カリフォルニアの人気おすすめワイン10選│アメリカワインの歴史や代表的な産地、ぶどう品種を紹介

アメリカ産のワインの大部分を生産しているカリフォルニア。ヨーロッパに負けないワイン造りを行っており、日本でもカリフォルニアワインを見かける機会が増えました。

カリフォルニアワインは高品質な銘柄が多く、ワイン愛好家をはじめ、飲みやすいと初心者の方からも人気が高いです。

そこで今回は、カリフォルニアワインの人気おすすめ銘柄をまとめて紹介します。

この記事を読むと、カリフォルニアワインの魅力やアメリカワインの歴史、代表的な産地とぶどう品種などが分かります。

カジュアルで美味しいワインを飲みたい人はぜひ参考にしてみてください。

カリフォルニアワインとは

カルフォルニアの人気おすすめワイン10選│アメリカワインの歴史や代表的な産地、ぶどう品種を紹介 イメージ画像

カリフォルニアは、アメリカワインの90%の生産量を占める一大産地です。ワインの歴史は浅いですが、ヨーロッパの手法と最新の技術を取り入れた高品質なワイン造りを行っています。

世界のワイン通を驚かせた1976年の「パリスの審判」では、フランスワインに勝利した経験もあり、世界から評価が高いです。

カリフォルニアは、非常に多様性な土壌を持っています。産地によって砂質、花崗岩質、粘土質、ローム質、火山灰質などと様々なため、多彩なワイン造りが可能です。

また欧州に比べても気温が高く、ワインは糖度が高いかつ酸味が柔らかい味わいに仕上がります。

栽培されるぶどう品種は、シャルドネが6割。続いて、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、ジンファンデルとメルローが盛んです。

カリフォルニアの有名な産地は、ナパ・カウンティ、ソノマ・カウンティ、セントラル・ヴァレー、サンタ・クルーズ・マウンテンなどあります。

そしてカリフォルニアワインは、ヨーロッパのワインに比べてリーズナブルです。フランスでは数万円するようなワインが数千円で飲めるため、高品質なワインを気軽に楽しみたい人におすすめです。

カリフォルニアワインのパリス審判について詳しく

カリフォルニアワインの人気おすすめ銘柄

カルフォルニアの人気おすすめワイン10選│アメリカワインの歴史や代表的な産地、ぶどう品種を紹介 イメージ画像

続いて、カリフォルニアワインの人気おすすめ銘柄を紹介します。

今回紹介するカリフォルニアワインの銘柄はこちらです。

■ ベリンジャー ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン (赤)
■ マクマレー セントラルコースト ピノ・ノワール (赤)
■ ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン (赤)
■ 肉専用ワイン Carnivor カーニヴォ (赤)
■ ダークホース ビッグ レッドブレンド (赤)
■ ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニヨン カリフォルニア (赤)
■ シャトー・セント・ジーン カリフォルニア・ピノ・ノワール (赤)
■ ベリンジャー ナパ・ヴァレー シャルドネ (白)
■ ブレッド&バターシャルドネ (白)
■ ウェンテ モーニング・フォグ シャルドネ(白)

ベリンジャー ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン

ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンは、ナパ・ヴァレー最古のワイナリー「ベリンジャー」が生み出す赤ワインです。

ベリンジャーはカリフォルニアワインを語る上で欠かせない存在で、130年以上続くアメリカを代表するワイナリーとして知られています。

ベリンジャーでは土地とブドウを熟知した職人が畑ごとに最適なブドウを収穫し、それを丁寧に醸造していきます。

ナイツ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンは、ブラックチェリーやミントも風味にオーク樽の香りが加わり、複雑な味わいが楽しめます。

ペアリングは、赤身肉と相性抜群です。特別な日や贈り物として購入してみてはいかがでしょうか。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング ステーキ ペアリング ハンバーグ ペアリング ビーフシチュー
ビーフステーキの記事はこちら ハンバーグの記事はこちら ビーフシチューの記事はこちら

