最強おつまみ「唐揚げ」に一番合うお酒はどの種類?10種類のお酒で検証してみた

日本人の国民食として愛される唐揚げ。おつまみだけでなく、ご飯のおかずやお弁当など、幅広い場所で活躍しています。居酒屋では定番メニューで、お店の味を知れる料理です。

そして唐揚げといえば、ビールやハイボールを想像しますよね。しかし、他のお酒を合うのかも気になるところ。

そこで今回は、鶏の唐揚げと10種類のお酒をペアリングしていきます。

お酒と唐揚げが好きな人は、ぜひ参考にしてみてください。

唐揚げの特徴

唐揚げとは、食材に小麦粉や片栗粉をまぶし、高温の油で揚げた料理です。英語では「フライ」と呼ばれています。

一般的に鶏肉を想像しがちですが、魚介類や野菜を揚げたものも、すべて唐揚げと呼びます。

日本唐揚協会では、正式名称を「からあげ」ではなく「唐揚げ」と制定。唐揚げの聖地は「大分県中津市」、唐揚げ専門店発祥の地は「大分県宇佐市」となっています。

唐揚げは、鎌倉時代から精進料理の一種として食べられていました。江戸時代には、「天ぷら」や「衣かけ」などと呼ばれ、揚げ物の文化が発達していきます。

鶏の唐揚げが浸透したのは、第二次世界大戦後からです。国の政策で全国各地に養鶏場が作られたのがきっかけ。

特に大分県には多くの養鶏場が作られ、唐揚げの文化が発展していきました。

現在では、国民食として愛されるまでになり、さまざまな鶏の唐揚げが誕生しています。

唐揚げとお酒と合わせるコツ

唐揚げとお酒を合わせるコツを紹介します。

部位で選ぶ

鶏肉は部位によって脂の量や味わいが異なります。そのため、部位によって合わせるお酒を選びましょう。

部位合わせるお酒
手羽先脂肪やゼラチンを多く含む部位。ビールやハイボールなどさっぱり系のお酒と合わせやすい。
手羽元皮と肉のバランスが良い部位。定番のハイボールだけでなく、赤ワインや日本酒などとも合わせやすい。
もも肉唐揚げに最も適した部位。コクや旨味が強いので、どんなお酒にも合わせやすい。
ササミ、胸肉脂肪分が少なく淡白な部位。白ワインや日本酒などと合わせやすい。
このように、鶏肉の部位で合わせるお酒を選んでみてください。

下味で選ぶ

唐揚げの下味は、お店や唐揚げ粉、家庭によって異なります。

シンプルな醤油味もあれば、生姜やニンニクを効かせたもの、塩のみで味付けしたものなどさまざまです。

例えば、醤油味なら同じ旨味を持つ赤ワイン、生姜やニンニクならハーブ系の香りのあるソーヴィニヨンブランの白ワインなどがおすすめ。

唐揚げにどんな下味がついているのかにも注目しておきましょう。

タレで選ぶ

唐揚げには、タレをかけて食べることもあります。

定番はレモンですが、お店によってはタルタルソースや明太マヨ、おろしポン酢など、味付けもさまざま。

レモンやおろしポン酢には、酸味やハーブ感のある白ワインがおすすめです。明太マヨやタルタルソースなら、こってり感を洗い流してくれるビールやハイボールがいいでしょう。

唐揚げと合うお酒(ベストペアリング)

