世界が認めた!カルフォルニアワインおすすめ10選

アメリカ産のワインの大部分を生産しているカリフォルニア。

ヨーロッパに負けないワイン造りを行っており、日本でもカリフォルニアワインを見かける機会が増えました。

そこで今回は、カリフォルニアワインのおすすめ銘柄をまとめて紹介します。カジュアルで美味しいワインを飲みたい人はぜひ参考にしてみてください。

カリフォルニアワインとは

カリフォルニアは、アメリカワインの90%の生産量を占める一大産地です。ワインの歴史は浅いですが、ヨーロッパの手法と最新の技術を取り入れ高品質なワイン造りを行っています。

世界のワイン通を驚かせた1976年の「パリスの審判」では、フランスワインに勝利した経験もあり、世界から高い評価を得ています。

カリフォルニアは温暖で湿度が低く雨量が少ない地域です。そのためブドウが病気になりにくく栽培をしやすい環境です。またカリフォルニアでは霧が発生するため、昼夜の寒暖差が大きく凝縮したブドウに仕上がります。

そしてカリフォルニアワインは、ヨーロッパのワインに比べてリーズナブルです。フランスでは数万円するようなワインが数千円で飲めるため、高品質なワインを気軽に楽しみたい人におすすめです。

カリフォルニアワインのおすすめ銘柄

それではカリフォルニアワインのおすすめ銘柄を紹介します。

ベリンジャー ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン

ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンは、ナパ・ヴァレー最古のワイナリー「ベリンジャー」が生み出す赤ワインです。

ベリンジャーはカリフォルニアワインを語る上で欠かせない存在で、130年以上続くアメリカを代表するワイナリーとして知られています。

ベリンジャーでは土地とブドウを熟知した職人が畑ごとに最適なブドウを収穫し、それを丁寧に醸造していきます。

ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンは、ブラックチェリーやミントも風味にオーク樽の香りが加わり、複雑な味わいが楽しめます。

ちょっと贅沢をしたい日のワインとして購入してみてはいかがでしょうか。

ベリンジャー ナパ・ヴァレーシャルドネ

ナパ・ヴァレーシャルドネは、ベリンジャーが手掛ける銘柄です。

あの辛口評論家のロバート・パーカー氏も89点をつけ、ワイン業界でも高い評価を受けました。

ナパ・ヴァレーシャルドネは、100%マロラクティック発酵をしクリーミーでまろやかな口当たりに仕上がっています。

新樽の醸し出すオーク香とりんごやシトラスの爽やかな香りが絶妙にマッチし、複雑な味わいが楽しめます。本場のシャルドネを味わいたい人はぜひ購入をしてみてください。

マクマレー セントラルコースト ピノノワール

セントラルコースト ピノノワールは、元ハリウッドスターのフレッド マクマレー氏が所有していたプレミアムワイナリー「マクマレー」が手掛ける赤ワインです。

現在はE.&J.ガロ社が運営を行い、家族経営の世界No.1ワイナリーとして運営をしています。

セントラルコースト ピノノワールは、カリフォルニアのピノ・ノワールを100%使用。チェリーやラズベリーのような香りとスパイシーさがたまらない赤ワインに仕上がっています。

口当たりは優しく、ワインが苦手な人でも美味しく飲めるでしょう。

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン

プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨンは、「カリフォルニアワインの父」と呼ばれているロバート・モンダヴィ氏が手掛ける赤ワインです。

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクションは、「ワインの造り手たちが自分の家族や親しい人と飲むためにとっておくちょっと良いワイン」をコンセプトに開発をされました。

口当たりの優しいワインに仕上がっており、チェリーやカシスの風味と甘いスパイスが香ります。バニラやコーヒーのような味わいで、長い余韻が楽しめるでしょう。

ブレッド&バターシャルドネ

ブレッド&バターシャルドネは、高品質なワインがウリのブレッド&バターが手掛ける銘柄です。

オバマ元大統領主催TPPランチに採用されたカルフォルニア・ワインでもあり、アメリカだけでなく世界中で注目を集めています。ブレッド&バターシャルドネは、マロラクティック発酵された後、アメリカンオーク樽で4ヶ月熟成されます。