マクマレー セントラルコースト ピノ・ノワール

セントラルコースト ピノ・ノワールは、元ハリウッドスターのフレッド マクマレー氏が所有していたプレミアムワイナリー「マクマレー」が手掛ける赤ワインです。現在はE.&J.ガロ社が運営を行い、家族経営の世界No.1ワイナリーとして運営をしています。

セントラルコースト ピノ・ノワールは、カリフォルニアのピノ・ノワールを100%使用。チェリーやラズベリーのような香りとスパイシーさがたまらない赤ワインに仕上がっています。

口当たりは優しく、ワインが苦手な人でも美味しく飲めるでしょう。お値段は3,000前後で、ちょっと贅沢したい日におすすめな赤ワインです。

ペアリングは、エスニック料理にも合います。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング 角煮 ペアリング タコス ペアリング 焼き鳥
角煮 タコス 焼き鳥の記事はこちら

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン

プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨンは、「カリフォルニアワインの父」と呼ばれているロバート・モンダヴィ氏が手掛ける赤ワインです。

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクションは、「ワインの造り手たちが自分の家族や親しい人と飲むためにとっておくちょっと良いワイン」をコンセプトに開発をされました。

口当たりの優しいワインに仕上がっており、赤い果実の風味と甘いスパイスが香ります。バニラやコーヒーのような味わいで、長い余韻が楽しめるでしょう。

お値段は2,000円とコスパ抜群です。ペアリングは、ほろ苦いビーフシチューなどと良く合います。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング ビーフシチュー ペアリング たこ焼き ペアリング チキンステーキ
ビーフシチューの記事はこちら たこ焼きの記事はこちら チキンステーキ

肉専用ワイン Carnivor カーニヴォ

Carnivor カーニヴォは、肉料理に合わせるために造られた「肉専用黒ワイン」です。

「カーニヴォ(carnivore)」は「肉を食べる事が好きな人」を意味し、パッケージにも肉食獣が爪でひっかいたようなデザインが施してあります。

完熟のブドウを使用し、エスプレッソやチョコレートのような濃い味わいが楽しめる、辛口の赤ワインに仕上がっています。

鉄板焼きや熟成肉・焼き肉等のあらゆる肉料理との相性が良いので、ガツンと肉料理を食べたい日におすすめです。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング 焼肉 ペアリング ローストビーフ ペアリング すき焼き
焼肉の記事はこちら ローストビーフ すき焼きの記事はこちら

ダークホース ビッグ レッドブレンド

ビッグ レッドブレンドは、今アメリカで爆発的人気となっているワイナリー「ダークホース」が手掛ける赤ワインです。

発売からわずか1年で100万ケースを売り上げた実績があり、この記録は未だに破られていません。ダークホース ビッグ レッドブレンドは、世界中のブドウを選び抜いてブレンドし、濃厚で凝縮した味わいを実現しています。

ブドウは、アメリカ以外にスペイン、アルゼンチン、チリ産を使用。チェリーやカシス、バニラのような濃厚な香りと、凝縮した果実味が味わえます。

お値段は1,000円とリーズナブルで、テーブルワインとしてもおすすめです。

ペアリングは、濃厚な味付けされた煮込み料理やチョコレートと相性がマッチします。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング スペアリブ ペアリング チーズリゾット ペアリング チョコレート
スペアリブの煮込み チーズリゾットの記事はこちら チョコレートの記事はこちら

ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニヨン カリフォルニア

created by Rinker
マイケル・モンダヴィ(ロブ・モンダヴィJr.)
¥5,340 (2022/11/26 19:29:47時点 Amazon調べ-詳細)

