• レビュー
  • 検証レビュー・お店紹介のページ
  • HOME
  • ブログ
  • レビュー
  • スコットランドの最強マリアージュ?牡蠣とウイスキーの相性が良いって本当か試してみた!

スコットランドの最強マリアージュ?牡蠣とウイスキーの相性が良いって本当か試してみた!

「海のミルク」の愛称で親しまれている牡蠣。ウイスキーと相性が良いと聞いたことはありませんか?実際のところ、どうなのか気になりますよね。

そこで今回は、牡蠣とウイスキーの相性について注目し、牡蠣の特徴、牡蠣とウイスキーの楽しみ方、牡蠣に合うウイスキーを紹介していきます。

牡蠣好きはもちろん、ウイスキー好きな方もぜひ参考にしてみてください。

牡蠣の特徴

牡蠣
牡蠣は世界で100種類以上も存在しており、その調理方法も実に幅広く、「揚げ」、「蒸し」、「焼き」のみならず、生食としても美味しくいただけることから、古くから世界的に食されてきた食材です。

牡蠣には、グリコーゲンのほか、グルタミン酸やアミノ酸やタンパク質、カルシウム、ミネラル、亜鉛などの栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養価には、免疫力アップや疲労回復、美肌をはじめ、肝臓病・心臓病など、さまざまな生活習慣病の予防効果が期待できます。

またカキの生食は、魚介類の生食文化が進んでいる日本でも珍しく、欧米から逆輸入する形で親しまれるようになったと言われています。

海外は一般的に5~8月は産卵期であるため、食用には適さないとされていますが、日本では養殖の発展や国内各地に産地があるため、一年を通して美味しい牡蠣を食べることができるのです。

牡蠣とウイスキーの相性は?

ウイスキー

牡蠣とウイスキーは、スコットランドの定番と言われるほど非常に相性が良いです。中でも、正露丸や薬品っぽいスモーキーなアイラウイスキーがベストマッチといわれています。

牡蠣には海のヨードが豊富に含まれています。ヨードはミネラルの一種で、昆布や海苔、海藻類に多いです。これは、アイラウイスキーに使われる原料のモルトの特徴である「ヨードの香り」とも似ているため、同じ磯っぽさの物同士、同じ海の属性は相性が良いと考えられます。

また、食べ物の味わいは大きく、「甘味」「塩味」「酸味」「苦み」「旨味」の基本五味と呼ばれる5つに分類されています。それぞれの味を合わせることで相互作用が起こり、バランスの良い「味の五角形」が形成され、「美味しい」と感じやすくなるのです。

そして、牡蠣を最も「美味しく」感じさせてくれるのがアイラウイスキー「ボウモア」といわれています。

ボウモアには基本五味「甘味」、海の「塩味(潮っぽさ)」のほか、アルコールの「酸味」の他、主にイノシン酸由来した「旨味」が、そして樽由来の「苦味」があります。これらが牡蠣の肝の苦み「タウリン」と、「コハク酸」や「グルタミン酸」といった旨味と甘み、海産物の「塩味」と一緒に食すことで相乗効果を生み、旨味が一層引き立てられ、より美味しく感じられます。

ボウモアのほかに合うウイスキーは実際に試してみた?

牡蠣の名産地で知られるアイラ島は、古くから牡蠣にはこの「ボウモア」のシングルモルトウイスキーをかけて食べるスタイルが人気。
ボウモアはアイラウイスキーの中でもスモーキー感が控えめで、ピート香が苦手な方でも飲みやすいフルーティーな味わいが特徴です。

今回は実際にこの組み合わせで試してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

実際に試してみての感想は?

