カレーに合うお酒とは?10種類のお酒で徹底検証

今や日本の国民食となっているカレー。スーパーには多種多様なカレー粉が並び、飲食店でも定番メニューとなっています。

最近はバーや居酒屋でもカレーが提供され、お酒に合わせることが増えてきました。

そこで今回は、カレーライスと10種類のお酒をペアリングしていきます。

カレーとお酒の相性を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

カレーの特徴

お酒とカレーのペアリング1

カレーとは、さまざなスパイスと肉や野菜などの食材を煮込んだ料理です。

本場のインドでは、サーグ、サンバール、コルマ、ダールなど固有の名称があります。

しかしインド料理の多くはスパイスを使うため、日本を含む諸外国では総称してカレーと呼んでいます。

カレーは18世紀にインドからイギリスに伝えられました。当時はイギリスがインドを植民地支配し始めた時期で、インド総督ウォーレン・ヘースティングズによって王室に伝えられました。

19世紀になると、イギリスでカレー粉が開発されます。もともとインドにはカレー粉は存在せず、さまざまなスパイスを調合して小麦粉でとろみがつけられました。

明治時代に入ると、欧米の食文化が日本に入ってきます。日本では玉ねぎやじゃがいも、人参などの農作物が取れることもあり、カレーが徐々に浸透していきました。

大正時代になると、食堂でカレーうどんやカレーそばなどのメニューが人気となります。

第二次世界大戦後は、学校給食にもカレーが採用され一気に国民食に。現在では、さまざまなメーカーのカレー粉が販売され、日本人に愛される料理となっています。

カレーとお酒を合わせるコツ

お酒とカレーのぺリング2

カレーとお酒を合わせるコツを紹介します。

種類で選ぶ

カレーには、さまざまな種類があります。

日本らしいカレーやスパイスの効いたカレー、酸味の効いたカレーなど、種類によっても合わせるお酒が変わります。

種類特徴・お酒との相性
バターチキンカレーマイルドで優しい味わい。バターと相性の良い白ワインやウイスキーがおすすめ。
グリーンカレーココナッツミルクベースのカレー。酸味のある白ワインや梅酒と合わせやすい。
レッドカレースパイスが効いたカレー。ビールやハイボールなど爽快感のあるお酒と相性抜群。
キーマカレーひき肉を使ったカレー。肉と相性の良い赤ワインやブランデーがおすすめ。
このように、カレーの種類でお酒を選んでみてください。

辛さで選ぶ

カレーの辛さによっても合わせるお酒が変わります。

辛味が強いカレーならビールやハイボールなど、口の中をさっぱりさせてくれるお酒が最適。マイルドなカレーなら赤ワインや日本酒など旨味があるお酒がおすすめです。

具材で選ぶ

具材とお酒を合わせるとペアリングしやすくなります。

肉が入ったカレーなら赤ワインやブランデー、魚介系なら白ワインや日本酒、といったようにペアリングしてみてください。

カレーと合うお酒(ベストペアリング)

それでは、カレーとベストペアリングしたお酒を紹介します。

ビール×カレー

お酒とカレーのペアリング_ビール

爽快感のあるビールは、スパイスの効いた料理によく合います。

油分や辛味を洗い流してくれ、口の中をリセットできます。

今回は、ドライ感を追求してアサヒスーパードライと合わせてみました。

カレーの味を邪魔することなく、ドライな飲み口を楽しめます。ほどよい苦味が残り、カレーのスパイス感と相性抜群でした。

合わせたビールはこちら。

ハイボール×カレー

お酒とカレーのペアリング_ハイボール

さっぱりと飲めるハイボールは、カレーの味を引き立ててくれます。

ハイボールは、スパイス系や辛い料理と相性が良いとされています。

そのため、スパイスが効いたカレーとの相性は抜群です。

口の中もすっきりして、カレーが何杯でも食べられそうでした。

合わせたハイボール(ウイスキー)はこちら。

レモンサワー×カレー

お酒とカレーのペアリング_レモンサワー

カレーは酸味のある飲み物と合わせやすい傾向があります。

カレーの中には、レモングラスやトマトなど、酸味のある具材を使用したものも多いです。

またインド系の飲食店にいくと良く出てくる乳酸菌飲料「ラッシー」も酸味が効いています。

そのため、同じく酸味のあるレモンサワーとも合わせやすいといえます。

今回はコクと旨味の強い麒麟発酵レモンサワーと合わせてみました。

カレーのスパイス感とレモンの酸味が絡み合い、お互いを邪魔することもありません。

炭酸が口の中をさっぱりしてくれるため、最後まで美味しくいただけました!

