べ過ぎたり、二日酔いになったり、肝機能に異常が出たりと、さまざまなリスクがつきまといます。

Noloワインならそれらの心配が少なく、安心してワインを楽しむことができるでしょう。

若年層の飲酒量が減少

アメリカでは若年層の飲酒量が減っています。

2019年にワイン・マーケット・カウンシルが実施した調査によると、20~35歳の31%が飲酒量を減らしていることが分かっています。

こういった人は、「ソーバーキュリアス(Sober Curious)」と呼ばれ、健康を考慮してあえて飲まないという選択をしています。

現在の若年層は、インターネットで大量の情報に触れながら育ってきました。そのため、健康や予防医療の知識を有しています。その結果、アルコールを飲むことは良くないと感じているのです。

Noloワインの味や香り

Noloワインの味や香りは、通常のワインと少し異なります。

7~10%に定義されている低アルコールワインであれば、普通のワインとそこまで変わりません。

しかしノンアルコールワインは、少し味気ない印象があるようです。

アルコールを除去すると、旨味やコクが抜けます。そのため、ワイン本来の味わいとは少し違った印象となっています。

ノンアルコールワインの製法

ノンアルコールワインには2つの製法があります。

低圧蒸留法

低圧蒸留法とは、ノンアルコールワインの元祖ともいえるドイツのカールユング(Carljung)社が開発した製法です。

ワインを真空状態にし、加熱と蒸留してアルコールを抜いていきます。その後、香りだけワインに戻して完成です。

逆浸透法

逆浸透法は、アメリカ・カリフォルニアにあるAriel社が開発した製法です。

まずは通常のワインを製造します。その後、何度も濾過を繰り返して水とアルコール以外を取り出します。

濾過されたものは、水を加えノンアルコールワインとなります。

揮発性物質回収法

揮発性物質回収法とは、ワインに遠心力をかける製法です。

遠心力により香りとアルコールを除去します。その後、アルコール分だけを加熱する仕組みです。

おすすめのNoloワイン

最後におすすめのNoloワインを紹介します。

国産ワインも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シャトー勝沼 カツヌマグレープ 赤 ノンアルコールワイン

シャトー勝沼は、140年以上の歴史を持つ老舗ワイナリーです。

山梨県甲府市勝沼町は、昼夜の寒暖の変化が大きく、ブドウの栽培に適した地域です。

日本最古のブドウ栽培の歴史を持ち、日本ワインの中心地として栄えています。

シャトー勝沼では、伝統的なワイン造りで磨いた技術を元に、アルコール0.00%のノンアルコールワインテイスト飲料を開発しました。

程よい果実味と酸味があり、ワインを連想させる渋みが特徴です。またポリフェノールも含まれているため、健康志向の人にもおすすめです。

インヴィノ ヴェリタス ヴィンセロ ティント ノンアルコールワイン

ドイツのPANAVAC(パナバック)が手掛ける、ノンアルコールワインです。

スペインの代表的な赤ワイン品種、テンプラニーリョからアルコールを抜いて生産されています。

濃厚な果実味とほどよい酸味があり、赤ワインと区別がつかないほど高品質です。

ワインが飲みたいけど飲めない、という時に試してみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
IN VINO VERITAS(イン ヴィノ・ヴェリタス)
¥1,750 (2021/10/21 08:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

カールユング シャルドネ 白 (ノンアルコールワイン)

ノンアルコールワインの先駆けとして知られるカールユング社が手掛けるノンアルコールワインです。

創業者のカールユングは、ワインを含めブランデーなどを製造する会社を立ち上げました。

しかし歳を取ると、仲の良い顧客が健康上の理由でお酒を飲めなくなりました。そこで、ワインからアルコールを除去したノンアルコールワインを考案します。

その結果、世界初のノンアルコールワインを製造し、世界中で注目を集めました。

カールユング シャルドネは、独自に開発した低温真空蒸留法を使用し、アルコール分を除去。ワイン本来の味や香りを損なうことなく楽しめます。

ほどよい辛口に仕上がっているため、食事に合わせるのもおすすめです。

Paris’16 Blanc

Paris’16 Blancは、最高級のノンアルコールスパークリングワインです。

エッフェル塔にあるパリス(Paris)の16区のスジエムには、パッシー(Passy)と呼ばれる村がありました。

この場所では、修道士がブドウ栽培をしていたといいます。それにちなんで「Paris’16」と名付けられました。

フレッシュで瑞々しさがあり、上品な口当たりを楽しめます。すっきりとしているので、食事にも合わせやすいでしょう。

レ・ココット シャルドネ

フランスのドメーヌピエールシャヴァンが手掛ける、ノンアルコールスパークリングワインテイスト炭酸飲料です。

ノンアルコールワインのパイオニア的存在で、脱アルコールワインを中心に製造しています。

レ・ココット シャルドネは、シャルドネを100%使用し、繊細な泡とトロピカルフルーツのような香りが特徴です。バランスの取れたドライな飲み口に仕上がりで、食事の場面でも活躍してくれます。

まとめ

今回は、Noloワインの特徴やおすすめのワインを紹介してきました。

年々、Noloワイン市場は伸び続けています。健康を意識する人だけでなく、お酒を飲めない人にも楽しめるのが魅力ですね。

それでは本記事を参考に、Noloワインを飲んでみてくださいね。