写真映え確実!夏の女子会におすすめな美味しいシャンパン5選

夏が近づいてくると、仲の良い友達と集まる機会も増えますよね。時にはシャンパンを持ち寄って、朝まで女子トークに花を咲かせたいと思う方も多いでしょう。

シャンパンは華やかなルックスと、爽やかでフルーティな味わいが女子ウケに良く、また写真にも映えることから、まさに女子会にぴったりなお酒なのです。

しかし一口にシャンパンと言っても、種類の多さに悩まれる方も多いですよね。そこで今回は、夏の女子会に飲みたいシャンパンを5銘柄厳選しましたので紹介していきます。

シャンパンの定義


シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方のみで造られた発泡性ワイン。なおかつ、フランスで定まられた法律の規定条件をクリアしたもののみ名乗ることが許される名称です。

正式名称は「シャンパーニュ」ですが、国内では「シャンパン」の名で親しまれています。

またスパークリングワインと混同されがちですが、スパークリングワインは発泡性ワインの総称で、シャンパンはあくまでもスパークリングワインに分類されているワインのひとつです。

シャンパン=スパークリングワインだけれど、スパークリングワイン≠シャンパンではないということを覚えておきましょう。シャンパン持ってきたよ~と言って、実はスパークリングワインだったなんてことは避けたいですね。

夏の女子会におすすめなシャンパン


同じシャンパンでも、産地やブドウの品種によって味わいが異なります。今回はその中で、とりわけ女子会におすすめな美味しいシャンパン銘柄を5選ピックアップしましたので、見ていきましょう。

モエ・エ・シャンドン

270年以上の歴史を持ち、圧倒的な知名度を誇る「モエ・エ・シャンドン」。国内では通称「モエシャン」として、主に夜の街で親しまれていますが、シャンパンカテゴリーでは世界売上No.1の実績を誇る不動の人気ブランドでもあるのです。

豊富なラインアップの中でも、特に夏限定のシャンパン「モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル」が女子会におすすめです。

アイス アンペリアルは、夏のバカンスを楽しむために生まれた甘口シャンパンです。通常のシャンパンはストレートに飲むのがほとんどですが、こちらの商品は氷を浮かべてこそ完成する味わいに設計されています。

口に含めば、マンゴーやグアバのような濃厚なトロピカルフルーツと、ベリーのアロマ、ほのかにピリッとスパイシーが味わいが感じられます。

夏仕様のシャンパンとモエシャンの知名度で、場を盛り上げるのにぴったりな銘柄となっています。

created by Rinker
Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
¥6,458 (2021/10/17 03:54:00時点 Amazon調べ-詳細)

ペリエ・ジュエ

ペリエ・ジュエは、フランスシャンパーニュ地方の「ペリエ・ジュエ社」が生みだした世界初の辛口シャンパーニュです。

1861年には英国ビクトリア女王御用達となり、 さらにフランス王室の御用達としても採用されるなど、世界中のセレブや著名人に愛飲されている銘柄でもあります。

ラインアップの中でも「ペリエ ジュエ ブラン・ド・ブラン」が女子会にイチオシです。

白ワインの王様と呼ばれるブドウ品種「シャルドネ」を100%使用しているため、クリーミーでまろやかな口当たりに、柑橘のような爽やかなアロマが仕上がられています。甘ったるくなく、すっきりとした味わいが楽しめます。

また、洗練されたアネモネデザインもポイント。派手なシャンパンとは違い、上品でエレガントなルックスと味わいは、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりトークを楽しみたい大人女子に最適な銘柄となっています。

created by Rinker
PERRIER JOUET (ペリエ ジュエ)
¥11,550 (2021/10/17 03:54:00時点 Amazon調べ-詳細)

G.H.マム (G.H. MUMM)

G.H. マムは、F1表彰式のシャンパンファイトに使用</span >されていたことで有名です。また日本においても、1920年~1926年の間に、日本皇室御用達のシャンパーニュに指定されており、世界トップのブランドとしても知られています。

ボトルの特徴である真っ赤なラインは、世界的デザイナーであるロス・ラブグローブ氏が手掛けており、フランス最高勲章「レジオン・ドヌール」がモチーフとなっています。

特に女子会におすすめしたい銘柄が「マム・グラン・コルドン」です。

上品な果実味と伸びやかな酸、フレッシュで力強いな味わいが特徴。濃厚でありながらも、爽やかに召し上がれる商品となっています。また最高品質にも関わらず、ほかのシャンパン銘柄よりもリーズナブルな価格で購入できるのがポイントです。

高級感のあるシャンパンをお探しの方はこちらの銘柄がおすすめです。気品あふれる高級感は、女子会でも圧倒的な存在感を見せてくれます。

ルイ・ロデレール

ルイ・ロデレールは、1776年に創業された「ルイ・ロデレール」社が手掛ける銘柄です。

一本一本丁寧に造られているため、ルイ・ロデレールのシャンパンは「手仕事の芸術品」と称賛されるほどのクオリティと言われており、ワイン好きなら誰もが知っているシャンパーニュの名門でもあります。

ラインアップの中でもスタンダードでありながらも、ライトな味わいが楽しめる「ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ」がおすすめです。

モエシャンのアイスアンペリアルが21か月熟成に対して、こちらの商品はさらに長い、3年以上の熟成を経た商品のみが出荷されています。

上品がブドウの果実味と繊細な泡立ちが特徴で、ワインが苦手な方でも飲みやすいライトな味わいに仕上がられています。グラスに注ぐと淡い黄金色が輝き、間違いなく女子会を華やかにしてくれます。

created by Rinker
ルイ・ロデレール (Louis Roederer)
¥6,050 (2021/10/16 12:39:13時点 Amazon調べ-詳細)

パイパー・エドシック

パイパー・エドシックは、1785年に創業者が「王妃にふさわしいキュヴェ」を造りたい強い想いから誕生した銘柄で、かつてのフランス王妃マリー・アントワネットへ献上されたシャンパンとしても知られています。

また海外では映画のワンシーンや、カンヌ国際映画祭にも登場するなど、数々のスターたちにも愛飲されている人気シャンパン銘柄なのです。

そこで、女子会におすすめしたいのが「パイパー・エドシック エッセンシエル エクストラ・ブリュット」のリップスティック型です。

ハイパー・レッドカラーのリップスティックがボックスとなった限定商品で、リップスティックは、シャンパンを冷やすクーラーボックスとしても代用できます。

中身のボトルは長期熟成したエクストラ・ブリュットが内蔵されており、果実味のフレッシュな味わいと甘い香りが特徴。海鮮料理や肉料理、濃厚なチーズレシピとは相性が良く、食事と一緒に楽しめるシャンパンです。

写真映えにも使用できる、そんな遊び心満載なシャンパンとなっており、ワイワイ盛り上げたい女子たちにぴったりな商品です。

まとめ

今回は、夏の女子会におすすめなシャンパンを5選紹介しました。

ぜひ美味しいシャンパンで楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

▼関連ページ