第一に、非常に美味しかったです。醤油やポン酢で食べることが一般的ですが、大人な牡蠣の食べ方として日本でももっと流行って欲しいです。

味わいは、牡蠣特有の生臭さがウイスキーやレモンより消え、潮の風味や旨味を強く出ていました。スモーキーさが牡蠣に燻製に近いニュンスうぃ与えているような雰囲気もあります。
またレモンありとなしで両方試してみましたが、レモンはかけたほうが酸味や香りの面でまとまりが出てより美味しく感じました。

かける量については好みもあると思いますが、やりすぎなぐらいかけてもありだと思います。噛めば、噛むほどボウモアが欲しくなります。

created by Rinker
BOWMORE(ボウモア)
¥4,000 (2021/08/05 18:03:37時点 Amazon調べ-詳細)

牡蠣とウイスキーの楽しみ方

牡蠣とウイスキーの楽しみ方

動画では、生牡蠣を試してみましたが、ほかにはどのような楽しみ方があるのか、紹介していきます。

蒸し・焼き料理

もちろん、火を通した「蒸し」「焼き」の調理方法でも、牡蠣とウイスキーを美味しくいただけます。

牡蠣に含まれる「乳酸」と「コハク酸」を「温旨系有機酸」といい、温かい温度で旨くなる性質を持ちます。このため、加熱することで牡蠣の香ばしさと旨味が一段と増し、ウイスキーのコクを引き立ててくれます。

生食は抵抗がある方や、食材とウイスキー本来の旨味をもっと感じたい方は「蒸し」「焼き」の加熱料理で楽しむのも良いでしょう。

牡蠣におすすめなウイスキー銘柄


ボウモアと同じ産地であるアイラ産のウイスキーが牡蠣と良く合いました。
アイラ産のウイスキーは、総じてスモーキーさがあります。また海に近い環境で造られているため、塩味、ヨード香も持ちます。酸味や旨味もあるので、牡蠣に合うウイスキーが多い傾向にあります。
違うウイスキーで合わせたい方のために、近いニュアンスのウイスキーも合わせてご紹介します。

カリラ 12年

カリラは、ボウモア同様アイラ島で造られているウイスキー。オイリーで完熟した南国フルーツのような甘み、酸味、スモーキーさが特徴です。

ボウモアに比べ、カリラのほうがウイスキーのパンチが強い傾向にあり、牡蠣がウイスキーの引き立て役に回る印象を受けます。しかし、これがまた良いクセとなり、ついついウイスキーを飲み進んでしまいます。

フレッシュでピーティーなウイスキーを楽しみたい方であれば、カリラも良いでしょう。

厚岸 ニューボーン

厚岸は、北海道東部に位置する「厚岸蒸留所」が手掛ける銘柄です。ウイスキーづくりに必要な環境が、ウイスキーの本場スコットランドの風土によく似ていることから、アイラウイスキーのような力強いスモーキーな味わいに仕上がられています。

また蒸留所は、国内で唯一年中出荷できる牡蠣の名産地「厚岸」に拠点を構えているため、厚岸産の大ぶりなカキとの相性が抜群なことも有名です。

厚岸の甘みのある潮っぽさと樽香が、牡蠣と絶妙なハーモニーを奏でてくれます。国産ウイスキーや、厚岸産のカキを楽しみたい方は、こちらの銘柄がおすすめです。

created by Rinker
厚岸
¥11,000 (2021/08/05 06:48:08時点 Amazon調べ-詳細)

余市 シングルモルト

余市シングルモルトはニッカ社が手掛けるウイスキー銘柄。厚岸同様、スコットランドに近い環境や製法でウイスキーを醸しているため、力強いピート感と潮の香が特徴。わずかな酸味とモルトの甘みが牡蠣とも良い合います。

また、蒸留所を構えている北海道余市は道内でも指折りの牡蠣名産地で、牡蠣目当てに足を運ぶ方も多いのだとか。とにかく牡蠣には目が無い方、余市産のカキにこちらの銘柄を合わせてみては?

created by Rinker
余市
¥4,609 (2021/08/05 22:25:11時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、牡蠣とウイスキーの相性に注目しました。牡蠣とウイスキーの相性が良いって本当でしたね。

基本五味を意識し、牡蠣とベストマッチなウイスキーをぜひ見つけてみては?