ピザに合うビールやワインをペアリング|ピザとビールの相性には秘密があった!

世界中で愛されているピザは、カリッとした生地にトロトロのチーズが美味しいですよね。

日本でもスーパーやコンビニの冷凍ピザや宅配ピザが定番となっています。

そしてピザを食べる時は、ビールやワインと一緒に楽しむ人も多いのではないでしょうか。熱々のピザとお酒があれば、至福の時を味わえます。

そこで今回は、ピザに合うお酒を実際にペアリングしてみました。ピザとお酒を楽しみたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ピザの特徴や歴史

ピザは小麦粉の生地に具材とチーズをトッピングして焼き上げた料理です。

おしゃれな料理のイメージがありますが、歴史は古代エジプトにまで遡ります。

当時は小麦粉を水で溶いて発酵させ、焼き上げたものを食べていました。これがパンの原型であり、この調理法は世界中に広まっていきます。

16世紀に入るとイタリアで小麦粉の生地にラードやニンニク、香辛料を乗せて焼いたピザの原型のなるものが作られ始めます。

16世紀後半になるとトマト栽培が盛んになり、生地にトマトをトッピングするようになります。その後は、チーズやバジルもトッピングされ始め、イタリア・ナポリの街はピザで有名になっていくのです。

そして19世紀後半になると、イタリア系移民によってアメリカにもピザが上陸。その後、アメリカでは宅配ピザの「ドミノピザ」が誕生し、ピザはアメリカの経済を回し始めます。

今では「アメリカ=ピザ」というイメージも定着し、ピザ大国として世界を牽引しています。

日本でピザが食べられ始めたのは戦後からです。諸説ありますが、1954年に東京・六本木で開店した「ニコラス」が初めてのピザ専門店だと言われています。

日本でピザが浸透したのは1970年代から。ファミリーレストランが次々に誕生し、ピザは人気メニューとなりました。

そこから冷凍ピザやチルドピザが普及し、日本の家庭でも楽しめるようになったのです。

ピザとお酒を合わせる時のコツ

それではピザとお酒を合わせるコツを紹介します。

【ペアリングのコツ(1)】生地の原材料で選ぶ

ピザの土台となる生地にはビール酵母が使われています。そのためピザとビールの相性は抜群です。

どんな具材を乗せても土台の生地はビール酵母なので、合わせるお酒に迷っているならビールを選びましょう。

ただしピザの中にはビール酵母を使用していない生地もあります。コンビニやスーパーで売られている安いピザには、ビール酵母が入っていない可能性がありますので注意してください。

【ペアリングのコツ(2)】ソースの味で選ぶ

ピザの味の決め手はソースです。そのためソースとお酒を合わせるとマリアージュしやすいでしょう。

トマトソース 苦味のあるビールや酸味のある赤ワイン
ジェノベーゼ イタリアの辛口白ワイン
ホワイトソース 重みのある白ワイン

ソースの味と色をお酒と照らし合わせれば、おのずとマリアージュするお酒が分かってきます。

【ペアリングのコツ(3)】チーズの種類で選ぶ

お酒とチーズの組み合わせは鉄板なので、チーズの種類でお酒を選ぶのもありです。

カマンベール フルーティーなビール、濃厚な赤ワイン
ゴルゴンゾーラ フルーティーな白ワイン
ゴーダ 香りが高い日本酒、辛口の白ワイン

チーズの種類でピザの味や香りが大きく変わるため、チーズとのマリアージュも頭に入れておきましょう。

それでは次の章からは、ピザとお酒をペアリングしていきたいと思います。

トマトベースのピザにはビール

マルゲリータなど、トマトベースのピザにはビールがおすすめです。

シンプルなトマトベースのピザは、生地とお酒を合わせるといいでしょう。

ピザの生地にはビール酵母が使われているため、ビールは鉄板の組み合わせです。

イタリアでもレストランに行くと、食前にビールを頼む人が多いです。炭酸には食欲増進効果があるため、ピザも美味しく食べられます。

ピザに合わせるビールは、香りが高く味が濃いものを選ぶといいでしょう。

おすすめしたいお酒「プレミアムモルツ」

プレミアムモルツは効率よりもうまさを追求するサントリーのプレミアムビールです。

ヨーロッパのダイヤモンド麦芽やアロマホップを贅沢に使用し、香り高くコク深い味わいに仕上がっています。

ビールの味や香りが最大限に味わえるため、シンプルなトマトベースのピザと相性抜群です。

実際に合わせてみると、ピザの後味とビールの旨味が絶妙にマッチします。

素材の味を邪魔せず、味がしっくりと馴染みます。やはりビール酵母を使っているピザ生地との相性は最高でした。

ジェノベーゼベースのピザにはイタリアの辛口白ワイン

ジェノベーゼベースのピザには、イタリアの辛口白ワインがおすすめです。

ジェノベーゼはイタリアの港町ジェノバが発祥です。昔からイタリアワインと合わせてきた歴史もあり、鉄板の組み合わせと言えるでしょう。

口の白ワインは、ジェノベーゼとチーズのオイリー感をほどよく流してくれます。バジルの清涼感を残しつつ、ピザを美味しく食べられるでしょう。

おすすめしたいお酒「カポラボーロ ソアーヴェDOC」

カポラボーロ ソアーヴェDOCは、スイスの本社を構えるシェンク・イタリア社が手掛ける辛口の白ワインです。

イタリアに4つのワイナリーを所有し、ヨーロッパ全土に製造拠点を持つ巨大なワイナリーです。

カポラボーロ ソアーヴェDOCはは、ハチミツやマーマーレードのような香りとレモンやミネラル感のある後味を楽しめます。

実際に合わせてみると、ジェノベーゼピザの濃厚さをワインがさっぱりと洗い流してくれ、バジルの味わいをダイレクトに感じられました。

程よくオイリー感やチーズの旨味が残るため、ピザとの相性は抜群です。

created by Rinker
CAPOLAVORO(カポラボーロ)
¥1,144 (2021/03/09 06:36:44時点 Amazon調べ-詳細)

ホワイトソースのピザには重めのシャルドネの白ワイン

ホワイトソースのピザには重めのシャルドネがおすすめです。

ホワイトソースは濃厚でクリーミーなので、樽の香りが溶け込んだ果実味のあるシャルドネとよく合います。

樽の香りにはバニラ感もあるため、乳製品のホワイトソースとの相性は抜群です。

おすすめしたいお酒「ロス ヴァスコス シャルドネ」

ロス ヴァスコス シャルドネは、ボルドー1級シャトー ラフィットが手掛けるチリワインです。

ラフィットの技術を取り入れ、高品質で低価格のチリワインを生産し続けています。

ロス ヴァスコス シャルドネは、フルーティーながらフレッシュさが味わえる白ワインです。バナナや柑橘類のような香りと程よい酸味が楽しめます。

実際に合わせてみると、クリームの濃厚さとシャルドネの芳醇さがよく合います。シャルドネの果実味がクリームに負けることなく、きれいに調和しています。

フレッシュさが強めなので、もう少し果実味が強いものを選んでも美味しいと思いました。

まとめ

今回はピザに合うお酒をペアリングしてきました。

ピザはビールやワインと相性が良く、特にビールはどんなピザとも合わせやすいです。

ぜひ皆さんもピザとお酒のペアリングを試してみてくださいね。