バニラやアーモンドのような風味と柔らかなミネラル感があり、さっぱりとした味わいを楽しめます。バターソースの魚介料理やクリーム系のパスタやスープと相性抜群です。

created by Rinker
ブレッド & バター
¥3,320 (2021/05/17 19:45:17時点 Amazon調べ-詳細)

ウェンテ モーニング・フォグ シャルドネ

モーニング・フォグ シャルドネは、カリフォルニア最古の家族経営ワイナリー 「ウェンテ」が手掛ける白ワインです。

ウェンテは自社畑のブドウにこだわり、栽培から醸造、ボトリングまで全て自社で行っています。カリフォルニアのシャルドネと言えば「ウェンテ」と言われ、世界中から高い評価を得ています。

ウェンテ モーニング・フォグ シャルドネは、フレンチオークで7ヶ月以上の熟成をしているため、口当たりな滑らかでりんごやバニラのような風味を楽しめます。シャルドネが好きな人に是非とも試して頂きたい銘柄です。

Carnivor カーニヴォ

Carnivor カーニヴォは、肉料理に合わせるために造られた「肉専用黒ワイン」です。

「カーニヴォ(carnivore)」は「肉を食べる事が好きな人」を意味し、パッケージにも肉食獣が爪でひっかいたようなデザインが施してあります。

完熟のブドウを使用し、エスプレッソやチョコレートのような濃い味わいが楽しめる、辛口の赤ワインに仕上がっています。鉄板焼きや熟成肉・焼き肉等のあらゆる肉料理との相性が良いので、ガツンと肉料理を食べたい日におすすめです。

ダークホース ビッグ レッドブレンド

ビッグ レッドブレンドは、今アメリカで爆発的人気となっているワイナリー「ダークホース」が手掛ける赤ワインです。

発売からわずか1年で100万ケースを売り上げた実績があり、この記録は未だに破られていません。ダークホース ビッグ レッドブレンドは、世界中のブドウを選び抜いてブレンドし、濃厚で凝縮した味わいを実現しています。

ブドウは、アメリカ以外にスペイン、アルゼンチン、チリ産を使用しています。

チェリーやカシス、バニラのような濃厚な香りと、凝縮した果実味が味わえます。濃い赤ワインを楽しみたい人におすすめの銘柄です。

ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニヨン カリフォルニア

ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニヨン カリフォルニアは、日本のアーティスト「YOSHIKI」とナパ・ヴァレーの醸造家「ロブ・モンダヴィJr.」がコラボした赤ワインです。

芸術性と創造性を表現しており、上質なカリフォルニア産のブドウを使用しています。発酵終了後に、醸しを行う事でフレーバーとタンニンがバランスよく調和し、滑らかなカベルネ・ソーヴィニョンに仕上がります。

チェリーやブルーベリー、ココアのような香りと複雑な味わいが楽しめます。

created by Rinker
マイケル・モンダヴィ(ロブ・モンダヴィJr.)
¥4,575 (2021/05/18 07:59:19時点 Amazon調べ-詳細)

シャトー・セント・ジーン カリフォルニア・ピノ・ノワール

カリフォルニア・ピノ・ノワールは、ワインスペクテーター誌で初めて「ワイン・オブ・ザ・イヤー」を得た「シャトー・セント・ジーン」が手掛ける赤ワインです。

シャトー・セント・ジーンでは、果実の香りを保つためにフランス産のオーク樽を使用し、6ヶ月間熟成させます。シンプルなピノ・ノワールで、チェリーやイチゴのようなフレッシュさがあり、果実味溢れる味わいに仕上がっています。

フレッシュで素材本来の甘みを楽しみたい人におすすめの銘柄です。

まとめ

今回はカリフォルニアワインのおすすめ銘柄をまとめて紹介してきました。

ヨーロッパに負けない品質のカリフォルニアワインは、これからも進化を続けていくでしょう。

それでは本記事を参考に、自分好みのカリフォルニアワインを見つけてみてくださいね。