白くない白ビールと黒い黒ビールについて理由や種類、味わいを解説!

みなさんは白ビールと黒ビールの違いについてご存知でしょうか?パッと見て色が違うことは一目瞭然だと思います。しかし何故ビールの色が違うのかと問われた時、説明できる人は少ないのではないでしょうか?

そこで、今回は白ビールと黒ビールに着目して解説していきます。

なぜ、白・黒なのかや、それぞれのおすすめ銘柄も紹介していきますので、参考にしてみてください。

白ビールとは?

白ビールとは、大麦麦芽のほかに、小麦を使って造るビールを指します。

スタイルや銘柄によっても味わいは変わりますが、基本的にはフルーティーで苦味が少なく甘めなため飲みやすいのが特徴です。

また、小麦由来のたんぱく質「グルテン」を多く含むため泡持ちの良さも特徴の一つといえます。

なぜ「白」ビールなのか?

白ビールは「白」と言いつつ、黄色です。多少白濁こそしていますがどう見ても黄色です。不思議ですよね。

ではなぜ、「白」と言われるのか?理由は、昔造られていたエールと比べて白いからです。

スーパードライや一番搾りのようなビール「ピルスナー」が誕生する19世紀以前のビールは「エール」が主流で、褐色系や黒っぽいものが一般的でした。

これに対して小麦を使う白ビールは、タンパク質や酵母によって白濁した淡色のビールで、当時の褐色や黒っぽいものと比べて白いため、「ホワイトビール」と呼ばれるようになった
のです。

白ビールの種類

白ビールは大きく2種類のスタイルが有名です。それぞれ特徴が異なるので見ていきましょう。

ヴァイツェン

ヴァイツェンは、ドイツ発祥の白ビールで、14世紀ごろから続く伝統的なスタイルです。原材料のうち50%以上、小麦麦芽を使用しています。

バナナのような濃厚な甘さの中にほんのりとクローブのようなスパイシーさを感じる香りと、苦味がほとんどない味わいが特徴です。

この特徴は、酵母によるものですが、酵母をろ過しない「へ―フェヴァイツェン」やろ過した「クリスタルヴァイツェン」、アルコール度数の高い「ヴァイツェン・ボック」など一口にヴァイツェンといってもいくつか種類があります。

ベルジャンホワイト

ベルジャンホワイトは、ベルギー発祥のビアスタイルです。小麦を使っていることはもちろん、副原料としてコリアンダーシード(パクチーの種)とオレンジピールを使用していることが特徴。

ヴァイツェンと同じく苦味が少なく甘いテイストですが、爽やかさに違いがあります。ヴァイツェンがバナナのニュアンスからしっとりと甘いのに対して、ベルジャンホワイトは青りんごのような爽やかな甘みがあります。

ちなみに、パクチーの味は一ミリも感じないので、安心してください。

黒ビールとは?

黒ビールは、焙煎した麦芽を使用した、「黒色」のビールです。

スタイルによって味わいが少し異なりますが、コクと香りに個性があり、チョコレートやコーヒーのような香ばしさを楽しめます。

なぜ「黒」ビールになるのか?

黒ビールが「黒色」になる理由は、ビールに使われる大麦麦芽の一部を100度以上の高温で焙焦(ばいしょう)しているためです。

この工程によって、ローストされた香ばしい風味と「黒色」が生まれます。

ちなみに、焦がし方によって色合いも変わり、色によって「チョコレート麦芽」や「ブラックモルト」「カラメル麦芽」などと呼ばれます。

黒ビールだからといって原料全てに濃色麦芽が使われるというわけではありません。黒ビールに使われる濃色麦芽は全体の約10%程度かそれ以下。約90%はビールの地盤となるベースモルトが占めています

