サッポロ、「HOPPIN’ GARAGE」の第7弾!おむすびに合う発泡酒を発売

サッポロビール(株)は、2018年10月にスタートした「HOPPIN’GARAGE」の新商品として「HOPPIN’ GARAGE 和musubi(わむすび)」を発表。同社ネットショップなどで10月6日に数量限定で発売する。

「HOPPIN’GARAGE」シリーズの第7弾目となる商品。「おむすび」が好物という大塚 正樹(おおつか まさき)氏によって考案された、「おむすびに合うビール」をテーマに掲げたビールテイストの発泡酒となっている。

味わいの特徴として、原料には秋田県羽後町産のあきたこまちを使用。隠し味として玄米茶の香りを加えることで、より「おむすび」に合うように仕上げられている。

【販売方法】

・サッポロビールネットショップKANPAI+(Amazonマーケットプレイスへの出店)
2020年10月6日午前0:00から販売開始
・銀座ライオン新橋トレーニングセンター店
https://www.ginzalion.jp/shop/brand/lion/shop6.html
2020年10月6日から店頭にて販売開始
(店頭にて1本からのご注文と持ち帰りをいただくことができます。)
※本商品は数量限定商品であるため予定数に達し次第、販売終了とさせていただきます。

販売価格は3,980円(送料込み・税抜)。

リリース情報はこちら

商品概要
商品名:HOPPIN’ GARAGE 和musubi(わむすび)
パッケージ:350ml缶×12本
販売数量:1,600ケース(350ml缶×12本)
品目:発泡酒
麦芽:(外国製造又は国内製造【5%未満】)、ホップ、米/香料
アルコール分:5%

関連記事一覧