なぜワインセラーが必要!?失敗しないワインセラーの選び方とおすすめメーカーを紹介

皆さんはワインをどのように保存していますか?

ワインはアルコールの中でも特にデリケートで、温度や光、振動などによって味や香りが変化します。そのため、保存状態が悪いワインは、開栓をする前から劣化をしてしまうのです。

そんな時におすすめなのがワインセラー。温度や湿度を一定に保ってくれるため、変化に弱いワインでも長期保存ができるようになります。また最近は1万円台で購入できる商品もあり、一般の方でも手が伸ばしやすいです。

今回はワインセラーの必要性と選び方のコツ、おすすめのワインセラーメーカーを紹介していきます。ワイン好きの人や保存方法で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ワインのベストな保存環境とは?

まずはワインを正常に保存できる環境について紹介します。

ワインを保存する時の温度は12〜15℃、湿度は70〜75%が適切と言われています。また光が入らず、振動が少ない場所に保管しておくことも条件です。

これならワインセラーの代わりに冷蔵庫を代用すればいいと感じる方も多いでしょう。しかし、ワインは急激な温度変化や振動にとても弱く、開閉の多い冷蔵庫では劣化が進んでしまうことがあります。

一般的な家庭用冷蔵庫は、日常的に使用する冷蔵室の温度は2~6℃前後、野菜室では約3~7℃といわれています。ワイン保存に適切な12~15℃よりもやや低く、また扉の開閉が多い冷蔵庫では温度や湿度管理を一定に保つことが難しいです。

また、冷蔵庫には様々な食品が保管されており、コルク栓を通じて匂いが移ってしまうことも十分に考えられます。そのため、冷蔵庫はワインセラーのように長期保存には向いていません。

安ワインならあまり気にしない人も多いですが、高級ワインや長期熟成用のワインを持っているならワインセラーは必要不可欠なアイテムといえます。とっておきのワインがあるという人は、冷蔵庫で保管ではなく、ワインセラーを購入した方がいいでしょう。

▼関連記事
開けた後の残ったワインを保管するポイントとおすすめアイテムを紹介

正しいワインセラーの選び方


ワインセラーといっても種類や機能は様々です。そこでワインセラーの選び方を順に説明していきます。

ワインセラーとワインクーラーの違い

ワインセラーとワインクーラー、どちらも同じように思いますが全く違います。

それぞれの違いは

種類 冷却機能 加湿機能 加温機能
ワインセラー
ワインクーラー × ×

上記のようになっています。

ワインセラーは湿度もコントロールし、温度が下がりすぎることも防いでくれます。ワインは温度差の変化に弱いので、冬に氷点下になる地域では、加温機能があるワインセラー、年間を通して暖かい地域はワインクーラーがおすすめです。

要するにワインセラーは「温度を一定に保てる」、ワインクーラーは「温度を下げれる」と覚えておくとよいでしょう。自分の住んでいる地域の気候に合わせながら、ワインセラーかワインクーラーか選んでみてください。

ペルチェ式・コンプレッサー式・熱吸収式で選ぶ

ワインセラーは種類によって冷却方法が異なります。

ペルチェ式

ペルチェ式は、ペルチェ素子を利用して冷却する方式で、パソコンやCPUの冷却にも用いられています。一昔前までは耐久性が低いと言われていましたが、現在は耐久性もあり、安価に購入できる人気機種です。また振動も少ないため、部屋が騒がしくなることもあります。

ただし商品によっては加温機能がないので、寒い地域にはおすすめできません。外気温がセラー内よりも下がるリスクがある場合は、必ず加温機能があるワインセラーを購入してください。

熱吸収式

アンモニアの気化熱で冷却を行うタイプです。国内ではあまり取り扱いがありませんが、振動も少なく、静かな場所でも使えるのがメリットです。

ただしコンプレッサー式よりもパワーが弱く、夏場は冷却力が落ちる可能性があります。また保温機能が付いていない機種もありますので、購入の際は十分に注意してください。

コンプレッサー式

冷蔵庫と同じ方式で冷却するのがコンプレッサー式です。冷却力が強く、夏場でもしっかりとワインを冷やしてくれるのがメリット。さらに消費電力も少なく、振動も抑えられています。ただしモーター音が大きいので、音が気になる人や寝室に置こうと考えている人にはおすすめできません。

ワインの本数で選ぶ

ワインの本数によっても、ワインセラーの選び方が変わってきます。人気なのは12本用のワインセラーで、ちょくちょくワインを買って家で保管しているという人におすすめです。

ただしネットなどでまとめ買いをしたりする人には、少し物足りないかもしれません。また今後、ワインを増やしていく予定がある人は、最初から24本用など大きめのものを購入しておいた方がいいでしょう。

サイズで選ぶ

ワインセラーを選ぶ際、サイズもしっかり確認しておきましょう。製品サイズより寸法を多めに見積っておくのがおすすめです。

というのも、ワインセラーには放熱スペースが必要となります。メーカーごとにスペースも異なりますので、購入する際は製品の外形寸法と放熱スペースを加味して選んでみてください。