黒ビールの種類

黒ビールの中には、4つのスタイルがあります。味わいも大きく変わるので、見ていきましょう。

デュンケル

ドイツで古くから造られている濃い茶色のラガービールです。しっかりと焙煎した麦芽を使用しています。

黒ビールは苦いというイメージがあるかもしれませんが、ラガーということもあってデュンケルは意外と苦さ控えめです。

日本の大手酒類メーカーも、飲みやすさから黒ビールのスタイルにデュンケルを採用している場合がほとんどです。

シュバルツ

シュバルツもラガータイプの黒ビールです。デュンケルよりもより黒く焙煎した麦芽を使用して造られています。

色は濃いですが、苦味が控えめです。ハイカカオチョコレートやコーヒーのような香ばしさを感じることができます。

ポーター

18世紀ごろにロンドンで人気だったブレンドビールを目指して造られたエールタイプの黒ビールです。

焙煎による苦味のテイストはしっかりと深いですが、とがりはなくまったりと飲むことができます。

スタウト

スタウトは、ポーターの改良版と言われているビール、黒ビールの4種類のなかでも最もパワーがあるエールです。

焙煎から来る苦味やコクが強く、非常に個性的なため、一度ハマると帰ってこれません。

またスタウトの中にも種類がいくつかあります。オート麦を加えた「オートミールスタウト」、牡蠣のエキスを加えた「オイスタースタウト」、度数を高くした「インペリアルスタウト」など。

白ビールと黒ビールのおすすめ銘柄

ここからは、白ビールと黒ビールそれぞれどんな銘柄があるか紹介していきます。

白ビールのおすすめ銘柄

まずは、白ビールから紹介します。

白ビールは、フルーティーな香りと甘みの強い味わいが特徴で、苦味も少ないです。そのため、苦味が得意で無い方、食事の締めにもビールを楽しみたい方はぜひ試して見てください。

ヒューガルデンホワイト

ヒューガルデンホワイト(Amazon)

ヒューガルデンホワイトは、ベルジャンホワイトの一つで、白ビールの定番と言えば、真っ先にあがるほど王道中の王道です。

オレンジピールとコリアンダーシードのバランスが非常によく、ホワイトビールを飲むなら基準となるでしょう。

苦味がほぼなく、フルーティーな香りと小麦由来の甘みがあって、ビールが苦手でもゴクゴク飲める1本です。

 

エルディンガー ヴァイスビア

エルディンガー ヴァイスビア(Amazon)

エルディンガーのヴァイスビアはヴァイツェンの王道とも言えるビール。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、エルディンガー(エルディンガー・ヴァイス醸造所)は、ドイツのエアディングにある世界最大級のビール醸造所です。ドイツで最も売れている小麦ビールをつくっています。

麦芽のコク、小麦の甘み、酸味のバランスが整っていて、非常に飲みやすいクリーミーなーヴァイツェンです。

 

水曜日のネコ

水曜日のネコ(Amazon)

日本のビールで有名な白ビールといえば、水曜日のネコでしょう。

水曜日のネコは、日本のクラフトビールメーカーで有名な「ヤッホーブルーイング」が販売しているベルジャンホワイトスタイルのビールです。

味わいは、ベルジャンホワイトのなかでは、少しライトめなテイストで、特に爽やかに飲むことができます。

おすすめの飲み方は、ゆったりと休日の午後にクッキーとあわせてなど、甘く軽いテイストを活かして、ちょっとしたブレイクタイムがおすすめです。

 

銀河高原ビール 小麦のビール

銀河高原ビール 小麦のビール(Amazon)

ビールが販売している、小麦のビールも人気の高い白ビールです。

酵母をろ過していないへ―フェ・ヴァイツェンスタイルで、缶を開けた瞬間からバナナのようなフルーティーな香りが華やかに広がります。

少しぬるめの10度前後で飲むとより香りと甘みを感じ、美味しくなるので、冷蔵庫から出して、時間を置いてから飲むのがおすすめです。

 

エチゴビール のんびりふんわり

のんびりふんわり(Amazon)

