アサヒ、『アサヒ富士山』の特別醸造を限定発売。

アサヒビール株式会社は、『アサヒ富士山』の特別限定醸造を発表。7月21日(火)よりイオングループの酒取扱店で発売する。

『アサヒ富士山』は、国産原料100%にこだわったジャパニーズプレミアムエール。原材料である麦芽、ホップはすべて国産のみを厳選。お米も、富士山の伏流水で育ったものを使用している。

国産原料100%だからこそ、実現できた“力強いコク”“後キレの良い苦み”が特徴。それぞれの個性を最大限に引き出し、飲みごたえ充分、飽きのこない仕上りとなっている。また、その口当たりはまろやかだという。

パッケージは、世界的にも有名な葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」をベースに使用。商品の最大の特長である「国産原料100%」と「富士山の伏流水で育った米使用」を全面的にアピールした、迫力のあるダイナミックなデザインとなっている。

リリース情報はこちら

商品名:アサヒ富士山
酒類:ビール
内容量:350ml
アルコール度数:5.5%
販売日:2020年7月21日(火)
販売数量:84000ケースの数量限定(350ml缶×24本換算)
販売価額:オープン価額

 

関連記事一覧