シャルドネの特徴や産地、おすすめのワインを紹介

白ワイン用のブドウ品種として知られるシャルドネ。白ワインといえば、シャルドネを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

今回はシャルドネの特徴や産地、おすすめの銘柄を紹介します。

白ワインについて詳しく知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

シャルドネの特徴

シャルドネは、フランスのブルゴーニュ地方が原産の白ブドウ品種です。

世界で最も有名な白ブドウ品種として知られ「白ワインの女王」とも呼ばれています。

フランスだけでなく、スペインやイタリア、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド など、世界各国で栽培されています。

シャルドネは、ピノ・ノワールとグエ・ブランの自然交配により生まれた品種です。良い意味で「ニュートラル(個性がない)」といわれ、バランスの取れた品種としてワイン造りに欠かせない存在となっています。

レモンやライムのようにキリッとした酸味と、まろやかなコクが特徴の白ブドウ品種です。地域によって味わいや香りが変わり、温暖な地域ではバターやナッツのような香りがすることもあります。

産地によって個性が変わるシャルドネ。世界各国の銘柄を飲み比べてみるのも面白いかもしれません。

ソーヴィニヨンブランやマスカットとの違いは

白ワインの代表的な品種に、ソーヴィニヨンブランやマスカットがあります。

シャルドネとどんな違いがあるのか、それぞれの特徴を解説しています。

ソーヴィニヨンブランについて

ソーヴィニヨンブランは、フランスのボルドー地方やロワール地方で栽培されている白ワイン用ブドウ品種です。

キリッとした酸味と柑橘系やハーブのようなニュアンスがあり、シャルドネよりもさっぱりとしています。

シャルドネよりも、スッキリ飲みたい人におすすめの品種です。

マスカットについて

マスカットは、フランスやスペイン、ドイツ、日本など世界各地で栽培されている白ブドウ品種です。

フランスのアルザス地方では辛口の白ワインとして、ドイツでは甘口の白ワインとして活躍をしており、製造方法により味わいが変わるのも特徴です。

辛口はキリッとした酸味とコクのある味わい、甘口はフルーティーな果実味があります。

シャルドネの産地

シャルドネの代表的な産地をまとめて紹介します。

フランス

フランスでは、ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方など、各地でシャルドネの栽培が行われています。

デイリーワインから高級ワインまで、さまざまなスタイルのワインが造られるのも特徴です。

地域によって味や香りが異なり、ブルゴーニュはキリッとしたミネラル感、シャンパーニュは果実味と酸味のバランスが良い、と産地ごとに楽しめます。

まずは本場フランスのシャルドネを味わってみてはいかがでしょうか。

アメリカ

アメリカは赤ワインのイメージが強いですが、白ワイン造りも盛んです。

ワインの生産の9割を占めるカリフォルニアは、日照時間が長いため、果実味が強くボリューム感のあるシャルドネに仕上がります。

果実の旨味をダイレクトに感じたい人におすすめです。

チリ

チリは黒ブドウ品種が主流ですが、白ワイン用のブドウ品種の栽培も盛んになってきました。

1年を通して暖かく日照時間も長いため、果実味溢れるシャルドネに仕上がります。ブドウの糖度が高く、トロピカルでエレガントな香りが漂います。

飲みやすい白ワインを探している人におすすめの産地です。

ニュージーランド

ニュージーランドは、白ワイン大国として有名です。ソーヴィニヨン・ブランが主流ですが、シャルドネの栽培も盛んです。

ニュージーランドで最も栽培が盛んなマールボロは、昼夜の寒暖差が激しいため、キリッとした酸味と果実味溢れるシャルドネに仕上がります。

さっぱりとしたシャルドネを飲みたい人におすすめの産地です。

オーストラリア

世界最大の島国であるオーストラリアでは、シャルドネを含め、多種多様なブドウが栽培されています。

昔は濃厚なタイプのシャルドネが多かったですが、最近はキリッとしたタイプが主流になりました。

面積が広いため、さまざまな地域のシャルドネを飲み比べても面白いかもしれません。

シャルドネに合う料理

シャルドネは産地によって味や香りが異なるため、相性の良い料理もさまざまです。

キリッとした酸味のあるシャルドネ 魚介類、サラダ、マリネ
果実味が溢れるシャルドネ 鶏肉、豚肉、乳製品

まずは白ワインのタイプをチェックし、合わせる料理を考えてみましょう。

シャルドネのおすすめ銘柄

最後にシャルドネのおすすめ銘柄を紹介します。

ウィリアム フェーブル シャブリ(フランス)

ウィリアム フェーブル シャブリは、シャブリの5つ星獲得生産者、ドメーヌ ウイリアム フェーブル社が手掛ける白ワインです。

100%シャルドネをしている、シャブリでは98%が機械収穫ですが、こちらではシャルドネを手摘みで収穫。ミネラル感とフレッシュさを生かすために、新樽はほとんど使用していません。

柑橘系の香りとキレのある酸味が際立ち、スッキリとした味わいを楽しめます。

created by Rinker
WILLIAM FEVRE(ウィリアム フェーブル)
¥2,286 (2021/08/02 21:01:49時点 Amazon調べ-詳細)

モンテス アルファ・シャルドネ(チリ)

モンテス アルファ・シャルドネは、プレミアムチリワインの先駆けとして知られるモンテスが手掛ける白ワインです。

良年にのみ生産されるプレミアムなシャルドネのみを使用。収穫から瓶詰までの全ての工程にこだわり、「フランスの一流生産者のようだ」とも呼ばれています。

バナナやパイナップルのような果実味と、樽の香ばしさが漂い、贅沢な気持ちにさせてくれるでしょう。

created by Rinker
モンテス
¥2,480 (2021/08/03 02:34:25時点 Amazon調べ-詳細)

ルイ・ジャド ブルゴーニュ シャルドネ(フランス)

ルイ・ジャド ブルゴーニュ シャルドネは、ブルゴーニュのルイ・ジャド社が手掛ける白ワインです。

フランス各地にブドウ畑を所有し、良質なシャルドネを厳選。ステンレスタンクと樽で熟成し、バランスの良い味わいに仕上がります。

桃や洋梨のような果実味と花やバニラのようなニュアンスがあり、まろやかな口当たりを楽しめます。

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション シャルドネ(アメリカ)

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション シャルドネは、「カリフォルニアワインの父」と呼ばれるロバート・モンダヴィ氏が手掛ける白ワインです。

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクションは、「大切な人とのプライベートな時間を豊かに過ごす」をコンセプトとしたブランドです。

栽培から瓶詰めまで丁寧に行い、こだわりを持って造られています。

焼きりんごや洋梨、パイナップルのような香りと、ほのかな酸味がありクリーミーな口当たりが楽しめます。

まとめ

今回はシャルドネの特徴や産地、おすすめの銘柄を紹介してきました。

白ワインを代表する白ブドウ品種として、世界中で支持されるシャルドネ。これからもワイン界を牽引する白ブドウ品種として、発展し続けていくでしょう。

それでは本記事を参考に、美味しいシャルドネのワインを探してみてください。