新商品から白ビールを1つ紹介します。

紹介するのはエチゴビールの「のんびりふんわり」。のんびりふんわりは、ヴァイツェンスタイルの白ビールです。

「ザ」ヴァイツェンな、小麦の甘み、フルーティーさ、苦味の少なさですが、小麦のビールよりも少しライトなテイストで、軽く飲めるでしょう。

 

黒ビールのおすすめ銘柄

続いては、黒ビールのおすすめ銘柄を紹介します。

黒ビールは、ラガーとエールで、2種類ずつ計4種類のスタイルがありますが、共通して使用する麦芽を焦がしているので、ローストの焦げ感がビターチョコやコーヒーのようなコクが特徴です。

ドラフトギネス

ドラフトギネス(Amazon)

黒ビールと言えば、ドラフトギネスです。260年以上の歴史を持ち、世界150カ国で飲まれています。

スタウトスタイルなので、チョコやコーヒーのようなロースト感がしっかりありますが、重くしつこいということはなく飲みやすいです。

また、おもしろい特徴として、ビール缶の中にプラスチック製のボールが入っています。このボールは「フローティングウィジェット」というもので、クリーミーな泡をつくるために欠かせません。

フローティングウィジェットの泡もあるので、グラスに注いで飲むのがおすすめです。

 

エルディンガー デュンケル

エルディンガー デュンケル(Amazon)

世界最大級のビール醸造所エルディンガーの、デュンケルスタイルもおすすめの1本です。

小麦を使っているため、他の黒ビールに比べてフルーティーな仕上がりになっているのが特徴。デュンケルスタイルなので、苦味はカラメルのようなテイストです。

苦味がそこまで強くないので、食中酒としても楽しめるでしょう。

 

東京ブラック

東京ブラック (Amazon)

東京ブラックは、日本のヤッホーブルーイングがつくるロブスト・ポータースタイルの黒ビールです。

ロースト麦芽の焦げ感も深く、ほのかな甘みもあります。日本の黒ビールでは最高峰のクオリティです。

味わいが強いので肉料理などの濃い料理と一緒に合わせたりして楽しむのがおすすめです。

 

スイートバニラスタウト

スイートバニラスタウト(Amazon)

サンクトガーレンのスイートバニラスタウトは、名前の通りバニラの香りが溶け込んだ黒ビールです。

バニラの正体はバニラビーンズで、アロマホップの変わりに使用されています。

チョコレートのような味わいで、バニラアイスと合わせて食べるのがおすすめです。

 

アサヒ 生ビール 黒生


生ビール 黒生(Rakuten)

新商品よりアサヒ生ビール黒生を紹介します。

アサヒビールの低迷期を救った生ビール「マルエフ」の黒ビールバージョンです。

ミュンヒナー・デュンケルスタイルで、コーヒーのような苦みももちろんありますが、どちらかというと麦芽の旨味と甘みがグッと来ます。

スタウトほどの苦味は求めていないが、黒ビールの苦味は好きという方に刺さるテイストではないでしょう。

通常のマルエフと1:1で混ぜてハーフ&ハーフで飲むのもおすすめです。

 

まとめ

今回は、白ビールと黒ビールについて紹介しました。

ビール 色合い 原料 スタイル
白ビール 淡い黄色
黄金色
小麦・小麦麦芽 ヴァイツェン
ベルジャンホワイト他
黒ビール 濃褐色
黒色
焙焦した麦芽 スタウト
デュンケル他

ビールには100種類以上のスタイルがあります。

白ビール、黒ビールのみの紹介でしたが、まだまだビールの世界は深いです。

最近では様々な醸造所やサービスで各地のクラフトビールを飲むこともできます。この機会に、ぜひビール好きの方はいろんなビールを飲んでみてください。

■この記事を読んだ方におすすめの記事
「ドリームビア/DREAMBEER」がビール愛好家の夢すぎる!特徴や仕組みを紹介
おさえておきたい!日本のクラフトビール人気銘柄7選
クラフトビールの世界を旅するサブスク「Otomoni(オトモニ)」の魅力とは?