MHDより、オフィシャル最長熟成「ポートエレン 40年」が発売。

モエ ヘネシー ディアジオ株式会社は、スコッチウイスキーの聖地・アイラ島が誇る幻のシングルモルト「ポートエレン 40年」を発表。2021年6月23日(水)より発売する。

”幻のウイスキー”と称されるポートエレンの中でも最長熟となる40年熟成のこのスコッチウイスキーは、マスターブレンダーであるクレイグ・ウィルソン氏によって、「9 ROGUE CASKS( 9つの異端の樽)」のテーマで造られた幻の逸品。

繊細で、生い茂った草やハーブ、焦がしたタンジェリンの皮、カスクストレングスとしては穏やかな煙の香りがし、わずかに加水することで、クリームキャラメル、焙煎コーヒー、赤いフルーツのコンポート、熟した桃の皮の香りが開く。

さらに顕著な焚き火の煙、パイプ煙草、革、ウッドスパイスの味わいがし、長く、かすかな煙のフィニッシュへと続くという。

世界1,380本限定でボトリングされる最も希少なシングルモルト・スコッチウイスキーと言っても過言ではないだろう。

価格は、800,000円(税抜)。

リリース情報元(PR TIMES)はこちら

商品詳細
商品名:ポートエレン 40年(Port Ellen 40YO)
容量:700ml
熟成年数:40年
アルコール度数:50.9度(カスクストレングス)