流行必至⁉「ハードセルツァー」特徴やおすすめの商品を紹介

ハードセルツァーは、アメリカの若者を中心に人気を集めているお酒です。

若者のアルコール離れが進んでいるにもかかわらず、なぜ人気なのかと疑問を持つ方も多いでしょう。

そこで、今回はハードセルツァーの概要や人気の理由、日本で買えるおすすめのハードセルツァーなどを紹介します。

ハードセルツァーとは?

「ハードセルツァー(Seltzer)」とは、主にサトウキビの糖分を発酵させてつくるアルコール飲料です。

基本的にはサトウキビ由来のアルコールと炭酸、フレーバーの3つくらいしか入っておらず、スッキリとした味わいのものが多いのも特徴の1つです。

チューハイなどとの違いは、低糖質で低カロリーなところ。ヘルシー志向な方の間で人気が高まっています。

実際に人気なのか?

ハードセルツァーは、アメリカではクラフトビールの人気を超える勢いで注目を浴びています。その人気はアメリカに留まらず、近年ではイギリスにも上陸したそうです。

日本にもすでに上陸しているハードセルツァーですが、国内ではまだあまり馴染みがなく、なぜそこまで人気になっているのか気になる方も多いでしょう。ここでは、人気の理由を3つに分けて紹介します。

スタイリッシュなデザインと飲みやすさが人気

ハードセルツァーが人気の理由の1つに、スタイリッシュなデザインが施された缶と飲みやすさがあります。

ハードセルツァーのパッケージは、いわゆる「写真映え」するオシャレで目を引くデザインが多いです。

また、ハードセルツァーのアルコール度数が5%ときつくなく、甘さ控えめで味わいもすっきりしています。そのため、パーティーやキャンプなどでスタイリッシュに飲めることも、人気に拍車がかかっている理由といえるでしょう。

健康志向が高い若者を中心に人気

ハードセルツァーは、健康志向が高い若者を中心に人気を集めています。前述の通り、ハードセルツァーはグルテンフリーかつ低糖質であることからカロリーも低いです。

一般的なビールの場合、350ml缶でカロリーは145キロカロリー前後、糖質10g程度といわれています。しかし、アメリカで人気のハードセルツァーは1缶あたり100キロカロリーで、糖質は0~2gほどです。

飲みやすいにもかかわらずヘルシーで身体にも良いことから、健康を重視している若者を中心にハードセルツァーは非常に人気の高いお酒となっています。

既存メーカーの参入

ビールメーカーを中心に続々と市場に参入していることも、ハードセルツァーが人気の証しといえるでしょう。世界的な情勢による家飲みの進行や若者のビール離れによって、ビールメーカーは苦境に立たされています。

そんなビールメーカーが目を付けたのが、若者を中心に人気が爆発しているハードセルツァー市場です。コロナビールを販売している「Constellation Brands社」やバドワイザービールで有名な「Anheuser-Busch InBev社」もハードセルツァー市場に参入しています。

年々、ハードセルツァーを手がけるブランドも増えている状況です。今後も他のビールメーカーや飲料メーカーがハードセルツァー市場に参入する可能性は高く、その人気の高さが伺えます。

アメリカのワインドメーヌがつくるハードセルツァーを実際に飲んでみた記事もあるので、より詳しくレビューを知りたい方は関連記事をご覧ください。

関連記事:ナパ最強のメルローをつくるデコイの新商品「プレミアムセルツァー」を飲んでわかったこと。

おすすめのハードセルツァー5選

ハードセルツァー市場は拡大しています。しかし、まだまだアメリカ中心に商品が展開されており、すべての種類を買えるわけではありません。そのため、ここでは、日本でも買えるおすすめのハードセルツァーを紹介します。

DOSEE(ドゥシー)

DOSEE シークヮーサー (Amazon)

「DOSEE(ドゥシー)」は、オリオンビール株式会社が販売している国内産のハードセルツァーです。商品名にもなっているドゥシーは、沖縄の方言で「仲間」という意味があり、それが由来となっています。

果汁が「0.5%」、アルコール度数は「2%」と非常に低く糖質も「0」であるため、酔いや甘さを気にせずぐいぐい飲み進められるでしょう。フレーバーは次の4種類から選べます。

・アセロラ
・グレープフルーツ
・シークワーサー
・パイナップル

また、お試しセットとして3種類のフレーバーがセットになった商品も販売されてます。ハードセルツァーを初めて購入する方にはセットの購入がおすすめです。

 

Belching Beaver(ベルチングビーバー) ハードセルツァー


Belching Beaver (Rakuten)

「Belching Beaver(ベルチングビーバー)  」は、カリフォルニア州ヴィスターのブリュワリーです。創業6年と若いブリュワリーですが、独特なボトルデザインや高品質なお酒は高い人気を持っています。

そんなベルチングビーバーのハードセルツァーは、本物のフルーツだけを使って造られています。人工的な添加物も入っておらず健康的にも嬉しい、ハードセルツァーです。

 

Truly Wild Berry(トゥルーリー・ワイルド ベリー)

トゥルーリ―・ワイルドベリー・ワイルドベリー(Amazon)

「Truly Wild Berry」は、アメリカで製造されているハードセルツァーです。アメリカ国内2位の出荷量を誇るなど、人気もあります。

ワイルドベリーのフレーバーがガツンとくるテイストで、ハードセルツァーらしい、フレーバーのある炭酸水にアルコールが入っているという雰囲気を感じることができるでしょう。

 

サッポロ ウォーターサワー

ウォーターサワー(Amazon)

日本の大手メーカー「サッポロ」が手掛けるハードセルツァーです。レモンとオレンジのフレーバーの2種類があります。

日本版のハードセルツァーとして開発されており、他のハードセルツァーよりも日本人向けのテイストに仕上がっています。

味も強くないので、料理に万能に合わせることができるでしょう。

 

セルツァー Nutrl(ニュートラ)

ニュートラ(Amazon)

「セルツァー Nutrl(ニュートラ)」は、カナダのNutrlが販売しているハードセルツァーです。口当たりが柔らかく、なめらかさが特徴でクラフトウォッカを使用していることから、ウォッカソーダのハードセルツァーともいわれています。

また、アロマの香りを楽しめるのも特徴です。セルツァー Nutrlのフレーバーには、次の種類があります。

・レモン
・グレープフルーツ
・ライム

レモンは爽やかなレモンの風味とすっきりとした味わい、グレープフルーツはほのかなグレープフルーツの香りと軽やかな味わいを楽しめます。また、ライムはふんわりとしたライムの風味が丁度よく、飲みやすいのが特徴です。

 

まとめ

ハードセルツァーは、アルコール入り炭酸水の1種でお酒に分類されます。アルコール入り炭酸水と聞くとチューハイを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、ハードセルツァーはチューハイとは異なり、グルテンフリーかつ低カロリーのお酒です。

アルコール度数も低く、お酒が苦手な方でも気軽に飲めすすめられるでしょう。ヘルシーなお酒を楽しみたいという方は、ぜひハードセルツァーを試してみてください。