味わいの変化を楽しもう!ワインをデキャンタージュする3つの理由

ワインを飲むときにしばしば行われるのが、デキャンタージュです。

お店でワインを空けた際に見たことがあるという人もいるかもしれませんね。実はこのデキャンタージュを行うのには重要な理由があります。
そこで、今回はこのデキャンタージュについて解説していきます。

デキャンタージュっていったい何?

まず、デキャンタージュとは何かについて解説していきます。これは、「ワインをデキャンタに移す行為」をいいます。

デキャンタは、「デカンタ」とも呼ばれるものです。ワインを移し替えるために作られたガラス製の瓶でもあります。なお、デキャンタはシェリー酒などの「ワイン以外のお酒」を入れるためにも使われると解釈する向きもあります。

しかし現在は単純にデキャンタとだけ記した場合は、ワイン用の器を指すことが多くなりました。そのため、シェリーやウイスキー用のものなどは、特に「シェリー用デキャンタ」「ブランデー用デキャンタ」といった風に記されるように変わっていきました。

デキャンタの形は実にさまざまです。比較的よく見られるのは、小さい上部分と幅の広い大きな下部分で構成された、砂時計のような形のものでしょう。それ以外にも、花瓶のような形になっているものがあったり、細長い1の形の首に丸いボウルがついたものがあったりします。また、注ぎ口がねじ曲がっている、少しユニークな形のデキャンタもあります。

デキャンタージュはなぜ行われる?

ここからは、「なぜデキャンタージュを行うのか」について考えていきましょう。
これには大きく分けて3つの理由があります。

1.ワインの中に入っている物を取りのぞく。
2.香りを開かせる。
3.ワインのバランスをとる。

それぞれについて見ていきましょう。

①ワインの中に入っている物を取りのぞく

熟成期間を経て出荷されるワインの中には、飲むのに適さないものも入っています。その代表例ともいえるものが、「オリ(澱)」です。

これは、タンニンなどが酸化されることで生じるものであり、ワインの生成途中で生じることがあるものです。一概には言えませんが、一般的に、長い熟成期間を経たワインに生じやすいものだといえます。また、タンニンなどが強く出るワインは、オリが出やすい傾向にあります。

このオリは、当然液体よりも重いので、ワインの底に沈みこんでいくことになります。しかし注ぐ過程で、このオリが舞い上がり、グラスの中に入ってしまうことがあります。これを防ぐために、デキャンタージュをしてオリの存在を確認するのです。

ちなみに、ボルドーワインがいかり肩になっているのも、この「オリ」が関係しています。ボルドーワインはブルゴーニュワインに比べてタンニンが強く出る傾向にあるため、オリも生じやすいのです。

ボルドーワインの場合は、この「いかり肩」の部分にオリをひっかけてワイングラスに注ぐことを想定しているため、ボトルの形がこのようになっているのです。

なお、オリは長期熟成した赤ワインによくみられます。しかし白ワインであっても、まれにオリが生じます。

②香りを開かせる

恐らく、もっとも有名なデキャンタージュする理由がこれなのではないでしょうか。
抜栓したばかりのワインは、香りがあまり強く出ません。また、まだ若い状態のワインの場合、あまり香りが開いていない状態にあることもあります。

この場合、酸素に触れさせることで香りを強く開かせることを試みる必要があります。

グラスに単純に注がれた場合に比べ、デキャンタージュを行った場合は「ワインの表面に触れる空気」が多くなります。そのため、ワインの酸化が進み、香りが出やすくなるのです。

ただこのような目的で行う場合は、「その後のワインの状況」を確認しなければなりません。一度酸化したワインは、もう元には戻せません。

抜栓したときに「まだ香りが花開いていないな」と感じてデキャンタージュをしたものの、食事を進めていくうちに酸化が進みすぎてしまった……というような状態に陥ることもあるからです。

③ワインのバランスをとる

デキャンタージュを行うことで、タンニンが柔らかくなります。また、冷蔵庫から出したばかりのワインの温度を適温にするなどの効果も見込めます。ワインのバランスをとり、「よりおいしい状態でワインを飲ませることができるようになるのです。

また、これは番外編ではありますが、「よりすてきな空間だと思ってもらうため」ということで、デキャンタージュを行う場合もあります。デキャンタージュは非常に美しく、またプロの技が見られる場面でもあります。

記念日のレストランなどで、鮮やかな手つきでデキャンタージュをしてもらうと気分も良くなるでしょう。このような演出面での効果もあって、デキャンタージュを行うこともあります(もちろん、相手はプロのソムリエですから、デキャンタージュに適さないワインを演出のためだけにデキャンタージュを行うことはありません)。

まとめ

デキャンタージュはレストランでよく目にするものです。ただ、一般家庭でももちろん買うことはできます。少しお高いのですが、「特別なワイン」「よりおいしいワイン」を飲むために、家に1つ持っておくのもよいですね。

関連記事一覧