ワイ バイ ヨシキ カベルネソー・ヴィニヨンは、日本のアーティスト「YOSHIKI」とナパ・ヴァレーの醸造家「ロブ・モンダヴィJr.」がコラボした赤ワインです。

芸術性と創造性を表現しており、上質なカリフォルニア産のカベルネ・ソーヴィニョンを使用しています。

発酵終了後に、醸しを行う事でフレーバーとタンニンがバランスよく調和し、滑らかな口あたりに仕上げました。チェリーやブルーベリー、ココアのような香りと複雑な味わいが特徴です。

YOSHIKIさんのファンや、話題性のあるワインをお探しの方におすすめです。

ペアリングは、濃厚な味付けがよく合います。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング パスタ ペアリング ポテトサラダ ペアリング チーズ
カルボナーラ(パスタ)の記事はこちら ポテトサラダの記事はこちら チーズの記事はこちら

シャトー・セント・ジーン カリフォルニア・ピノ・ノワール

カリフォルニア・ピノ・ノワールは、ワインスペクテーター誌で初めて「ワイン・オブ・ザ・イヤー」を得た「シャトー・セント・ジーン」が手掛ける赤ワインです。

シャトー・セント・ジーンでは、果実の香りを保つためにフランス産のオーク樽を使用し、6ヶ月間熟成させます。シンプルなピノ・ノワールで、チェリーやイチゴのようなフレッシュさがあり、果実味溢れる味わいに仕上がっています。

フレッシュで素材本来の甘みを楽しみたい人におすすめの銘柄です。

ペアリングは、洋食はもちろん、和食とも相性がマッチします。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング 焼き鳥 ペアリング チャーシュー ペアリング_焼きそば
焼き鳥の記事はこちら チャーシュー 焼きそばの記事はこちら

ベリンジャー ナパ・ヴァレーシャルドネ

ナパ・ヴァレーシャルドネは、ベリンジャーが手掛ける銘柄です。あの辛口評論家のロバート・パーカー氏も89点をつけ、ワイン業界でも高い評価を受けました。

ナパ・ヴァレーシャルドネは、100%マロラクティック発酵をしクリーミーでまろやかな口当たりに仕上がっています。

新樽の醸し出すオーク香とりんごやシトラスの爽やかな香りが絶妙にマッチし、複雑な味わいが楽しめます。

爽やかな白ワインを飲みたい方におすすめです。ペアリングは、酸が効いた味付けの料理が良く合います。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング ハム ペアリング サラダ ペアリング 酢豚
ハムの記事はこちら グリーンサラダ 酢豚の記事はこちら

ブレッド&バターシャルドネ

created by Rinker
ブレッド & バター
¥2,397 (2022/11/26 19:29:48時点 Amazon調べ-詳細)

ブレッド&バターシャルドネは、高品質なワインがウリのブレッド&バターが手掛ける銘柄です。オバマ元大統領主催TPPランチに採用されたカルフォルニア・ワインでもあり、アメリカだけでなく世界中で注目を集めています。

ブレッド&バターシャルドネは、マロラクティック発酵された後、アメリカンオーク樽で4ヶ月熟成。バニラやアーモンドのような風味と柔らかなミネラル感があり、さっぱりとした味わいを楽しめます。

飲む人を選ばないワインで、自分へのご褒美や友人への贈り物にもいいでしょう。

ペアリングは、バターソースの魚介料理やクリーム系のパスタやスープと相性抜群です。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング ムニエル ペアリング パスタ ペアリング-チーズリゾット
サーモンのムニエル カルボナーラ(パスタ)の記事はこちら チーズリゾットの記事はこちら

ウェンテ モーニング・フォグ シャルドネ

モーニング・フォグ シャルドネは、カリフォルニア最古の家族経営ワイナリー 「ウェンテ」が手掛ける白ワインです。

ウェンテは自社畑のブドウにこだわり、栽培から醸造、ボトリングまで全て自社で行っています。カリフォルニアのシャルドネと言えば「ウェンテ」と言われ、世界中から高い評価を得ています。