合わせたレモンサワーはこちら。

赤ワイン×カレー

お酒とカレーのペアリング_赤ワイン

赤ワインの味や香りを表現する時に「スパイス感」「スパイシー」という言葉が使われます。

カレーもスパイスを使っているため、スパイス感のある赤ワインと相性抜群です。

また赤ワインは赤身肉との相性も良く、牛肉が使われているカレーもおすすめ。

煮込む時にも使えるため、カレーには欠かせないお酒です。

ただし辛みが強すぎるカレーの場合軽めの赤ワインだと、香りが弱まるので重めの品種であるメルローやスパイシーなシラーなどの品種の赤ワインと合わせると良いでしょう。

合わせた赤ワインはこちら。

日本酒×カレー

お酒とカレーのペアリング_日本酒

ご飯に合う料理は日本酒にも合うといわれています。

日本酒の原料は米なので、カレーと日本酒の相性は抜群です。

あまり馴染みのない組み合わせでしたが、日本酒の旨味やコクがカレーの旨味を引き出してくれました。

できれば、具材が多いカレーの方がおつまみ感が出て合わせやすいと思います。

合わせた日本酒はこちら。

ブランデー×カレー

お酒とカレーのペアリング_ブランデー

カレーの隠し味にブランデーを使うことがあります。

カレーの香りとブランデーの香りの相性は良く、今回のペアリングでも美味しくいただけました。

またブランデーは肉料理と合わせやすいため、肉がメインのカレーがおすすめです。

カレーを食べてブランデーを口に含むと、カレーを風味が引き立ちます。

ただしブランデーを飲みすぎるとバランスが崩れるので、少量飲むことをおすすめします。

合わせたブランデーはこちら。

芋焼酎

お酒とカレーのペアリング_芋焼酎

カレーにはじゃがいもが入っています。芋焼酎なら、芋の風味を感じながらカレーを味わうことができます。

カレーの旨味と芋焼酎の風味の相性が良く、予想以上にマッチしました。

合わせた芋焼酎はこちら。

カレーと合わないお酒(ワーストペアリング)

カレーと合わなかったお酒を紹介します。

白ワイン

カレーと白ワインの相性は悪くありません。しかし今回は、一般的なカレーだったため白ワインの良さをかき消してしまいました。

ココナッツカレーやシーフードカレーなどマイルドなカレーなら、白ワインとの相性も良いと思います。

麦焼酎

麦焼酎は、キレが強すぎて合わない印象がありました。

口の中はさっぱりできますが、麦焼酎の風味が勝ってしまいます。

そのため、炭酸で割って焼酎ハイボールにした方が合わせやすいと感じました。



カレーとお酒の種類別の評価・特徴

カレーとお酒のペアリングを表にまとめてみました。

順位お酒
評価ペアリングの味わい
1位ビール★★★★★スパイスの効いた料理にはビールがよく合います。
2位赤ワイン★★★★★スパイス感のある赤ワインと相性抜群です。牛肉を使うとさらに美味しくなります。
3位ハイボール★★★★さっぱりと飲めてカレーの味を引き立ててくれます。
4位レモンサワー★★★★スパイスと酸味の相性は抜群です。コクと旨味のあるレモンサワーがおすすめ。
5位芋焼酎★★★芋の風味がカレーの旨味にマッチします。
6位日本酒★★★日本酒の旨味やコクがカレーを引き立ててくれます。
7位ブランデー★★★カレーの風味が引き立ちます。少量飲むとgood。
8位梅酒★★★梅酒の酸味と合わせやすい。炭酸で割ると爽快感があって良い。
9位白ワイン★★ココナッツや魚介系カレーの方が合わせやすい印象。
10位麦焼酎★★麦焼酎の印象が強すぎました。

まとめ

今回はカレーと10種類のお酒をペアリングしてきました。

馴染みのないペアリングですが、多くのお酒と合わせることができました。

ぜひ本記事を参考に、お酒とカレーを楽しんでみてくださいね。

▼デザートにチーズケーキはいかがでしょうか?
チーズケーキと相性の良いお酒ってなに?10種類のお酒と実際に合わせてみた