苦みやコクが特徴の缶ビールをセブン&アイグループにて数量限定で発売

セブン&アイ・ホールディングスと、サッポロビールは缶ビール「サッポロ セブンプレミアム 岩手県岩手町三浦さん親子のホップ畑から」を発表。セブン&アイグループ各社の酒類取り扱い店舗にて、10月12日(月)より数量限定で順次発売する。

岩手県岩手町の三浦さん親子の畑で収穫されたホップ「信州早生」を50%以上使用した缶ビール。「信州早生」は、サッポロビールの前身である大日本麦酒株式会社時代に育成開発されたホップで、これによりビールの苦みとコクを深さを生み出しているという。

容量は、350ml(缶)と500ml(缶)の2種類。

価格(税込)は、350mlが217円、500mlが280円。

リリース情報はこちら

商品詳細
品名:サッポロ セブンプレミアム 岩手県岩手町三浦さん親子のホップ畑から
品目:ビール
原材料名:麦芽(外国製造又は国内製造【5%未満】)、ホップ

関連記事一覧