長期保存をする予定があるか

・高級ワインを保存したい人
・1000円くらいのデイリーワインを保存したい人

このようにワインの種類によっても、ワインセラーを選び方は変わってきます。気軽に飲んでいるデイリーワインなら、保温機能がないワインクーラーで十分。逆に高級ワインの場合は、数十年熟成させて飲む銘柄も多いです。温度と湿度をしっかりとコントロールしてくれるワインセラーでなければ、ワインが劣化してしまう可能性があります。熟成させる予定がある人はワインセラー、すぐに飲む人はワインクーラーがおすすめです。

ガラス扉か標準扉か

ワインセラーには「ガラス扉」と「標準扉」の2種類があります。ガラス扉は閉めた状態でもワインを確認でき、部屋の雰囲気も良くなるというメリットがあります。しかし逆を返せば、光が入りやすくなるので、長期熟成には向きません。標準扉は中が確認できない代わりに、光を通さないので保存には向いています。

長期熟成を考えている人は標準扉、おしゃれにワインを楽しみたい人はガラス扉を選択してみてください。

▼おすすめ記事
ワインの酸化防止剤ってどんなもの?知っておきたい基礎知識

おすすめのワインセラーメーカー


ワインセラーの選び方は分かったけど、色んなメーカーがあってどれを選んでいいか分からないという人もいるかと思います。そこで人気のワインセラーメーカーの特徴をまとめてみました。

アルテビノ

ワインの本場フランスに拠点を構える、ワインセラーメーカーです。世界各国で使用されており、BARやレストランでも導入されています。

100本以上収納できるモデルがメインなので、飲食店関係者やワインコレクターの人にはおすすめ。またヒーターも標準装備されており、寒冷地で利用する人も安心して導入できます。

 

アルテビノ OVP05 Artevino 74本 ワインセラー


アルテビノ OVP05 Artevino 74本 ワインセラー (Rakuten)

アルテビノブランドの中でも比較的に小型サイズの商品ですが、収納量は上級者も大満足な74本。

仕切りとなる棚板は4枚で、産地ごと、ジャンルごとに分けて保管したい方にもおすすめなワインセラーです。

収納数 74本 サイズ W680×D690×H960mm
重量 65kg 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 庫内湿度 9~15℃/約50~80% 消費電力 65W/75W:AC100V(50/60Hz)

 

アルテビノ OVM10 Artevino 141本 ワインセラー


アルテビノ OVM10 Artevino (Rakuten)

141本収納できる大型のワインセラーです。

飲食店向けの大容量ですが、すべてのモデルには鍵付きとなっているため、高額なワインを保管する方にもおすすめなワインセラーです。

収納数 141本 サイズ W680×D690×H1,480mm
重量 100kg 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 9~15℃/約50~80% 消費電力 70W/80W:AC100V(50/60Hz)

 

アルテビノ OG04-TB Artevino 230本 ワインセラー


アルテビノ OG04-TB Artevino (Rakuten)

アルテビノブランドの中でもっとも大容量のワインセラー。

約230本を収納できるため、飲食店やワイン販売店におすすめ。また扉は木製タイプとなっていて、保管するワインを見せたくないや、インテリヤの統一感を出したい方にもおすすめです。

収納数 230本 サイズ W680×D700×H1,82mm
重量 82㎏ 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 9~15℃/約50~80% 消費電力 75W/85W:AC100V(50/60Hz)

 

シャンブレア

シャンブレアは、ドイツが誇る有名ワインセラーメーカーです。もともとは大容量のワインセラーを生産していましたが、現在は小型のモデルも開発し販路を広げています。

最大の特徴は、活性炭が入ったフィルターで空気循環をさせる点で、温度や湿度を変化させることなく、庫内をクリーンに保つことができます。また紫外線遮蔽ガラスも採用しており、長期熟成にも耐えられる設計が魅力です。

 

シャンブレア プレミアム 60 PROF100


シャンブレア プレミアム 60 PROF100 (Amazon)

シャンブレアの約60本を収納できる小型ワインセラー。

扉は左開きと右開きが選べる2タイプがあり、上下左右組み合わせて使うことも可能。複数のワインセラーを並べて使いたい方におすすめです。

収納数 60本 サイズ W600×D615×H890mm
重量 50㎏ 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 7~20℃(外気温 25℃の場合) 消費電力 AC100V(50/60Hz)

 

シャンブレア プレミアム 160 PROF200


シャンブレア プレミアム 160 PROF200 (Amazon)

プレミアム 60よりひと周り大きいサイズのワインセラー。

約160本収納できる大型タイプとなっていて、手入れのしやすいワイヤーラックが特徴。こちらも扉の左右開きが選べる仕様なので、2つ、3つと好きなサイズで設置できます。

収納数 160本 サイズ W600×D740×H1,65mm
重量 84㎏ 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 7~20℃(外気温 25℃の場合) 消費電力 AC100V(50/60Hz)

 