ウェンテ モーニング・フォグ シャルドネは、フレンチオークで7ヶ月以上の熟成をしているため、口当たりな滑らかでりんごやバニラのような風味を楽しめます。

シャルドネの特徴がふんだんに再現されており、シャルドネが好きな人に是非とも試して頂きたい銘柄です。

ペアリングは、生ハムやカルパッチョなどと相性バッチリです。

▼ワイン一覧に戻る

おすすめペアリング
ペアリング_生ハム ペアリング カルパッチ ペアリング エビフライ
生ハムの記事はこちら 白身魚のカルパッチョ記事はこちら エビフライ

アメリカワインの歴史│カリフォルニアワインの始まり

カルフォルニアの人気おすすめワイン10選│アメリカワインの歴史や代表的な産地、ぶどう品種を紹介 イメージ画像

アメリカワインの歴史は18世紀ごろまで遡り、1769年フランシスコ派修道士がミサ用のワインを造ったのがきっかけとされています。

1948年に入るとゴールドラッシュと共に一攫千金を狙う人々が続々とカリフォルニアに集まり、カリフォルニア州の人口は一時20万に急増。それに伴ったワインの需要が増え、ワイン事業は爆発的に拡大していきます。

しかし急成長を見せたカリフォルニアワインですが、1920年になると禁酒法によってブームに終止符を打たれることとなります。

アメリカワインはこのまま衰退すると思いきや、13年に及ぶ禁酒法が廃止。そしてワイン生産者で形成される「ワインインスティテュート」の業界団体が設立されたのをきっかけに、カリフォルニアワインは再び脚光を浴びるようになります。

その後、ワイン醸造法や技術の発展などにより、カリフォルニアワインは量より質へと舵を切りました。こうしてカリフォルニアワインの品質は確実にアップし、今や新世界ワインを代表する一大産地へと上りつめたのです。

ワインの新世界(ニューワールド)って?旧世界との違いを解説!

カリフォルニア以外の代表的な産地│代表的な産地

カルフォルニアの人気おすすめワイン10選│アメリカワインの歴史や代表的な産地、ぶどう品種を紹介 イメージ画像

アメリカワインの主要産地と言えばカリフォルニアですが、実はカリフォルニア以外でもワインが造られています。

今回はカリフォルニア州のほか、とりわけ代表的な産地であるワシントン州・ニューヨーク州・オレゴン州の3つの産地を取り上げて紹介します。

ワシントン州

ワシントン州は、生産量がカリフォルニア州に次ぐ2番目の産地です。比較的に若い醸造所が多く、ワインの価格は3,000円~5,000円前後。

ワシントン州は、フランス・ボルドーやブルゴーニュと同じ同緯度に位置しており、ワイン造りに適した気候といえます。

海に近いため、比較的に寒冷な気候が特徴。しかし、カスケード山脈が寒冷な空気を遮るため、昼夜の寒暖差を利用したぶどう栽培が可能です。

また雨量が少なく、日照時間がカリフォルニアよりも2時間ほど長いので、濃密で丸みのあるワインに仕上がります。

ワシントン州で栽培されるぶどう品種は、フランス系の品種をはじめ70種類以上です。

有名な産地は、コロンビア・ヴァレーやヤキマヴァレー、ナチェス・ハイツなどがあります。

ニューヨーク州

ニューヨーク州は、近年もっとも注目されている生産地のひとつで、アメリカワインの生産量が3番目を誇ります。ニューヨーク州は小規模生産者が多く、ワインの価格は3,000円~6,000円とやや高めです。

