シャトー仕込みのカリフォルニアワイン⁉オーパス・ワンとは?

新世界系ワインの代表格として定着したアメリカ産ワイン。特にナパヴァレーはカリフォルニア随一の銘醸地として知られています。中でもオーパス・ワンはナパワインをけん引する有名銘柄で、日本では夜の街などでも見られるようになりました。

今回はオーパス・ワンにフォーカスし、誕生に至るまでの歴史や特徴を押さえていきたいと思います!これから新世界系ワインに挑戦したい方はぜひ参考にしてください。

オーパス・ワンとは?


オーパス・ワンとは1979年に誕生したナパワインです。カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にしたフルボディのワインで、カリフォルニアワインの最高峰として位置づけられている名ブランドとなっています。

ワイン銘柄としてのキャリアは浅いですが、世界中のワイン評論家を唸らせる名ブランドにまで発展を遂げました。

歴史を塗り替えた”パリスの審判”


オーパス・ワン誕生の背景には、1976年に起こった”パリスの審判”が深く関係しています。ブラインドテイスティング大会が行われたパリのインターコンチネンタルホテルには、フランス産ワインとアメリカ産のワインが用意されていました。

伝統と歴史を持つフランス産のワインが長らく上位を独占していましたが、1976年のテイスティングでは、アメリカワインがフランスワインよりも高評価という結果となりました!

さらに赤ワイン・白ワイン別で見ても、上位10位のうち半数以上がアメリカ産ワインがランクインしていたのです!審査員全員がフランス人にもかかわらずですよ!!

この”パリスの審判”は、フランス以外でも良質のワインが造れることを証明し、ワイン業界の産業革命として今もなお語り継がれています。

オーパス・ワンを手がけた意外な人物


オーパス・ワンの開発を手がけたのは、カリフォルニアワインの第一人者として知られるローバート・モンタヴィ氏とシャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ男爵です。

シャトー・ムートン・ロートシルトといえば5大シャトーのワインブランドとして知られています。長らく変わらなかった第2級の格付けから第1級にまでのし上がった唯一の銘柄で、現在もワインの王者としてトップに君臨し続けています。

パリスの審判においては、シャトー・ムートン・ロートシルトよりもカリフォルニアワインの方が高評価を得ました。この結果を受けてフィリップ男爵は、審査員に片っ端から電話をかけ「あなたたちは、私が30年かけて1級へ昇格させたムートンを”パリスの審判”で引きずり下ろしたんだ!」と非難したそうです。

しかしフィリップ男爵は、カリフォルニアの素晴らしさとカリフォルニアワインの可能性を理解していたため、ロバート・モンタヴィ氏とタッグを組み「他に類を見ない高品質ワイン」を開発することになります。

そしてシャトーの血を色濃く受け継ぐカリフォルニアワイン「オーパス・ワン」が誕生しました。

オーパス・ワンの特徴


一流のワインブランドとして名を馳せるオーパス・ワンはどんな特徴があるのでしょうか?

自社畑

オーパス・ワンはナパヴァレーに4つの畑を持っています。一般的なブドウ畑の5~6倍の密度で栽培されているため、果皮の比率が高いブドウが育ちます。このブドウで造られるオーパス・ワンは高いアロマと強い風味を持つようになります。

ワイン造りに合ったコンディションが求められるため、ブドウの収穫は夜間に、しかも手摘みで行われます。ブドウは夜に収穫した方が糖度が抑えられるため、ワイン造りに適した状態となるのです。

重厚感のある飲みごたえ

オーパス・ワンは、数種類のブドウ品種によってブレンドされている赤ワインです。主にカベルネ・ソーヴィニヨンの品種が使われており、渋みのあるフレッシュな果実味とコク深い重厚感のある味わいが特徴。また渋みと酸味のバランスがほどよく調和されているため、口当たりはなめらかで非常に飲みごたえのあるフルボディとなっています。

当たり年がある

高い評価を受けているヴィンテージは1987、1996、2002、2005、2007、2010、2012、2013年です。特に2012年と2013年はとりわけ秀でていると言われていて、ワイン評論家ロバート・パーカー氏によるパーカーポイントでは、2012年が100点満点中96点、2013年は97点をマークしました!

上記のヴィンテージでなくても常に高い水準で品質が保たれているため、どの年を選んでもハズレのないブランドとなっています。ヴィンテージによって金額に大きな差があるので、手の届く範囲でオーパス・ワンを味わってくださいね!

created by Rinker
OPUS ONE
¥41,892 (2021/08/02 14:45:06時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ


今回はオーパス・ワンについてまとめました。ワイン好きの間ではギフトとしても重宝されているとのことなので、何かの記念日にプレゼントすれば、きっと喜ばれることでしょう。

今まで旧世界系のワインしか飲んでこなかった方も、オーパス・ワンを飲んで新世界系ワインを味わってみては?