ユーロカーブ

最高級のワインセラーを作り出しているのがユーロカーブです。ワインの本場フランスに拠点をかまえ、その品質の高さから世界中で高い評価を得ています。またフランスで初めて、温度管理機能付きのワインセラーを作り出したメーカーとしても有名です。

おしゃれなデザインやカラーバリエーションも多彩なので、部屋のインテリアと合わせやすいのもメリット。デザインにもこだわりたい人におすすめのメーカーです。

 

ユーロカーブ WineBar 2.0

2本のみ収納するコンパクトタイプのワインセラー。

左右それぞれ白ワイン約8℃、赤ワイン約16℃で、最長10日飲み頃の温度で管理してくれます。また、カラーバリエーションほうふライトアップ機能が付いており、インテリアとしても大活躍できます。

場所は取らないので、特別な日までに短期間で保存したい、ワインを飲み終える度に追加購入する方におすすめなセラーです。なお、市場ではあまり出回っておらず、気になる方は公式ブランドサイトからチェックしてみてください。

収納数 2本 サイズ W315 × D268 × H491
重量 13.8kg 冷却方式 ペルチェ方式
温度設定 白ワイン約8℃/赤約16℃の選択式 消費電力 90w(50/60Hz)

 

 

ユーロカーブ Compact59 V059M-PTHF 38本 ワインセラー


ユーロカーブ Compact59 V059M-PTHF (Rakuten)

ユーロカーブが手掛けるコンパクト59シリーズの省スペースワインセラー。コンパクトながらも38本収納できます。

カウンターなど家具の間に空いたスペースに設置しやすいので、小型で場所を取らない家庭用ワインセラーをお探しの方におすすめです。

引き出し棚4枚が搭載されているので、ワインの出し入れもスムーズに行えます。

収納数 38本 サイズ W594×D544×H820mm
重量 65㎏ 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 5~20℃ 消費電力 AC100V(50/60Hz)

 

ユーロカーブ Compact59 V259M-PTHF 118本 ワインセラー


ユーロカーブ Compact59 V259M-PTHF

コンパクト59シリーズの大型ワインセラー。扉はフルガラスとなっていて、とにかくかっこいい&おしゃれな空間を演出してくれます。

オプションでは、ソムリエの手引き出し棚や貯蔵棚、ディスプレイキットを追加できるので、お好みに合わせてカスタマイズが楽しめるワインセラーです。

収納数 118本 サイズ W594×D565×H1780mm
重量 127kg 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 5~20℃ 消費電力 AC100V(50/60Hz)

 

さくら製作所

さくら製作所では、日本の技術を結集させた高品質なワインセラーを生産し、日本の居住環境に合わせた設置スペースが少ない設計を得意としています。

まず光が入り込むのがデメリットのガラス扉を、強化ガラス、遮熱、断熱、の3層構造にし、保存環境を改善。コンプレッサー式で冷却力にも優れています。

購入後は国産のワインセラーメーカーならではの手厚いサポートが受けられるので、メンテナンスが不安な方におすすめなメーカーです。

 

さくら製作所 ZERO Advance SA22-W 22本 ワインセラー


さくら製作所 ZERO Advance SA22-W

さくら製作所が手掛ける小型タイプのワインセラー。

温度設定が0℃~20℃まで幅広く調節できるため、ワインのみならず、日本酒やビールなどの保管も可能。ワインボトル(750ml)なら22本、日本酒一升瓶なら5本収納できます。

また独自技術による構造のおかげで、年間の電気代は約3,591円と安く抑えられます。本体価格はワインセラーの中でも比較的にリーズナブルなので、はじめてのワインセラーにおすすめな商品です。

収納数 22本 サイズ W390×D530×H710mm
重量 33kg 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 0~22℃ 消費電力 129/133 kWh/年(50/60Hz)

 

さくら製作所 FURNIEL SAF-190G-BB 65本 ワインセラー


さくら製作所 FURNIEL SAF-190G-BB (Rakuten)

さくら製作所のプレミアムシリーズ。65本収納できる大型なワインセラーにも関わらず、同等サイズのセラーに比べ、最小レベルの設置面積を誇ります。

冷却は加湿循環方式を採用し、また加温ヒーターも搭載したことで安定した温度&湿度管理を可能に。特に、ワインの長期熟成したい方におすすめなセラーです。

見た目もスマートで、リビングに設置しても家具と調和がとれるデザインとなっています。

収納数 65本 サイズ W595×D543×H1,235mm
重量 127kg 冷却方式 コンプレッサー式
温度設定 5~20℃ 消費電力 267kWh/年(50/60Hz)

 

まとめ


今回はワインセラーの選び方やおすすめのメーカーを紹介しました。繊細で取り扱いが難しいワインは、ちょっとした変化で劣化をしていきます。

保存したいワインがある、ワインの本数が増えてきたという人は、ぜひワンセラーの導入を検討してみてください。

■この記事を読んだ方におすすめの記事
世界の珍しいワイン6選!変わり種から希少なものまで紹介!
ソース別に紹介!パスタと相性の良いワインとは
北海道余市のワインがアツい!5人のドメーヌを紹介!