ワイン歴史は意外にも古く、現在は400軒以上のワイナリーが軒を連ねています。

ニューヨークの夏は温暖な気候ですが、冬は厳しく冷え込みます。ヨーロッパと環境が似ており、欧州スタイルの繊細でやさしい酸をもったワインに仕上がります。

栽培されるぶどう品種は、寒冷な気候でもよく育つリースリング、シャルドネ、メルロー、カベルネ・フランがメジャーです。

有名な産地は、フィンガー・レイクス、ロング・アイランドなどがあります。

オレゴン州

オレゴン州は、アメリカワイン生産量が4番目となるワイン生産地です。国内で消費されるワインが多く、ワインの価格は2,000円前後とリーズナブル。

オレゴン州は、緑に囲まれた自然豊かなエリアです。そのため、環境保全にも取り組んでおり、環境にやさしいワイン造りが行われています。

気温は低く、秋から冬にかけて雪が降りますが、ぶどう生育中ではないので影響は受けません。反対に、生育中は日照時間をたっぷり浴せることが出来るので、エレガントで良質なワインに仕上がります。

栽培されるぶどう品種は、ピノ・ノワール、ピノ・グリ、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネやリースリングなどが盛んです。

有名な産地は、ウィラメット・ヴァレー、サウザン・オレゴン、コロンビア・ゴージュ、コロンビア・ヴァレーなどがあります。

アメリカの主要ぶどう品種

カルフォルニアの人気おすすめワイン10選│アメリカワインの歴史や代表的な産地、ぶどう品種を紹介 イメージ画像

アメリカではワイン造り用のブドウのほか、食用ぶどうの栽培も盛んにおこなわれています。

産地によっても違いがありますが、今回はアメリカの代表的な黒ぶどう品種と白ぶどうを3種類紹介します。

ジンファンデル

ジンファンデルは、アメリカの人気な黒ぶどう品種です。イタリアでは別名、プリミティーヴォ。

主に赤ワインに使われ、アメリカでは量産型のテーブルワインとして飲まれています。

ジンファンデルを使ったワインは、赤いベリー系の香りと果実味が特徴で、程よい酸味をもつ味わいに仕上がります。

ジンファンデルについて詳しく

カベルネ・ソーヴィニョン

カベルネ・ソーヴィニョンは、カリフォルニアで主に栽培される黒ぶどう品種です。

フランス ボルドー地方が原産で、アメリカの高級ワインなどに使われます。

カベルネ・ソーヴィニヨンを使ったワインでは、カシスやプラムの黒い果実の香りと、力強い重厚な味わいに仕上がります。

カベルネ・ソーヴィニョンについて詳しく

メルロー

メルローは、カリフォルニアの広い範囲で栽培されている黒ぶどう品種です。

ボルドーワインとしても人気があり、飲みやすくて、上質なアメリカワインに使われます。

メルローを使ったワインでは、繊細なタンニンと柔らかい口当たりの良いワインに仕上がります。

メルローについて詳しく

シャルドネ

シャルドネは、寒冷な地域で栽培される白ぶどう品種です。

アメリカではオレゴン州やワシントン州の生産が盛んで、コスパの高いワインから高級ワインまで使われます。

シャルドネを使ったワインでは、柑橘の香りが漂うキリっとした酸味の味わいに仕上がります。

シャルドネについて詳しく

ソーヴィニョン・ブラン

ソーヴィニョン・ブランは、国際的に評価の高い白ぶどう品種です。

アメリカではカリフォルニア州の栽培が盛んで、幅広いワインが作られています。

アメリカのソーヴィニョン・ブランを使ったワインは、主に樽熟成で醸造されています。そのため、グリーン系の香りに加え、樽由来の複雑味をもった味わいに仕上がります。

ソーヴィニョン・ブランについて詳しく

リースリング

リースリングは、ドイツで人気な白ぶどう品種です。

フランスのロワール地方が原産で、アメリカではニューヨーク州やオレゴン州など、様々な地域で栽培されています。

リースリングを使ったワインは、上品な香りと、しっかりとした酸味がある爽やかな味わいに仕上がります。

リースリングについて詳しく