それでは、唐揚げとベストペアリングのお酒を紹介していきます。

ハイボール

「ハイカラ」という言葉があるように、ハイボールと唐揚げの相性の良さは抜群です。

唐揚げのジューシーな油を、ハイボールが爽やかに洗い流してくれます。

また唐揚げにもハイボールにもレモンが合います。そのため、唐揚げにレモンをかけて、ハイボールにもレモンを入れると、さらにマリアージュできました。

▼合わせたウイスキー(ハイボール)はこちらです。

ビール

多くの人は「唐揚げ=ビール」というイメージが強いでしょう。

最近は「ハイカラ」の知名度が上がっていますが、ビールも根強い人気があります。

合わせるビールはアサヒスーパードライがおすすめです。ドライな飲み口なので、唐揚げの油をすっきりと洗い流してくれます。

ビールを合わせるなら、コクや苦味よりもドライさを意識するといいでしょう。

▼合わせたビールはこちらです。

レモンサワー

レモンサワーブームが到来し、唐揚げとペアリングする機会も増えています。

唐揚げはレモンとの相性抜群なので、レモンサワーはぴったりのお酒です。

今回は、キレとレモンの酸味のバランスが良い、こだわり酒場のレモンサワーを合わせてみました。

レモンの酸味が唐揚げのバランスが絶妙で、後味はすっきり。ハイボールやビールに引け劣らない相性の良さでした。

▼合わせたレモンサワーはこちらです。

白ワイン

ワインと唐揚げは、切っても切れない存在です。

ヨーロッパでは、唐揚げを「フリット」と呼び、ワインと合わせてきた歴史があります。

特に白ワインは、たんぱくな鶏肉との相性抜群です。またレモンのような酸味もあり、唐揚げの旨味をさらに引き出してくれます。

今回は定番の醤油唐揚げでしたが、塩唐揚げにするとさらに相性が良いと思いました。

▼合わせた白ワインはこちらです。

赤ワイン

赤ワインは、醤油と相性の良いお酒です。

唐揚げの下味は醤油が基本のため、うまくペアリングできました。

ただし鶏肉がジューシーすぎると、赤ワインでは流しきれません。そのため、たんぱくな鶏胸肉の唐揚げにすると、さらに合わせやすいと思います。

▼合わせた赤ワインはこちらです。

麦焼酎

レモンサワーのベースにもなっている麦焼酎。

ドライな飲み口とキレが、唐揚げの油をさっぱりとしてくれます。また麦の旨味と、衣の小麦粉の相性も良く、違和感のないペアリングとなりました。

▼合わせた麦焼酎はこちらです。

芋焼酎

意外にも合わせやすかったのが芋焼酎です。

芋の旨味が唐揚げの旨味を引き立ててくれ、口の中がまろやかになりました。

アルコール度数も高く、口の中をさっぱりできるのもポイントです。

▼合わせた芋焼酎はこちらです。

梅酒

梅酒は、ほどよい酸味と清涼感の味わえるお酒です。

唐揚げは酸味のあるものと相性がよく、梅酒ともうまくペアリングできました。

唐揚げと梅酒の酸味が絡み合い、後味はすっきり。梅酒ソーダにすると、さらに合わせやすいと思います。

▼合わせた梅酒はこちらです。

唐揚げと合わないお酒(ワーストペアリング)

今回のペアリングでは、合わないお酒はありませんでした。

ただし、唐揚げの油を流しきれない、ストレートやロックといった飲み方には注意が必要です。

やはりビールや炭酸水など、爽やかにしてくれるお酒と相性が良いと思います。

唐揚げとお酒の種類別の評価・特徴

最後に唐揚げとお酒のペアリングを表にまとめてみました。

順位お酒
評価ペアリングの味わい
1位ハイボール★★★★★ハイボールの爽快感は唐揚げに欠かせない存在。無敵。ずるい。
2位ビール★★★★★定番の組み合わせ。なるべくドライなビールがおすすめです。
3位レモンサワー★★★★★レモンがあることにより、お互いの旨味が引き立ちます。
4位白ワイン★★★★白ワインの酸味やキレがポイントです。ミネラル感を重視して選ぶとgood。
5位麦焼酎★★★★キレがあって油もすっきりできます。ソーダ割でレモンを絞るとさらに合わせやすいです。
6位赤ワイン★★★醤油ベースの唐揚げと相性抜群。鶏胸肉の唐揚げにするとgood。
7位梅酒★★★梅酒の酸味がまとまりを与えてくれます。
7位芋焼酎★★★唐揚げの旨味を引き出してくれる。すっきり感のあるものがおすすめです。
8位日本酒★★無難な感じなり逆に微妙。純米酒などキレのあるものを選びましょう。
9位ブランデー★★合わないこともないが、合わせなくてもいい。鶏の旨味との相性は良いので、ソーダ割りにすればさらに合わせやすそうです。

まとめ

今回は、鶏の唐揚げと10種類のお酒をペアリングしてきました。

どんなお酒にも合わせやすく、特に炭酸系のお酒や酸味があるお酒がおすすめです。

ぜひ本記事を参考に、唐揚げとお酒のペアリングを楽しんでみてくださいね。