話題の超リラックス成分「CBD」入りのお酒ってどんなもの??

リラックス効果が期待できるとして、日本でも注目されている商業用大麻の由来成分「CBD(カンナビジオール)」。

日本では規制の厳しい大麻ですが、CBDは医療用大麻やマリファナのような精神的作用はなく、ストレス解消や痛みの緩和など、リラックス効果が期待できるといわれています。
そして近年、日本でもCBD入りのビールが注目を集めはじめました。

そこで今回は、CBD入りのお酒の特徴や安全性、おすすめの銘柄を紹介します。お酒を飲んでさらにリラックスしたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

CBDとは?

CBDとはCannabidiol(カンナビジオール)の略称で、大麻草に含まれる天然成分「カンナビノイド」のひとつです。

マリファナのように気分がハイになるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は含まれておらず、リラックス効果が期待できる成分として注目を集めています。

マリファナの主成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は、カフェイン程度の依存性があり、使い方によっては依存症に陥る可能性があります。

CBDは、マリファナが引き起こす精神の活性化を防ぐ効果があるといわれ、医療の現場でも活用されています。

一般的にはオイルとして販売され、ドリンクに混ぜたり、肌に塗ったりと、用途もさまざまです。また飲みやすいカプセルや飴やグミに加工されたものもあります。

CBDの効果や効能

CBDには、ストレスや不安、痛み、炎症などの症状を和らげる作用があるとされています。

研究が進むアメリカでは、CBDの有用性が明らかになってきました。

効果が発揮された疾患としては、

・炎症、痛み、リウマチなどの自己免疫疾患
・アルツハイマー、認知症、パーキンソン病、てんかん、脳卒中などの神経疾患
・肥満や糖尿病などの生活習慣病
・大腸炎やクローン病などの消化管疾患
・皮膚炎やニキビなどの皮膚疾患

これらの症状に効果があるとわかっています。

そのため、CBD入りのビールを飲めば、日頃のストレスや痛みが和らぎ、リラックスした気持ちになれるといわれているのです。

大麻成分の「CBD」の安全性について

大麻は依存性が強い麻薬として、医療や研究などの特定の目的を除き、生産および供給が禁止されています。

ただしCBDの安全性については、WHOの報告書で証明されています。

マリファナのように身体的な依存性はなく、乱用の可能性もないそうです。また日本では、大麻の花と葉の使用は禁止ですが、茎と種子由来の成分であれば使用が認められています。

大麻と聞くと危険なイメージを持ってしまいますが、国際機関から安全性が保証されており、ビールだけでなく、オイルやカプセルとしても販売されています。

日本ではCBD入りビールを生産する会社もあり、徐々に浸透してきているようです。

CBD入りのお酒を紹介

それでは、CBD入りのお酒を紹介します。

CBD Beer #chill&relax

東京都渋谷区に拠点を構えるLD&K(エルディーアンドケイ)は、2020年12月22日にCBDを配合したビール「CBD Beer #chill&relax(CBDビール チルアンドリラックス)」を発売しました。

LD&Kは、「渋谷から日本を元気に!」をコンセプトに、カフェ運営やビール製造の分野で注目を集めている企業です。

「CBD Beer #chill&relax」は、コロナからくるストレスを「ポジティブに上質な生活を楽しんでいただけるように」という想いから生まれました。

フルーツビールメーカー「サンクトガーレン」と、CBDの販売メーカー「株式会社ワンインチ」の協力の元開発を行っています。

アメリカの研究所の試験をクリアした上質なCBDパウダーと、レモンの皮を配合し、フルーティーで爽やかな香りのあるビールに仕上がっています。

リラックスしたい時やリフレッシュしたい時におすすめのビールです。

 

Green Light

Green Lightは、静岡県静岡市にあるクラフトビール醸造所「WEST COAST BREWING(WCB)」が手掛けるCBD入りビールです。オーナーはアメリカ人で、良質な天然の地下水を使用し、ホップを生かしたビール造りを行っています。

Green Lightは、2021年2月25日に発売が開始され日本国内で注目を集めています。

「人生に交差する、運と縁とタイミング。進むべき道は自ずと開き、踏み出さなければ始まらない!」をコンセプトとしたビールで、挑戦的な商品として開発にも力を入れています。

厚生労働省の規格を満たしたCBDを輸入し、国内の代理店からCBDのパウダーを入手。規定に基づき、万全な状態で製造を行っています。

また1缶500mlあたりのCBD含有量は15mg。これは本場アメリカのCBD入りビールとほぼ同等量にあたります。

Green Lightは、グレープフルーツやパイナップル、ピーチのフレーバーが香る爽やかなビールです。またはっさくの苦味を加えることにより、大人の味わいに仕上げています。

 

Burdi W

Burdi Wは、フランスのボルドーで生まれたCBD入りワインです。

開発者のラファエル・ド・パブロ氏は、「若い世代にもワインを飲んでもらいたい」という想いがあり、大麻の葉をデザインしたボトルでアプローチしています。

しかしフランスは、大麻に厳しい国です。EUでは2019年にCBDが承認されましたが、フランスはそれを拒否。そのためヨーロッパの司法裁判所から警告を受けました。

このような背景から、フランスではCBDの合法化の動きが出てきています。

CBDが合法化されれば、リラックスできるワインが誕生し、ワイン市場も伸びていくと考えられています。

 

カナビス サティバ ジン

カナビス サティバ ジンは、オランダで生産されるCBD入りのジンです。

オランダの起業家3人が、アムステルダムのバーからカンナビスのテイストが消えたことを心配し、開発が始まりました。

ハーブの香りとバニラの甘み、カルダモンのスパイシーさがあり、ジントニックやドライマティーニなどのカクテルに最適です。

created by Rinker
¥4,727 (2021/08/05 00:38:16時点 楽天市場調べ-詳細)

コカレロ

コカレロは、コカの葉と16種類のハーブをブレンドしたお酒です。

CBD入りではありませんが、麻薬成分を含むコカの葉を使用しているのが特徴です。もちろん麻薬成分は取り除かれているため、体への害はありません。

日本でもSNSを中心に「キマる」と話題になっています。シロップのような甘みがあり、女性や初心者にも飲みやすいお酒です。

まとめ

今回はCBD入りのお酒の特徴や安全性、おすすめの銘柄を紹介してきました。

日本人に馴染みのない成分ですが、リラックスできるお酒として、今後も期待されています。

安全性は保証されていますので、興味のある人はネットショップなどで購入してみてはいかがでしょうか。