カリフォルニアワインの選び方

カルフォルニアの人気おすすめワイン10選│アメリカワインの歴史や代表的な産地、ぶどう品種を紹介 イメージ画像

アメリカワインの生産量を9割占めるカリフォルニアでは、デイリーワインから高級ワインまで多種多様なワインが造られています。

種類が多いだけに、カリフォルニアワインの選び方に悩む方もいるでしょう。

そこで今回は、ワインの価格・生産地・生産者・ぶどう品種に注目した4つ選び方を紹介します。初心者は参考にしてみてください。

ワインの価格で選ぶ

カリフォルニアワインの価格は、数千円から数万円します。なので予算をあらかじめ決めておくと、選びやすいです。

毎日飲むデイリーワインとして選びたい方であれば、1,000円~2,000円。プチ贅沢したい日、いつもよりちょっといいワインを飲みたい方であれば、2,000~3,000円。

また贈り物や手土産などに購入したい方は、3,000~5,000円がおすすめです。

生産地で選ぶ

カリフォルニアの生産地は、大きくノースコースト、セントラルコースト、セントラルヴァレー、サウスコースト、シエラ・ネバダの5つがあります。

ノースコーストは高品質なワイン造りが盛んで、高級ワインを飲みたい方におすすめ。

セントラルコーストは個性豊かなワイン造りが特徴で、いつもと違うワインを試したい方におすすめ。

セントラルヴァレーは、大量生産されるリーズナブルなワイン造りが盛んで、安く飲みたい方におすすめです。

そしてサウスコーストは、テーブルワインとして有名な産地です。料理に合わせるワインをお探しの方はサウスコーストがいいでしょう。

またシエラ・ネバダではジンファンデルを使ったワインが有名で、ジンファンを使ったアメリカの人気ワインを飲みたい方におすすめです。

生産者で選ぶ

カリフォルニアには約4,800以上のワイナリーが存在しており、有名ワイナリーや個性派ワイナリーまで勢ぞろいです。

評価の高いワインを飲みたい方は、有名ワイナリーを選びましょう。カリフォルニアの有名ワイナリーは、ロバート・モンダヴィやカレラ、ベリンジャー、キスラー・ヴィンヤーズなどです。

唯一無二なワインを飲みたい方や造り手の特徴を感じたい方は、個性派ワイナリーを選びましょう。個性派ワイナリーは、ウェンテ、ラ・クレマ、マリマ・エステート、オクシデンタルなどです。

ぶどう品種で選ぶ

カリフォルニアでは、様々なぶどう品種が栽培されており、赤ワインと白ワインの両方が造られています。なので、色々なワインを飲み比べたい方は、ぶどう品種で選ぶのがおすすめです。

黒ぶどう品種は、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、ジンファンデル、メルローがあります。

白ぶどうは、シャルドネ、ピノ・クリ、ソーヴィニヨン・ブランがあります。

飲みごたえのあるワインが好きな方は、カベルネ・ソーヴィニヨン。渋みが少ない口あたりのよいワインが好きな方は、ピノ・ノワールといったように、ブドウ品種の特徴に注目してみてください。

黒ぶどう品種について詳しく
白ぶどう品種について詳しく

まとめ

今回はカリフォルニアワインのおすすめ銘柄をまとめて紹介してきました。

ヨーロッパに負けない品質のカリフォルニアワインは、これからも進化を続けていくでしょう。

それでは本記事を参考に、自分好みのカリフォルニアワインを見つけてみてくださいね。

■この記事を読んだ方におすすめの記事
おすすめ記事 オーストラリアのおすすめワイン10選!特徴や歴史、主要産地、ぶどう品種を紹介 オーストラリアのおすすめワイン10選!特徴や歴史、主要産地、ぶどう品種を紹介
おすすめ記事 生産量世界1位のイタリアおすすめワイン銘柄12選!特徴や歴史、産地を紹介. 生産量世界1位のイタリアワインおすすめ銘柄12選!特徴や歴史、産地を紹介
おすすめ記事 カベルネ・ソーヴィニヨンのおすすめワイン12選!品種の特徴と選び方を解説 カベルネ・ソーヴィニヨンのおすすめワイン12選!品種の特徴と選び方を解説